Create issue ticket

考えれる1県の原因 ミコバクテリア、細菌、真菌、ウィルスへの罹患性増加

  • チロシンキナーゼ 2 欠乏

    書誌事項 タイトル インスリン情報伝達経路に対するタンパク質栄養状態の影響 著者名 豊島, 由香 著者別名 トヨシマ, ユカ 学位授与大学 東京大学 取得学位 博士 (農学) 学位授与番号 甲第17163号 学位授与年月日 2002-03-29 注記・抄録 博士論文 インスリンは、細胞内への糖の取り込みや利用、グリコーゲン、脂肪、タンパク質合成の促進など動物において同化作用を持つ主要なホルモンであり、近年その細胞内情報伝達機構が急速に解明されてきた。インスリンレセプターは、インスリンが結合することによりチロシンキナーゼとして活性化され、insulin receptor substrate[…][ci.nii.ac.jp]

さらなる症状