Create issue ticket

考えれる315県の原因 リステリア症

  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 ( 慢性腎臓病 とも呼ばれます)は、血液をろ過して老廃物を取り除いてくれる腎臓の機能が数カ月から数年をかけて徐々に低下していく病気です。その結果血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 その原因として 最も多いのは糖尿病 で、 次に多いのは高血圧 です。これらは腎臓の細い血管に直接損傷を与える病態です。慢性腎不全の原因としては、このほかにも尿路閉塞、腎臓の異常(多発性嚢胞腎や糸球体腎炎など)、抗体によって腎臓の微細な血管(糸球体)や細い管(尿細管)に損傷が生じる自己免疫疾患(全身性エリテマトーデスなど)が挙げられます。[…][shoyohkai.or.jp]

  • 丹毒

    レンサ球菌 (A群β溶連菌、 肺炎球菌 など)、 黄色ブドウ球菌 (MSSA、MRSA)、 表皮ブドウ球菌 、 腸球菌 、 リステリア 、 髄膜炎菌 、 淋菌 、 病原性大腸菌 ( O157 :H7など)、 クレブシエラ ( 肺炎桿菌 )、 プロテウス菌 、 百日咳菌 、 緑膿菌 、 セラチア菌 、 シトロバクター 、 アシネトバクター 、[ja.wikipedia.org] ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 、 帯状疱疹 、 水痘 、 麻疹 、 風疹 、皮膚 白癬 、 疥癬 など 関節、筋肉、骨 感染性関節炎 、 骨髄炎 、 筋膜炎 、 筋炎 、 脊椎カリエス など リンパ節 リンパ節炎 口腔 歯周炎 、 齲蝕 、 根尖性歯周炎 、 インプラント周囲炎 など 病原体の種類による分類 [ 編集 ] 真正細菌 感染[ja.wikipedia.org]

  • リステリア症

    リステリアになりやすい人がリステリアになった場合の致死率は20-30%と高いです。リステリアになりやすい人はリステリアに対して特に注意が必要です。 *妊娠している女性 : 健康な成人より20倍リステリアになりやすいです。 *胎児・新生児 : 妊娠中の感染は、妊娠している女性よりもおなかの中のこども(胎児)に深刻な影響を与えます。[city.yokohama.lg.jp] リステリア・モノサイトゲネス感染とは リステリアはListeria monocytogenes (リステリア・モノサイトゲネス)による感染で、ヒトのほか種々の動物にも認められる人畜共通感染である。本菌は動植物を始め自然界に広く分布している。[nih.go.jp] リステリアでは、髄膜炎・髄膜脳炎・敗血症を起こすことがあります(侵襲性リステリア)。 リステリアに感染した妊娠女性は、軽いインフルエンザのような症状を示すことがあります。リステリアの菌血となると、急激な発熱に筋肉痛、関節痛、頭痛、背部痛を伴うこともあります。[city.yokohama.lg.jp]

  • 人獣共通感染症

    肝蛭、ダニ麻痺など 細菌性人獣共通感染 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ ― サルモネラリステリア ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等[ja.wikipedia.org] おもな人獣共通感染には次のようなものがある。 (1)細菌性のもの 炭疽 (たんそ) 、ブルセラ、結核、サルモネラ、赤痢、豚丹毒 (とんたんどく) 、リステリア、野兎 (やと) 病、ペスト、パスツレラ症、エルシニア症、鼻疽、カンピロバクター症、レプトスピラ症など。[kotobank.jp] ・病原体が細菌であるもの パスツレラ感染 、 バルトネラ(猫ひっかき病) 、結核、ペスト、野兎病、ライム病、 レプトスピラ 、サルモネラ、 ブルセラ病 、エルシニアリステリア ※細菌は細胞を持ち、他の生物の体内に侵入して細胞の栄養を吸い取ります。また吸い取った代わりに毒素を出して侵入した先の細胞を壊します。[anicom-page.com]

  • 食品媒介疾患

    南アフリカにおいて、2017年の初めより、深刻な食物媒介疾患であるリステリアのアウトブレイクが報告されています。[forth.go.jp] また、特徴的な症状が無いため、リステリアと診断されるまでに1週間以上かかり、集団発生を除いて感染経路を特定することは困難な状況です。治療にはアンピシリン等のペニシリン系の抗生物質が有効です。 リステリアの発生頻度 平成15年(2003年)5月の国会において食品媒介性のリステリアの問題について質問が出ました。[eiken.pref.kanagawa.jp] リステリアリステリア・モノサイトゲネス( Listeria monocytogenes )菌が原因の疾病だが、予防可能な病気で、抗生物質で速やかに症状を抑えることもできる。 この菌は土壌や植物、河川水など自然環境に広く分布し、汚染された食肉加工品、くだもの、野菜を摂取するとインフルエンザにかかった時のような症状を引き起こす。[afpbb.com]

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    妊婦以外では問題となることは少ないですが、出産時に児へ産道感染すると、敗血症、髄膜炎、肺炎などの重症のB群溶血性レンサ球菌感染を起こすことがあります。出産時に母体へ抗生物質の点滴投与をして児への感染を防ぐことができます。 リステリア リステリア・モノサイトゲネス(以下「リステリア」と呼びます。)[city.osaka.lg.jp] (4)リステリア(食中毒) (5)その他・・・HTLV-1、B型肝炎、C型肝炎、B群溶血省連鎖球菌(GBS)、性器クラミジア、梅毒、HIV感染 等 (1)風しん 妊娠初期に初めて感染した場合、赤ちゃんが 聴力障害 、 視力障害 、 先天性心疾患など を生じる恐れがあります(先天性風しん症候群)。[city.asaka.lg.jp] リステリアに感染して重症化することはまれですが、妊婦、高齢者や免疫機能が低下している方(抗がん剤治療中やHIVエイズの方など)は、少量のリステリアでも発症し、敗血症や髄膜炎など重篤な状態(リステリア)になることがあり、海外では死亡例も確認されています。[city.osaka.lg.jp]

  • インフルエンザ

    レンサ球菌 (A群β溶連菌、 肺炎球菌 など)、 黄色ブドウ球菌 (MSSA、MRSA)、 表皮ブドウ球菌 、 腸球菌 、 リステリア 、 髄膜炎菌 、 淋菌 、 病原性大腸菌 ( O157 :H7など)、 クレブシエラ ( 肺炎桿菌 )、 プロテウス菌 、 百日咳菌 、 緑膿菌 、 セラチア菌 、 シトロバクター 、 アシネトバクター 、[ja.wikipedia.org] ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 、 帯状疱疹 、 水痘 、 麻疹 、 風疹 、皮膚 白癬 、 疥癬 など 関節、筋肉、骨 感染性関節炎 、 骨髄炎 、 筋膜炎 、 筋炎 、 脊椎カリエス など リンパ節 リンパ節炎 口腔 歯周炎 、 齲蝕 、 根尖性歯周炎 、 インプラント周囲炎 など 病原体の種類による分類 [ 編集 ] 真正細菌 感染[ja.wikipedia.org]

  • 咽頭炎

    A群溶血性レンサ球菌咽頭炎および伝染性紅斑の報告数が例年より多い状況にありますので,今後も注意が必要です。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは? A群溶血性レンサ球菌による感染症です。毎年多くの患者数が報告されており,春から初夏と冬季の2回,患者数が増加しています。 週別定点あたりの発生動向(感染症発生動向調査11月29日現在) 潜伏期:2 5日[…][pref.ibaraki.jp]

  • 結核性ゴム腫

    A31.8 - その他の非結核性抗酸菌感染 A31.9 - 非結核性抗酸菌感染,詳細不明 A32 - リステリア A32.0 - 皮膚リステリア A32.1 - リステリア性髄膜炎及び髄膜脳炎 A32.7 - リステリア性敗血症 A32.8 - その他の型のリステリア A32.9 - リステリア,詳細不明 A33 - 新生児破傷風[medicalware.org] 感染 寄生虫 : 住血吸虫 、内臓および皮膚 リーシュマニア 、 アメーバ赤痢 、 内臓幼虫移行 、 回虫 細菌 : 腸チフス 、 ブルセラ 、 野兎病 、 リステリア 、 エルシニア症 、 アクチノマイセス症 、 猫ひっかき病 、 心内膜炎 、 ウィップル病 、 ノカルジア症 、腹部 膿瘍 マイコバクテリウム属 : 結核 、[ja.wikipedia.org] 型 A30.4 - ハンセン(Hansen)病BL型 A30.5 - ハンセン(Hansen)病LL型 A30.8 - その他の型のハンセン(Hansen)病 A30.9 - ハンセン(Hansen)病,詳細不明 A31 - その他の非結核性抗酸菌による感染症 A31.0 - 肺非結核性抗酸菌感染症 A31.1 - 皮膚非結核性抗酸菌感染[medicalware.org]

さらなる症状