Create issue ticket

考えれる38県の原因 ライム髄膜脳炎

  • ライム病

    人間の場合の症状は、角膜炎、関節炎、多発性神経炎、不整脈、炎、脳炎などと幅広く、特徴的な症状がないため、これらの症状だけからライム病だと診断することは不可能です。ただし、遊走性紅斑という独特の皮膚症状があります。[iph.pref.hokkaido.jp] 札幌市内の病院に7月25日から入院しましたが炎・脳炎となり8月13日に死亡しました。 北海道(外部サイト) (保健福祉部地域保健課)ではライム病・回帰熱・日本紅斑熱・ダニ媒介脳炎・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などのダニ媒介感染症の予防方法等について周知啓発に努めています。[city.yokohama.lg.jp] 逆に言うと、この2つが分からなければ、ライム病の診断は大変困難です。関節炎だと整形外科、不整脈なら循環器科、炎や脳炎だと脳外科や神経内科で診てもらうことになるのでしょうが、これらの症状を出す病気はたくさんあり、患者さんが自分でダニに刺されたことを自覚していなければ、正しい診断は期待できません。[iph.pref.hokkaido.jp]

  • 末梢神経障害

    末梢神経障害について(まっしょうしんけいしょうがい)Neuropathy 脳神経外科というのは、時に“脳外科”ともいわれ、脳だけを診る科と思われがちですが、実は脳、脊髄、末梢神経といった神経系すべてを診る科です。[…][nms.ac.jp]

  • 髄膜炎

    髄膜炎(ずいまくえん)とは、髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じた状態である。脳膜炎、脳脊髄膜炎ともいう。炎症はウイルスや細菌をはじめとする微生物感染に起因し、薬品が原因となることもある。髄膜炎は炎症部位と脳や脊髄との近接度合いによっては生命の危険があるため、救急疾患に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 嘔吐

    嘔吐(おうと)とは、動物やヒトの口から胃の内容物を吐き出す行為、または症状である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 昏睡

    SCAPEGOAT/「昏睡」[A type] 「明日の来ない幸せを贈ろう。。」 2017年、第二弾SINGLE!! SCAPEGOATが贈る、痛みを具現化したような今回の作品。 8周年を迎え、更なる答えがここに。 今回は初の4 type、初回盤A typeにはMV収録、B.C.D typeには異なる過去の楽曲を全曲リアレンジ、再録にて収録!! 矛盾と葛藤が痛みに変わる。 本作はCD DVDのA type。 【CD収録曲】 1.昏睡 【DVD収録内容】 ・昏睡(MV making) [2017.07.12]【SPEED DISK】[S.D.R-316-A] SCAPEGOAT/「昏睡」[A type] [[…][brand-x.jp]

  • 頸性脊椎炎

    急性横断性脊髄炎は多発性硬化症により生じる場合が最も多いが,血管炎,マイコプラズマ感染症,ライム病,梅毒,結核,またはウイルス性脳炎の患者や,アンフェタミン,静注ヘロイン,抗寄生虫薬,または抗真菌薬を使用している患者でも発生する可能性がある。[msdmanuals.com]

  • 自律神経性ニューロパチー

    頭蓋咽頭腫,ラトケ嚢胞 その他 転移性脳腫瘍/頭蓋骨腫瘍/眼窩内腫瘍 5 感染性疾患 ウイルス性髄膜炎/ウイルス性脳炎/単純ヘルペス脳炎/ その他のヘルペス属脳炎/日本脳炎/インフルエンザ脳症・脳炎/帯状疱疹/ 急性灰白髄炎/狂犬病/HIV感染症に伴う神経障害/HTLV-Ⅰ関連脊髄症/ 化膿性髄膜炎/結核性髄膜炎/脳膿瘍/硬膜下膿瘍/真菌性[igaku-shoin.co.jp] /神経梅毒/ 神経ボレリア症(ライム病)/レプトスピラ症,神経リケッチア感染症/ 神経原虫感染症/神経寄生虫感染症/破傷風/プリオン病/亜急性硬化性全脳炎/ 進行性多巣性白質脳症 6 自己免疫性疾患・傍腫瘍性症候群 非ヘルペス性辺縁系脳炎/小舞踏病/急性小脳炎/ オプソクローヌス・ミオクローヌス症候群/チャーグ・シュトラウス症候群, ウェジェナー[igaku-shoin.co.jp]

  • 眼球振盪

    眼球振盪(がんきゅうしんとう、英: nystagmus、独: Nystagmus)は、自分の意思とは関係なく眼球が動く現象。病的なものと生理的なものがある。一般的には眼振(がんしん)と略して呼ぶことが多い。 眼振は眼球の不随意的往復運動で、様々な基準で分類される。 眼球の往復運動の様式を基準にする場合には、 振子様眼振(一定速度で振子のような往復運動をする)[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊髄炎

    急性横断性脊髄炎は多発性硬化症により生じる場合が最も多いが,血管炎,マイコプラズマ感染症,ライム病,梅毒,結核,またはウイルス性脳炎の患者や,アンフェタミン,静注ヘロイン,抗寄生虫薬,または抗真菌薬を使用している患者でも発生する可能性がある。[msdmanuals.com] 多発性硬化症(最多) 視神経脊髄炎(視覚障害も引き起こし、症状が現れたり消失したりする病気) 特定の細菌感染症(ライム病、梅毒、結核など) 全身性エリテマトーデスなど、血管の炎症(血管炎) ウイルス性脳炎(脳とその周囲の組織の感染症) 特定の抗寄生虫薬や抗真菌薬の使用 ヘロインの静脈内注射またはアンフェタミンの使用 ときに、軽度のウイルス[msdmanuals.com]

  • 錯乱

    デジタル大辞泉 さく‐らん【錯乱】 [名] (スル) 入り乱れて秩序がなくなること。ごちゃごちゃになること。特に、感情や思考が混乱すること。「考えが 錯乱 する」「 錯乱 状態」 [補説]書名別項。 錯乱 出典: 小学館 監修:松村明 編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文 編集協力:田中牧郎、曽根脩 (C)Shogakukan Inc. それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。 さくらん【錯乱】[書名] 池波正太郎 の歴史小説。昭和35年(1960)発表。 同年 、第43回 直木賞 受賞。 出典:[…][dictionary.infoseek.ne.jp]

さらなる症状