Create issue ticket

考えれる792県の原因 ミオパチー, 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下

つまり: ミオパチー, 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下

  • 皮膚筋炎

    ADMは筋力低下は認められないが筋電図検査などでは筋原性変化などが認められるもの(clinically ADM;CADM)をここでは指す。[ja.wikipedia.org] 多くのスタチン製剤関連ミオパチーは薬剤中止後に軽快するが、筋症状が持続する場合は抗HMGCoA還元酵素(HMGCR)抗体が検出されることがあり、免疫介在性壊死性ミオパチーを疑う。ある種のキノコはスタチンを含み、キノコスープからの発症報告もある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] ,内分泌異常に基づくミオパチー,筋ジスト ロフィーその他の先天性筋疾患 注意!![hmh.or.jp]

  • 多発性筋炎

    2) 皮膚症状がなく、手指屈筋力低下や治療反応性が乏しい臨床的特徴がなく、筋生検で縁取り空胞がみられなければ、多発性筋炎か免疫介在性壊死性ミオパチー。 3) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状のいずれかがあれば皮膚筋炎。 4) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状がなければ無筋症性皮膚筋炎。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 背景 多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)は、組織学的な特徴として慢性の炎症と横紋筋の障害、臨床的には進行性の筋力低下を特徴に持つ自己免疫性疾患である。主に、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤にて治療されるが、治療後にも半数以上の患者に筋力低下や ADL の低下が残ることが明らかになっている。[research-er.jp] ,内分泌異常に基づくミオパチー,筋ジスト ロフィーその他の先天性筋疾患 注意!![hmh.or.jp]

  • こむら返り

    代謝性疾患アルコール依存症、甲状腺機能低下症 神経系障害 末梢神経障害、神経叢障害、神経根障害、運動ニューロン疾患 マッカードル病、里吉病など 薬剤の副作用ならば原因薬剤の投与中止を検討する。何らかの疾患の症候として現れている場合は、原因疾患の治療が行われる。[ja.wikipedia.org] こむらがえりがおこるものは, 健常者ではみられないのに対し, 糖尿病患者では4.5%に見られた. (2) 週に一度以上のこむらがえりは健常者では1.9%, 糖尿病患者では11.5%にみられ, 有意に高頻度を示した. (3) 臨床所見との関連性の検討の結果, 糖尿病患者におけるこむらがえりは, 女性, インスリン治療者に多い傾向がみられた. (4) 末梢神経障害[doi.org]

  • 筋ジストロフィー

    なお、筋力低下は対称的に起きるという特徴を持つ。また、各筋の筋力低下によって処女歩行遅滞、易転倒、登攀性起立(とうはんせいきりつ、ガワーズ(Gowers)兆候)、腰椎の前弯強、動揺性歩行(アヒル歩行)などをきたす。筋偽牲肥大に関しては腓腹筋や三角筋で特徴的に起こるが、これは筋組織の崩壊した後に脂肪組織が置き換わる事による仮性肥大である。[ja.wikipedia.org] (甲状腺中毒ミオパチー、粘液水腫、副甲状腺機能異常、低カリウム性ミオパチー等) 薬剤性ミオパチー(悪性症候群、悪性高熱、ステロイドミオパチー等) 先天性ミオパチー(ネマリンミオパチー、中心コア病、マルチミニコア病、中心核ミオパチー、筋線維型不均等症、その他) 筋原線維ミオパチー 遠位型ミオパチー(GNEミオパチー、三好型ミオパチー、その他)[nanbyou.or.jp] 筋力低下の症状は、デュシェンヌ型よりも高い年齢で出現するとされますが、ほとんど筋力低下の認めない例もあります。呼吸障害、心筋症も同様に合併症として認めることがありますが、デュシェンヌ型に比べて筋力低下が軽いため、心臓に対する負荷が増し、心筋障害が問題となることも多いです。[ncnp.go.jp]

  • MERRF症候群

    また、糖尿病、末梢神経障害などの合併が報告されている。予後という観点から、心筋症の合併の有無は重要である。 代謝性アシドーシスを伴う血液・髄液中の乳酸・ピルビン酸値の上昇は、ほぼ全例に認められる。頭部CTやMRIでは、症状の進行とともに小脳及び大脳皮質の萎縮をみる。[ncnp.go.jp] 筋症状は、初期は易疲労性や動作の持続力の低下として自覚され、徐々に近位 筋優位の筋萎縮や筋力低下が明らかになる。 興味深いのは、8344変異をもつMERRF患者に脂肪腫を伴う症例が報告され、脂肪腫内のヘテロプラスミーの比率が骨格筋より高いという報告もある。[ncnp.go.jp]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ③ 発作のない期間には筋力低下を認めない。 ④ ミオトニーを認める。以下の1あるいは2。 1. 臨床的にミオトニー (筋強直現象)がある。 (具体例) 眼瞼の強収縮後に弛緩遅延がみられる(lid lag)。 手指を強く握った後に弛緩遅延が認められる(把握ミオトニー、グリップミオトニア)。[ja.wikipedia.org] ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸筋・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    その臨床症状は40 歳台以降に起こる遠位筋または近位筋の筋力低下または運動に誘発される筋痛で発症し、緩徐に進行して全身に広がり、一部に呼吸筋を障害する。遠位型の一部に声帯と咽頭筋を障害するものがある(Salmikangas 1999)。時に心筋障害や末梢神経障害をともなう(Olive 2005)。[pathologycenter.jp] 病理学的には壊死性ミオパチー、炎症性ミオパチー、Thick-filament(ミオシン)消失性ミオパチー、タイプII線維萎縮、ミトコンドリア障害性ミオパチー、ライソゾーム蓄積ミオパチー、微小管障害性ミオパチー、筋原線維ミオパチー、筋膜炎に分類される。[ja.wikipedia.org] 「先天性」は生下時ないし、しばらくして何らかの症状が出現すること、「ミオパチー」は筋肉の病気の意味を指します。乳幼児期早期からの筋力、筋緊張低下があり、多くは歩行を獲得しますが、以後も筋力低下が持続する疾患です。進行性がなく、予後良好であると考えられ、以前の教科書には先天性非進行性ミオパチーと「非進行性」の言葉がつけられていました。[sentensei308.com]

  • ミオパチー

    四肢筋力低下よりも呼吸筋力低下が先に進行し、早朝の頭痛、夜間の不眠で発症することも多い。早期からの呼吸筋筋力低下は成人型ポンペ病を疑う手がかりになる。早期からの呼吸筋筋力低下は筋原線維性ミオパチーやネマリンミオパチーでも認められるためポンペ病の重要な鑑別疾患となる。[ja.wikipedia.org] 遠位型ミオパチーとは 筋肉の病気では、肩関節や股関節など体幹(胴体)に近い部分、すなわち近位の筋力低下が強いことが多いのに対して、指や足関節、手首など、胴体から遠い部分の筋肉、すなわち遠位筋の筋力低下が目立つミオパチーのことです。[remudy.jp] 遠位型ミオパチー (Distal Myopathies) a) 縁取り空胞型遠位型ミオパチー b) 三好型遠位型ミオパチー c) 眼咽頭型遠位型ミオパチー d) Welander型遠位型ミオパチー 3.[ja.wikipedia.org]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    手足の筋力低下もあり、主に躯幹に近い筋にみられる。きわめてまれに手足の遠位が侵されることがある。手足の筋の侵され方も軽く、また呼吸筋や心筋が侵されないため天寿を全うするといわれている。眼瞼下垂が強いとき、嚥下が困難なときは手術により良い結果を得ている。 (福祉用具トップページへ)[riha.hariko.com] 病理学的には壊死性ミオパチー、炎症性ミオパチー、Thick-filament(ミオシン)消失性ミオパチー、タイプII線維萎縮、ミトコンドリア障害性ミオパチー、ライソゾーム蓄積ミオパチー、微小管障害性ミオパチー、筋原線維ミオパチー、筋膜炎に分類される。[ja.wikipedia.org] 文字通り、物を飲み込んだり声を出すのに欠かせない喉の筋肉群である咽頭筋(いんとうきん)に障害が生じる疾病ですが、眼筋や舌の萎縮も半数以上にみられ、手足の筋力低下に広がることもあります。ただ、呼吸するのに必要な呼吸筋や、心臓を正しく拍動させるために収縮する心筋が侵されないので致命的な状況をもたらすことはありません。[gankenkasui.biz]

  • 脊髄性筋萎縮症

    深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] 体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。[nanbyou.or.jp] 発症率は出生10万人当たり8.5 10.3人で、乳児の死亡で最多の遺伝的病因の一つであり、小児の筋力低下の主な原因疾患である。 日本では10万人あたり1-2人の割合で発症する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状