Create issue ticket

考えれる144県の原因 ランバート・イートン筋無力症症候群

  • ビタミンB12欠乏

    抄録[…][doi.org]

  • 外傷性脳損傷

    2018.07.17 友の会役員体制のご紹介 軽度外傷性脳損傷友の会役員体制を追加しました。 ご紹介致します。 2017.01.30 軽度外傷性脳損傷の実際 -学際的アプローチと多重的脳画像診断学- 軽度外傷性脳損傷の実際―学際的アプローチと多重的脳画像診断学 ひらの亀戸ひまわり診療所整形外科/石橋徹 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科/相馬啓子 安田泌尿器クリニック神経泌尿器科/安田耕作 木沢記念病院脳神経外科/篠田淳 (労働者住民医療2015.10) Mild Traumatic Brain Injury:Multidisciplinary Approach and Multiple Neuroimaging[…][mild-tbi.net]

  • 腫瘍随伴症候群

    / 岩佐和夫・他 3.オプソクローヌス・ミオクローヌス症候 / 松本英之 4.ランバートイートン無力症候 / 中馬越清隆 5.ニューロパチー / 小池春樹 6.がん関連網膜 / 井田洋輔・他 7.Palmar fasciitis and polyarthritis syndrome / 佐田竜一 8.悪性黒色表皮腫 / 片桐一元[shindan.co.jp] 冊発行.日進月歩で激変する医学界のキーワードを読み解き,読者各位の壮大な負託に応えるべく「産科と婦人科」は微力を注ぎます. 2018年 Vol.85 No.10 2018-09-19 よくわかる腫瘍随伴症候群 定価:本体 2,800 円 税 ページの先頭へ戻る 掲載論文 企画 渡部 洋 1.抗NMDAR脳炎 / 黒田 宙 2.亜急性小脳変性[shindan.co.jp]

  • 小細胞肺癌

    長期生存のエビデンス がん免疫におけるチェックポイント阻害薬の役割とオプジーボ第Ⅰ相試験の5年追跡の結果を中心にご紹介いただきます。 詳細はこちら 非扁平上皮癌に対するエビデンス Blueprint projectの2018年に発表された第Ⅱ相試験結果と、CheckMate 057試験成績を中心にご紹介いただきます。 詳細はこちら 肺癌診療ガイドライン 「肺癌診療ガイドライン2017年版」におけるオプジーボ の位置づけについて、臨床試験をもとに組織別にご紹介させていただきます。 詳細はこちら NSQに対するオプジーボの臨床における有効性[…][opdivo.jp]

  • 気管支原性癌
  • 再発小細胞肺癌

    UMIN試験ID UMIN000000828 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2007年9月20日 登録・組み入れ開始日:2007年9月1日 基本情報 試験簡略名 再発小細胞肺癌に対する塩酸ノギテカン療法(NGT療法)と、シスプラチン エトポシド イリノテカン療法(PEI療法)を比較する第III相試験 (JCOG0605) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域 日本 実施都道府県 北海道、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、愛媛県、福岡県、熊本県 対象疾患 再発小細胞肺癌[…][rctportal.niph.go.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    血漿交換療法は前述の重症無力ランバートイートン無力症候、HAMに加えて、重症型ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群などに何時でも対応できる体制でフル稼働しています。[med.nagasaki-u.ac.jp] 重症無力、その他の神経障害 重症無力無力、多発性神経筋炎、イートンランバート症候など 重症無力 重症筋無力症 眼筋型重症無力 胸腺腫合併重症無力 胸腺摘出後重症無力 若年型重症無力 全身型重症無力 イートンランバート Eaton-Lambert 症候 前のページへ戻る 診療科目 治療名・検査名[scuel.me] 神経内科疾患全般を診療の対象としていますが、その中でも特に免疫性神経疾患、特にHTLV-I関連脊髄(HAM)、重症無力ランバートイートン無力症候、ギラン・バレー症候群、多発性硬化、多発筋炎などの診療と研究に積極的に取り組んでいます。[mh.nagasaki-u.ac.jp]

  • ウェルニッケ・コルサコフ症候群

    病変部はウェルニッケ脳炎と同じ。 多発性神経炎に併発する疾患で、以下の症状を主症状とする精神疾患。 記銘力欠損 見当識喪失 健忘症 作話症 この疾患の直接の原因は・・・ ビタミンB1 の欠乏とされている。 その他の誘因 慢性アルコール中毒 感染症 肝硬変 ガン[naoru.com]

  • チャドレイ・ロジルスキー症候群

    神経学的な自己免疫疾患は、例えば、ギランバレー症候、IgMの免疫グロブリン血と関連したニューロパシー、ランバート イートン症候、ミラーフィッシャー症候群、多発性硬化、多巣性運動ニューロパシー、重症無力症、傍腫瘍性神経症候群、ラスムッセン脳炎およびスティッフマン症候群である。[biosciencedbc.jp] 【0038】 神経学的な自己免疫疾患は、例えば、ギランバレー症候、IgMの免疫グロブリン血と関連したニューロパシー、ランバートイートン症候、ミラーフィッシャー症候群、多発性硬化、多巣性運動ニューロパシー、重症無力症、傍腫瘍性神経症候群、ラスムッセン脳炎およびスティッフマン症候群である。[ekouhou.net] 【0063】 神経学的な自己免疫疾患は、例えば、ギランバレー症候、IgMの免疫グロブリン血と関連したニューロパシー、ランバートイートン症候、ミラーフィッシャー症候群、多発性硬化、多巣性運動ニューロパシー、重症無力症、傍腫瘍性神経症候群、ラスムッセン脳炎およびスティッフマン症候群である。[ekouhou.net]

  • 便秘

    抄録 機能性下痢は比較的稀な疾患で,排便の75%以上が泥状 水様便であり,便性状変化が生じたり便秘になることもほとんどない.過敏性腸症候群下痢型とは明確に区別される疾患であり病態生理も不明な点が多い.機能性便秘は頻度も高く,病態生理では過敏性腸症候群便秘型と類似する点が多い.治療においても過敏性腸症候群便秘型と共通することも多く,多方面からの指導・加療が必要である.両疾患ともに,器質疾患の除外が重要である.[doi.org]

さらなる症状