Create issue ticket

考えれる124県の原因 ラッセル音

  • インフルエンザ

    このページは、過去の特集ページを保存しているものであり、掲載情報は、更新されておりませんので、ご注意ください。 現在の情報は、 こちら をご覧ください。 インフルエンザ 流行のピークは1 2月! インフルエンザの流行シーズンを迎えました。 インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。 あらためて、ご家庭や職場などでのインフルエンザ対策の徹底をお願いします。 インフルエンザの「予防方法」と「かかってしまった時に人にうつさない方法」について、動画でわかりやすくご紹介しています。(政府インターネットテレビ)[…][kantei.go.jp]

  • 肺水腫

    関連項目 ラッセル 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて 情報 世界大百科事典 第2版 の解説 はいすいしゅ【肺水腫 pulmonary edema】 漿液性 液体 が肺毛細血管から 間質 ,さらに肺胞腔内に流出した状態。[kotobank.jp]

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺気腫

    肺気腫(はいきしゅ、Pulmonary emphysema)とは閉塞性肺疾患の一種で肺胞壁の破壊的変化を伴う疾患である。気道や終末細気管支から末梢にかけての含気区域が異常に拡大する病態を示し、中年以降の男性に多く発症し、過度の喫煙との関係が深いとする説がある 。日本の成人男性の喫煙率は低下しているが、肺気腫は近年増加傾向にある。これは、喫煙することが男性の常識となっていた世代が発症しやすい年齢を迎えていることがその一因である。なお、進行は緩慢ではあるが、放置するとさらに肺性心に移行する。まれに肺気腫がさらに拡張しブラと呼ばれる状態になり、さらに重篤な呼吸器機能障害に陥る事もある。 加齢 -[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    肺炎(はいえん、英: Pneumonia)とは、肺の炎症性疾患の総称である。 ある種の肺炎はワクチンによって予防可能である。他の方法には、手洗い、禁煙などがある。治療法はその原因によって異なり、細菌性のものであれば抗生物質が用いられる。重症の場合は一般的に入院となる。酸素レベルが低い場合は酸素吸入を行う。[…][ja.wikipedia.org]

  • RSウイルス感染症

    鹿児島県内では、第7週(2月13日 2月19日)に出水保健所管内で大きな流行があって以降、減少傾向にありましたが、 第28週(7月9日 7月15日)以降、増加傾向になっています。 鹿屋保健所管内でも、第33週(8月13日 )以降で増加傾向にあります。 第34週(8月20日 8月26日)で13名の発生報告があります。 今後、季節的にも気温が徐々に下がり、空気が乾燥した時期に変わっていきますので、下記を参考に予防に努めてください。 RSウイルスとは? RSウイルスは、世界中に存在し、地理的あるいは気候的な偏りははなく、いずれの地域においても乳幼児に最も大きな影響を与えます。[…][e-kanoya.net]

  • うっ血性心不全

    発表日:2016年12月14日 うっ血性心不全患者で摂食嚥下障害併存を予測する -認知機能と栄養状態検査で摂食嚥下障害の早期発見へ- 【研究概要】 東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野の大学院生横田 純一(よこたじゅんいち)、小川 佳子(おがわ よしこ)元助教(現 帝京大学)、上月 正博(こうづき まさひろ)教授らのグループは、認知機能障害と低栄養状態が、入院時のうっ血性心不全急性増悪患者における摂食嚥下障害(注1)併存の予測因子であることを科学的に実証しました。[…][nikkei.com]

  • 心不全

    ホーム 循環器病あれこれ [7] 心不全 「知っておきたい循環器病あれこれ」は、「公益財団法人 循環器病研究振興財団」が循環器病に関する最新情報を分かりやすく解説した発行物を、国立循環器病研究センターが許可を得てHTML化したものです。 文章・図表・イラスト等の転載・引用のご相談は 循環器病研究振興財団 までご連絡ください。 -その症状と治し方- 元国立循環器病研究センター 心臓血管内科 副院長 宮武 邦夫 医長 安村 良男 心不全とは、心臓の能力低下で起こる体の不健全な状態をいう 坂道で息切れしたり、セキをしたりする もくじ 大切な心臓の二つの役目 心臓に備わったバックアップ機構[…][ncvc.go.jp]

  • 心臓性喘息

    胸部の打診では鼓を認め、聴診では呼吸の減弱があり、全肺野に乾性および湿性のラッセルが聞こえます。一両日の経過で発作は自然に寛解することが多いですが、同様で発作が1年に何回も起こります。春秋型が多く、急な冷え込み、寒さ、雨などにより頻度が高くなります。 【発症年齢】 小児喘息は2 3歳でほとんどが発症します。[choshinki.com]

さらなる症状