Create issue ticket

考えれる50県の原因 ミオクロニーけいれん, 不規則な全身性棘波と徐波

つまり: ミオクロニーけいれん, 不規則な全身性棘波と徐

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 不規則な全身性棘波と徐波
  • むずむず脚症候群

    病気を知ろう 原因は脚ではなく、実は神経に関連した病気と考えられています 運動や感覚を制御する神経が過剰に興奮? むずむず脚症候群がなぜ起こるのかは、まだよくわかっていませんが、遺伝性、鉄の欠乏(または代謝異常)、脳内のドパミン神経機能障害などが関与している可能性があると言われています。実際、むずむず脚症候群は同じ家系の人にみられることが多く、関連する遺伝子の研究も進んでいます。 また、 ドパミン は、運動や感覚を制御する神経の興奮(動き)を抑える働きがあり、 ドパミン の不足は、運動や感覚の過剰な興奮(動き)につながります。鉄はこの ドパミン を作るのに必要な物質です。その他に、[…][muzumuzu.com]

    不足: 不規則な全身性棘波と徐波
  • アルツハイマー病

    東京工科大学は10月10日、中東では健康食として知られる「ニゲラサチバ」の種子油に含まれる「チモキノン」が、アルツハイマー病の原因であるアミロイドβの神経細胞毒性を保護する作用があることを発見したことを発表した。 同成果は、同大応用生物学部の鈴木郁郎助教らによるもの。詳細は、「第8回ヨーロッパ神経科学会」、「第35回日本神経科学会大会」および「日本薬学会第133年会」などで紹介されたほか、科学雑誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載された。[…][news.mynavi.jp]

    不足: 不規則な全身性棘波と徐波
  • 慢性腎不全
    不足: 不規則な全身性棘波と徐波
  • 急性アンフェタミン中毒
    不足: 不規則な全身性棘波と徐波
  • 急性腎不全

    急性腎不全 ブックマーク: 1) 急性腎不全とは 2) 急性腎不全の様々な原因 3) 急性腎不全の起こり方 急性腎不全とは 急性腎不全とはその名の通り 急激に腎機能が低下する 状態です。通常、尿の出が悪くなったり( 乏尿 )、あるいは全く出なくなったり( 無尿 )します。一般には余りなじみの無い病気のように思われがちですが、高齢者や糖尿病、高血圧など動脈硬化の強い人が増加しつつあるわが国では、ちょっとしたことでも急に腎臓の働きが低下することも多いのです。死亡率の高い病気です。 このページの先頭へ 急性腎不全の様々な原因 狭心症などの心臓病の診断や治療時によく行われる 造影検査[…][plaza.umin.ac.jp]

    不足: 不規則な全身性棘波と徐波
  • てんかん

    ミオクロニー発作はミオクロニーけいれんと間代発作に分けられる。 ミオクロニーけいれんミオクロニーけいれんは、突然起こる短時間の衝撃様の筋収縮で全般性のこともあり、顔面、体幹、1つあるいはそれ以上の肢、個々の筋あるいは筋群に限局することもある。この発作は急速に反復することも比較的孤立して出現することもある。[ja.wikipedia.org] 意識消失がなく、片手だけががくがくしたり(部分運動発作)、ぴくっとする場合もあります(ミオクロニー発作)。 てんかんの場所: 運動野を含む 付)麻痺(陰性症状)が、けいれんに続いて稀にみられることがあります(トッドの麻痺)。1次性てんかんよりも2次性てんかんで時にみられます。[web.archive.org] 乳児重症ミオクロニーてんかんでは全般性あるいは一側性の間代発作、ミオクロニーけいれんをもち、脳波は全般性棘徐波、多棘徐波、焦点性異常、光過敏性を示し極めて難治性である。 間代発作間代発作はミオクロニーけいれんが律動的に反復するものである。[ja.wikipedia.org]

  • アルコール離脱

    アルコール離脱症候群(アルコールりだつしょうこうぐん、Alcohol withdrawal syndrome)は過剰なアルコール摂取期間後、アルコールの摂取を止めたり量を減らすことにより発症する。一般的な症状は主に不安感、震え、発汗、嘔吐、 頻脈、微熱である。さらに重い症状には てんかん発作、幻覚、幻聴、振戦せん妄(DTs)がある。通常、最後のアルコール摂取から6時間後位より症状が出始め、24〜72時間後に症状が一番重くなり、7日後には症状は向上する。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 不規則な全身性棘波と徐波
  • 大発作てんかん
    不足: 不規則な全身性棘波と徐波
  • 欠神発作

    ホーム 脳神経内科の主な病気 (疾患・用語編) てんかん 解説 てんかんとは てんかんは脳内の神経細胞の過剰な電気的興奮に伴って、意識障害やけいれんなどを発作的に起こす慢性的な脳の病気です。この病気は紀元前から知られており、かつては憑き物にとりつかれて生じる病気と信じられていたため、いまだに多くの誤解や偏見があります。過剰興奮が脳の様々な場所に起こるため、その場所に応じて症状も様々なものとなります。[…][neurology-jp.org]

    不足: 不規則な全身性棘波と徐波

さらなる症状