Create issue ticket

考えれる31県の原因 メタンフェタミン乱用

  • うつ病

    メタンフェタミン 乱用も抑うつを引き起こすとして広く知られている [47] 。 社会的要因 [ 編集 ] 貧困と社会的孤立は、一般的に精神的健康の問題のリスク増加と関連している。児童虐待(身体的、感情的、性的、またはネグレクト)も、後年になってうつ病を発症するリスクの増加に関連付けられている。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アンフェタミン中毒

    なぜかというと、第二次世界大戦後の1950年代初頭に、戦時中に用いられていた覚醒剤が大量に市場に放出され、店頭でも買えたため、注射剤を含めたメタンフェタミン乱用が流行したという事があったからですね。[soraklrei.kyushu.tv] 米国の2015年調査(薬物乱用・精神衛生管理庁)によると、全米のメタンフェタミン使用障害患者(12歳以上の依存症、乱用患者)は約87万2,000人、メタンフェタミン使用による経済的負担は約234億米ドルと推定されています(米調査会社の入手可能な最近のデータより)。 良い薬はないの?[medicinova.jp] アンフェタミンは1887年にEdelemoにより合成され、メタンフェタミンは1893年に日本の長井長義により合成されました。メタンフェタミンにはアンフェタミンの約10倍の薬理作用があります。日本で乱用されているのは、ほとんどがメタンフェタミンで、ヨーロッパで乱用されてきたのは、アンフェタミンです。[www2.wind.ne.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    概要 アルコールは古代より親しまれている嗜好品で我々の生活を豊かにしてくれますが、一方で過剰な飲酒を長期に渡って続けると様々な臓器に障害を来たし、その中でも肝障害は高頻度でしばしば重篤となります。世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 薬物依存症

    米国の2015年調査(薬物乱用・精神衛生管理庁)によると、全米のメタンフェタミン使用障害患者(12歳以上の依存症、乱用患者)は約87万2,000人、メタンフェタミン使用による経済的負担は約234億米ドルと推定されています(米調査会社の入手可能な最近のデータより)。 良い薬はないの?[medicinova.jp] これらの臨床治験は、 国立薬物乱用研究所(NIDA) から資金援助を得ています。 なお2013年、メタンフェタミン依存症を適応としたMN-166に対して米国食品医薬品局(FDA)からファストトラック指定承認を受けました。 オピオイド依存症とは? オピオイドは、ケシの実を原料とするアヘンに由来する常習性の高い麻薬系鎮痛剤です。[medicinova.jp]

  • 褐色細胞腫

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) 褐色細胞腫(平成22年度) かっしょくさいぼうしゅ 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 副腎髄質や傍神経節の腫瘍でカテコールアミンの過剰分泌を呈する疾患。 動悸、頭痛などの症状、高血圧、糖尿病をきたす。多くは良性腫瘍で手術による摘出で治癒するが、約10%は骨、肝などに転移する悪性褐色細胞腫である。治 療法は未確立で進行性に増悪する。初回の手術時の組織検査で良・悪性を診断するのが困難で、1年から30年後(平均5年)に局所再発、遠隔転移を生じ悪性 と判明する。悪性の早期診断法と有効な治療法の確立が必要な難治性疾患である。 2. 疫学[…][nanbyou.or.jp]

  • 反応性うつ病

    メタンフェタミン 乱用も抑うつを引き起こすとして広く知られている [47] 。 社会的要因 [ 編集 ] 貧困と社会的孤立は、一般的に精神的健康の問題のリスク増加と関連している。児童虐待(身体的、感情的、性的、またはネグレクト)も、後年になってうつ病を発症するリスクの増加に関連付けられている。[ja.wikipedia.org]

  • 内因性うつ病

    メタンフェタミン 乱用も抑うつを引き起こすとして広く知られている [47] 。 社会的要因 [ 編集 ] 貧困と社会的孤立は、一般的に精神的健康の問題のリスク増加と関連している。児童虐待(身体的、感情的、性的、またはネグレクト)も、後年になってうつ病を発症するリスクの増加に関連付けられている。[ja.wikipedia.org]

  • 大うつ病エピソード

    メタンフェタミン 乱用も抑うつを引き起こすとして広く知られている [47] 。 社会的要因 [ 編集 ] 貧困と社会的孤立は、一般的に精神的健康の問題のリスク増加と関連している。児童虐待(身体的、感情的、性的、またはネグレクト)も、後年になってうつ病を発症するリスクの増加に関連付けられている。[ja.wikipedia.org]

  • アンフェタミン妄想症障害

    トップ No.4768 差分解説 覚醒剤精神病と統合失調症 覚醒剤精神病はメタンフェタミン乱用によって統合失調症の幻覚・妄想と区別できない精神病症状を生じる。治療も統合失調症治療に準じ,線条体や側坐核でのドパミン放出に拮抗する抗精神病薬による治療がなされる。[jmedj.co.jp] アンフェタミンは1887年にEdelemoにより合成され、メタンフェタミンは1893年に日本の長井長義により合成されました。メタンフェタミンにはアンフェタミンの約10倍の薬理作用があります。日本で乱用されているのは、ほとんどがメタンフェタミンで、ヨーロッパで乱用されてきたのは、アンフェタミンです。[www2.wind.ne.jp] 現在の軍隊でも「痛み止め」として モルヒネ は一部使用されるが、この他に 覚醒剤 (主に メタンフェタミン と アンフェタミン )は士気高揚やその他の目的で各国で乱用されていた。それらを断片的にであるが紹介していきたい。 2.ドイツ軍における 覚醒剤 の概要 ドイツにおける 覚醒剤 の代表例がペルビチンである。[peoplesstorm.hatenablog.com]

さらなる症状