Create issue ticket

考えれる15県の原因 リケッチア感染症

  • 人獣共通感染症

    ― ニューカッスル病 ― 黄熱 ― デング熱 ― ウエストナイル熱 ― 日本脳炎 ― ダニ媒介性脳炎 ― 腎症候性出血熱 ―ハンタウイルス肺症候群 ― サル痘 ―等 リケッチア・コクシエラ・バルトネラ性人獣共通感染 Q熱 ― ツツガムシ病 ― 猫ひっかき病 ―等 クラミジア性人獣共通感染症 オウム病 ―等 原虫性人獣共通感染症 マラリア[ja.wikipedia.org] 腸管出血性大腸菌感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等 ウイルス性人獣共通感染症 インフルエンザ ― SARS ― MERS ― 狂犬病 ― エボラ出血熱 ― マールブルグ熱 ― ラッサ熱 ― 南米出血熱 ― クリミア・コンゴ出血熱 ― SFTS ― リフトバレー熱 ― Bウイルス感染[ja.wikipedia.org]

  • 肝膿瘍

    結核・非結核性抗酸菌、コレラ、ペスト、ジフテリア、赤痢、猩紅熱、炭疽、梅毒、破傷風、ハンセン病、レジオネラ肺炎(在郷軍人病)、レプトスピラ、ライム病、野兎病、Q熱などリケッチア感染発疹チフス、ツツガムシ病、日本紅斑熱などクラミジア感染症クラミジア肺炎、トラコーマ、性器クラミジア感染症、オウム病など真菌感染症 アスペルギルス症、カンジダ[ja.wikipedia.org] 真正細菌感染症 レンサ球菌(A群β溶連菌、肺炎球菌など)、黄色ブドウ球菌(MSSA、MRSA)、表皮ブドウ球菌、腸球菌、リステリア、髄膜炎菌、淋菌、病原性大腸菌(O157:H7など)、クレブシエラ(肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ、クロストリジウムなどによる各種感染[ja.wikipedia.org]

  • レミエール症候群

    結核・非結核性抗酸菌、コレラ、ペスト、ジフテリア、赤痢、猩紅熱、炭疽、梅毒、破傷風、ハンセン病、レジオネラ肺炎(在郷軍人病)、レプトスピラ、ライム病、野兎病、Q熱などリケッチア感染発疹チフス、ツツガムシ病、日本紅斑熱などクラミジア感染症クラミジア肺炎、トラコーマ、性器クラミジア感染症、オウム病など真菌感染症 アスペルギルス症、カンジダ[ja.wikipedia.org] 真正細菌感染症 レンサ球菌(A群β溶連菌、肺炎球菌など)、黄色ブドウ球菌(MSSA、MRSA)、表皮ブドウ球菌、腸球菌、リステリア、髄膜炎菌、淋菌、病原性大腸菌(O157:H7など)、クレブシエラ(肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ、クロストリジウムなどによる各種感染[ja.wikipedia.org]

  • 結節性多発動脈炎

    結節性多発動脈炎 (けっせつせいたはつどうみゃくえん、 Polyarteritis nodosa ; PN または PAN )は全身性の炎症性疾患である。 血管炎 の一つであるが、中でも最も古くから知られており代表的な疾患である。 概念 [ 編集 ] 原因は不明だが、血管に炎症がおこる慢性疾患である。血管は人体の全身に分布しているので、必然的に全身疾患となる。 血管炎 というものはいずれも特定のサイズの血管のみを傷害することが知られているが、本症は中小動脈を特異的におかす疾患である。 歴史 [ 編集 ] 本症の発見の歴史は有名である。19世紀、西洋医学界は死亡例の 剖検[…][ja.wikipedia.org]

  • つつが虫病

    徳島県では1989年(平成元年)に患者が確認されたほか、昭和50年代後半にツツガムシ病と同じく高熱と発疹を伴うリケッチア感染である日本紅斑熱が発見されている。[ja.wikipedia.org] 抄録 日本紅斑熱とつつが虫病は,わが国に常在する代表的なリケッチアであり,ダニに吸着された後,一定の潜伏期を経て,突然の発熱,悪寒戦慄,頭痛などで発症する.[doi.org] 発生時期がその年の気候により影響を受けること、わが国には夏〜秋に発生の多い日本紅斑熱が存在することなどから、年間を通して、本を含むダニ媒介性 リケッチアを常に疑うことが重要である。また、ヒトの移動に伴い、汚染地域に出かけて感染し、帰宅後発症する例もあるので、汚染地域だけでなく広く全国 の医療機関で注意が必要である。[niid.go.jp]

  • フォルトブラッグ熱

    本県に限らずリケッチア症が見られる地域では、鑑別診断にレプトスピラを考慮する必要があると考えられた。また、他にもリケッチアと類似した症状を示すウイルス感染症などもあることから、今後、未確定例の原因を調査していくことが必要だと思われた。[nih.go.jp] 10月1日に医療機関を受診し、WBC 、CRP上昇、両鼠径リンパ節腫脹、両下肢に刺し口を認めたためリケッチア感染が疑われ、検体が当所へ搬入された。主治医に入院を指示されたが、本人の希望により補液およびミノサイクリンを点滴後、帰宅。夜間に呼吸困難が出現したため10月2日に受診、同日入院となった。[nih.go.jp] リケッチア感染と溶血性尿毒症症候群が疑われ、補液とミノサイクリン投与が開始された。 10月1日に採取した急性期血清について Rickettsia japonica (Rj)と Orientia tsutsugamushi (Ot)の抗体価を間接蛍光抗体(IF)法により測定した結果、Rjに対するIgM 抗体が320倍であった。[nih.go.jp]

  • ダニ媒介リケッチア症
  • ロッキー山紅斑熱

    ロッキー山紅斑熱(ロッキーさんこうはんねつ、Rocky Mountain spotted fever)とはRickettsia richettsiiを原因とするヒトのリケッチア感染の一種。同義語として斑点熱、ダニ熱、ダニチフスなどがある。[ja.wikipedia.org] 感染法に基づく医師及び獣医師の届出について (1) 定義 紅斑熱群リケッチアに属するロッキー山紅斑熱リケッチア(Rickettsia rickettsii)による感染である。 (2) 臨床的特徴 自然界ではダニ、げっ歯類、大動物(イヌなど)の間で感染環が維持されている。ヒトへの感染はダニの刺咬による。[mhlw.go.jp] 『ブロークン・トレイル 遥かなる旅路』 ロッキー山紅斑熱 厚生労働省 日本紅斑熱 リケッチア 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104 感染の話 日本紅斑熱 国立感染症研究所感染症情報センター 2002年第25週号(2002年6月17日 6月23日)][ja.wikipedia.org]

  • ノミ媒介発疹熱

    チフス(Typhus, 窒扶斯)とは、高熱や発疹を伴う細菌感染症の一種で、広義(あるいは古い定義)には下記の三種の総称。 サルモネラの一種であるチフス菌 (Salmonella enterica serovar Typhi) の感染によって発症する腸チフス パラチフス菌 (Salmonella enterica serovar Paratyphi A) の感染によって発症するパラチフス 発疹チフスリケッチア (Rickettsia prowazekii) の感染によって発症する発疹チフス狭義には、腸チフスとパラチフスの二種( チフス性疾患)を指すことが多く、あるいは腸チフスのみを指すこともある。[…][ja.wikipedia.org]

  • バランチジウム症

    A00-A09 腸管感染症 A15-A19 結核 A20-A28 人畜共通細菌性疾患 A30-A49 その他の細菌性疾患 A50-A64 主として性的伝播様式をとる感染 A65-A69 他のスピロヘータ疾患 A70-A74 クラミジアによる他の疾患 A75-A79 リケッチア A80-A89 中枢神経系へのウイルス感染 A90-A99[ja.wikipedia.org]

さらなる症状