Create issue ticket

考えれる13県の原因 リステリア症

  • 慢性腎不全
  • 丹毒

    丹毒(たんどく、erysipelas)とは、溶連菌による皮膚の化膿性炎症である。 表皮基底層および真皮浅層が、病変の主座である。そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 人獣共通感染症

    肝蛭、ダニ麻痺など 細菌性人獣共通感染 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ ― サルモネラリステリア ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜炎

    グラム染色はリステリアをはじめとする特定の感染に対しても信頼性が低い。サンプルの微生物培養はこれより感度が高い(症例の70 85%で微生物を確認できる)が、結果が出るまで48時間かかる。優勢な白血球の種類によって細菌性(通常、好中球優勢)であるかウイルス性(通常、リンパ球優勢)であるかがわかる(表を参照)。[ja.wikipedia.org] 鑑別診断では細菌性髄膜炎やその他の感染性髄膜炎(マイコプラズマやリステリア、リケッチアなど)、髄膜近傍の感染または部分的に治療された細菌性髄膜炎、培養が陰性となりうる非ウイルス性髄膜炎(真菌性、寄生虫性、梅毒など)、癌性髄膜炎、非感染性炎症性疾患(サルコイドーシス、ベーチェット病、ブドウ膜炎症候群など)による二次的髄膜炎である。[ja.wikipedia.org]

  • リステリア症

    リステリア・モノサイトゲネス感染とは リステリアはListeria monocytogenes (リステリア・モノサイトゲネス)による感染で、ヒトのほか種々の動物にも認められる人畜共通感染である。本菌は動植物を始め自然界に広く分布している。[niid.go.jp] リステリアになりやすい人がリステリアになった場合の致死率は20-30%と高いです。リステリアになりやすい人はリステリアに対して特に注意が必要です。 *妊娠している女性 : 健康な成人より20倍リステリアになりやすいです。 *胎児・新生児 : 妊娠中の感染は、妊娠している女性よりもおなかの中のこども(胎児)に深刻な影響を与えます。[city.yokohama.lg.jp] リステリアの病型は、ヒトでは髄膜炎が最も多く、次いで敗血症、胎児敗血症性肉芽腫 症、髄膜脳炎、動物では脳炎のほか敗血症、流産などがある。1980 年代に欧米諸国で生乳、サラダ、ナチュラルチーズなどの食品が感染源となったリステリアが相次いで報告され、食品衛生の分野で重要視されている。 続きを読む[niid.go.jp]

  • 緑膿菌

    (2002年第18・19合併号) [ら] ライム病 2002年11週(第24号) ラッサ熱 (2002年第35号) リステリア・モノサイトゲネス感染 (2001年第4号) リッサウイルス感染症 (2006年第20号) 淋菌感染症 (2002年第22号) 流行性角結膜炎 (2002年第29号) 流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ) (2003[idsc.nih.go.jp] ヘルパンギーナ (2003年第8号) ヘルペス脳炎 (2003年第6号) 急性灰白髄炎(ポリオ) (2001年第26号) [ま] マールブルグ病 (2002年第36号) マイコプラズマ肺炎 (2003年第09号) 麻 疹 (2003年第3号) マラリア (2005年第4号) 無菌性髄膜炎 (2003年第12号) メシチリン耐性黄色ブドウ球菌感染[idsc.nih.go.jp]

  • 脳膿瘍

    グラム染色はリステリアをはじめとする特定の感染に対しても信頼性が低い。サンプルの微生物培養はこれより感度が高い(症例の70 85%で微生物を確認できる)が、結果が出るまで48時間かかる。優勢な白血球の種類によって細菌性(通常、好中球優勢)であるかウイルス性(通常、リンパ球優勢)であるかがわかる(表を参照)。[ja.wikipedia.org] 鑑別診断では細菌性髄膜炎やその他の感染性髄膜炎(マイコプラズマやリステリア、リケッチアなど)、髄膜近傍の感染または部分的に治療された細菌性髄膜炎、培養が陰性となりうる非ウイルス性髄膜炎(真菌性、寄生虫性、梅毒など)、癌性髄膜炎、非感染性炎症性疾患(サルコイドーシス、ベーチェット病、ブドウ膜炎症候群など)による二次的髄膜炎である。[ja.wikipedia.org]

  • 肝蛭症

    肝蛭、ダニ麻痺など 細菌性人獣共通感染 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ ― サルモネラリステリア ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等[ja.wikipedia.org]

  • 食中毒

    接触感染することから、二次感染との識別が極めて難しい。 リステリア属菌 - 食肉加工食品、生乳製品。潜伏期間は平均すると数十時間とされているが、患者の健康状態、摂取菌量、菌株の種類の違いにより発症するまでの期間は大きく左右されると考えられるため、その幅は数時間から数週間と長く、原因食品の特定が困難な場合もある。主に、胃腸炎症状。[ja.wikipedia.org]

  • 肝膿瘍

    レンサ球菌(A群β溶連菌、肺炎球菌など)、黄色ブドウ球菌(MSSA、MRSA)、表皮ブドウ球菌、腸球菌、リステリア、髄膜炎菌、淋菌、病原性大腸菌(O157:H7など)、クレブシエラ(肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ、クロストリジウムなどによる各種感染症[ja.wikipedia.org] 前立腺炎、膣炎、骨盤内感染症など 皮膚 蜂窩織炎、脂肪織炎、ガス壊疽、せつ、よう、伝染性膿痂疹(とびひ)、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、帯状疱疹、水痘、麻疹、風疹、皮膚白癬、疥癬など 関節、筋肉、骨 感染性関節炎、骨髄炎、筋膜炎、筋炎、脊椎カリエスなど リンパ節 リンパ節炎 口腔 歯周炎、齲蝕、根尖性歯周炎、インプラント周囲炎など 真正細菌感染[ja.wikipedia.org]

さらなる症状