Create issue ticket

考えれる428県の原因 ミオクローヌス発作

  • 睡眠中の連続的な棘波と徐波があるてんかん

    異常行動、性格変貌、痴呆、歩行障害などがおこり、数ヶ月以内に痴呆が急速に進行し、ミオクローヌス発作が起こります。 脳波像:周期性同期性発射(PSD) 一定の間隔(0.6 2秒)で、棘波(鋭波)・徐波が、全般性、左右同期性に出現します。 ページのトップに戻る[fujimoto.or.jp] てんかんや,ミオクロニー発作の時に出現しやすい. sharp-and-slow-wave complex(鋭-徐波複合) 鋭波にすぐ引き続いてすぐ高振幅徐波が結びついたもので,周波数は1から2.5Hzと遅い.遅棘徐波複合(slow spike-and-wave)ともいわれる.レノックス症候群で出現しやすいが,非定型欠神発作全般性ミオクローヌス[naraamt.or.jp] 部分発作 タイプのてんかんに対する第一選択薬の一つ 欠伸発作ミオクローヌス 発作を除く全般発作および 部分発作 に有効である、副作用も重篤? Na チャネル 阻害:細胞内へのNa 流入を阻害して脱分極を抑える。 T-型電位依存性 Ca 2 チャネル 阻害するが、 L-型電位依存性 Ca 2 チャネル には作用しない。[shiga-med.ac.jp]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    発作 myoclonic jerk ** (n*) コーパス ミオクローヌス発作 *** みおくろーぬすほっさ シソーラス PubMed, Scholar, Google, WikiPedia 【類義語】 ミオクローヌス発作, ミオクローヌス反射, ミオクロニー発作, ミオクローヌス性単収縮 myoclonic seizure ** (n[lsd-project.jp] 父上、兄上の発作の型はどのようなものでしたでしょうか? また、初発発作の年齢は何歳でしたか? ミオクローヌスというのは突然始まり瞬間的に終わる不随意運動で 分かりやすい例としては、横隔膜のミオクローヌスがしゃっくりです。[mixi.jp] 発作のかたちとして、全身の筋肉がかたくなりその後ガタガタふるえる発作(全般強直間代発作、大発作)、意識消失して動きがとまる発作(欠神発作、小発作)、からだがピクッとする発作ミオクローヌス発作)、感覚発作、力が抜けて倒れる発作(脱力発作)など、いろいろな発作があります。多くは脳波検査で発作波が検出されます。[medical.jiji.com]

  • レノックス・ガストー症候群

    また、典型的には、他のてんかん症候群よりも幅広い発作が起こり得る。最も頻繁に起きる発作型は強直間代発作であり、夜間に多い(90%)。 2番目に多いのはミオクローヌス発作であり、これはしばしば過度に疲れた時に起こる。 脱力発作、非定型欠神発作、強直間代発作の他、複合部分発作や部分発作もみられる。[ja.wikipedia.org]

  • ガラクトシアリドーシス

    ミオクローヌスや痙攣発作に対して、クロナゼパムが有効とされている。骨髄移植の有効性に関しては、まだ施行された症例数の少なく、今後、長期予後を詳細に評価する必要がある。[japan-lsd-mhlw.jp] 若年/成人型では、5歳以後、多くは10歳以後に視力障害などの症状で発症し、小脳性失調、ミオクローヌス、痙攣発作、錐体路障害、眼底のチェリーレット斑(図1)、角膜混濁、粗な顔貌、骨の変形(図2)、被角血管腫、リンパ球の空胞化(図3)、腎障害、心障害などの多彩な臨床症状が出現する。[japan-lsd-mhlw.jp]

  • ミオクロニーけいれん

    てんかん 発作による症候の一つであり、その場合はミオクローヌス発作とも呼ばれる。一方、この現象は正常でもみられることが少なからずある。よくある例は 横隔膜 と 呼吸補助筋 のミオクローヌスによって生じる しゃっくり (吃逆)である。また、手足のミオクローヌスも 睡眠 中に起こすことがある( ジャーキング )。[ja.wikipedia.org] てんかんや,ミオクロニー発作の時に出現しやすい. sharp-and-slow-wave complex(鋭-徐波複合) 鋭波にすぐ引き続いてすぐ高振幅徐波が結びついたもので,周波数は1から2.5Hzと遅い.遅棘徐波複合(slow spike-and-wave)ともいわれる.レノックス症候群で出現しやすいが,非定型欠神発作全般性ミオクローヌス[naraamt.or.jp] 幼児期以降は、頻度的には小児欠神てんかん、ローランド発作、若年性ミオクローヌスてんかんと言われるものなどが多くあります。 治療法は、症状や検査などから確実な診断を行い、その診断に基づいた最適の抗てんかん薬を投与することです。[saiseikai.or.jp]

  • MERRF症候群

    脳波所見は、基礎波の徐波化、棘波・棘徐波複合などの発作波、光過敏性などミオクローヌスてんかんにおいて認められる所見を呈す。[ncnp.go.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    強直・間代発作(大発作) 欠神発作(小発作ミオクローヌス発作 続発性全般発作 West症候群(点頭てんかん) Lennox-Gastaut症候群 部分てんかん 単純部分発作 焦点発作 自律神経発作 複雑部分発作 精神運動発作(側頭葉てんかん) 痙攣 頭痛 片頭痛 緊張型頭痛 群発頭痛 ナルコレプシー 慢性疲労症候群 脚注 [ 編集 ][ja.wikipedia.org] 型(軽症型)進行性筋ジストロフィー 福山型進行性筋ジストロフィー LG型進行性筋ジストロフィー 筋強直性ジストロフィー ミトコンドリア脳筋症 多発筋炎 ・ 皮膚筋炎 神経・筋接合部疾患 [ 編集 ] 重症筋無力症 (MG) Lambert-Eaton症候群 (LES) 機能性疾患 [ 編集 ] てんかん 全般てんかん 特発性(原発性)全般発作[ja.wikipedia.org]

  • 若年性欠神てんかん

    発作のかたちとして、全身の筋肉がかたくなりその後ガタガタふるえる発作(全般強直間代けいれん、大発作)、意識消失して動きがとまる発作(欠神発作、小発作)、からだがピクッとする発作ミオクローヌス発作)、感覚発作、力が抜けて倒れる発作(脱力発作)など、いろいろな発作があります。多くは脳波検査で発作波が検出されます。[medical.jiji.com] 幼児期以降は、頻度的には小児欠神てんかん、ローランド発作、若年性ミオクローヌスてんかんと言われるものなどが多くあります。 治療法は、症状や検査などから確実な診断を行い、その診断に基づいた最適の抗てんかん薬を投与することです。[saiseikai.or.jp] 抗てんかん薬の選択 焦点発作には CBZ LEV LTG 避けるべき薬剤は ESM 全般てんかんには VPA 避けるべき薬剤は 欠神発作には DPH CBZ GBP ミオクローヌス発作には CBZ GBP LTG 強直間代発作には ESM 以下の分類でさらに微調整します。[muratasyounika.ciao.jp]

  • 特発性全般てんかん

    発作のかたちとして、全身の筋肉がかたくなりその後ガタガタふるえる発作(全般強直間代けいれん、大発作)、意識消失して動きがとまる発作(欠神発作、小発作)、からだがピクッとする発作ミオクローヌス発作)、感覚発作、力が抜けて倒れる発作(脱力発作)など、いろいろな発作があります。多くは脳波検査で発作波が検出されます。[medical.jiji.com] 幼児期以降は、頻度的には小児欠神てんかん、ローランド発作、若年性ミオクローヌスてんかんと言われるものなどが多くあります。 治療法は、症状や検査などから確実な診断を行い、その診断に基づいた最適の抗てんかん薬を投与することです。[saiseikai.or.jp] 2.発作とは? てんかんの発作には色々の種類があります。両手を中心とする一瞬のピクつき(ミオクローヌス発作)、突然意識が無くなりまた直ぐに回復する(欠神発作)、手足の一部の引きつりやけいれん(単純部分発作)、意識が消失し四肢が硬直したあとピクつきに代わる(強直間代けいれん、大発作)などです。[home.hiroshima-u.ac.jp]

  • 良性家族性点頭てんかん

    抗てんかん薬の選択 焦点発作には CBZ LEV LTG 避けるべき薬剤は ESM 全般てんかんには VPA 避けるべき薬剤は 欠神発作には DPH CBZ GBP ミオクローヌス発作には CBZ GBP LTG 強直間代発作には ESM 以下の分類でさらに微調整します。[muratasyounika.ciao.jp] ウンベルリヒトてんかん 小児期アブサンスてんかん 進行性ミオクローヌスてんかん 若年性アブサンスてんかん 若年性ミオクローヌスてんかん ミオクローヌスてんかん ラフォラ疾患 良性新生児痙攣 良性乳児ミオクローヌスてんかん 点頭てんかん 症候性早期ミオクローヌス性脳症 乳児点頭痙攣 拝礼発作 ヒプサルスミア レノックス・ガストー症候群 乳児重症[scuel.me] な不随意的筋収縮、ピクツキ) ミオクロニー脱力発作ミオクローヌスとほぼ同時に四肢・体幹筋の無緊張) ミオクロニー強直発作ミオクローヌスとほぼ同時に四肢・体幹筋の緊張) 間代発作 強直発作 脱力発作 焦点性発作(部分発作) (大脳の限局した領域に発作がとどまる) 原因不明の発作 てんかん性スパスム(両上肢・体幹の一瞬の硬直) (Epilepsia[asanogawa-gh.or.jp]

さらなる症状

類似した症状