Create issue ticket

考えれる57県の原因 マレー糸状虫

  • フィラリア症

    マレー糸状の感染によって起こる慢性疾患。[kotobank.jp] わが国においては、かつて九州地域や沖縄地域を中心にバンクロフト糸状の感染流行が認められ、また、東京都の八丈小島ではマレー糸状への感染が確認されていた。現在では、国内おけるバンクロフト糸状およびマレー糸状はいずれも根絶され、新たな感染の報告はない。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] この細長い線には3種類があります。 Wuchereria bancrofti (バンクロフト糸状)は、患者の90%に関与しています。 Brugia malayi (マレー糸状)は、残りの患者のほとんどに関与しています。 B. timori (チモール糸状虫)は、原因となり得ます。[forth.go.jp]

  • バンクロフト糸状虫症

    血液検体はミクロフィラリア血症のピーク時,すなわちバンクロフト糸状 の流行地域では夜間,マレー糸状 および B. timori が流行している多くの太平洋諸島では昼間に採取しなければならない。[msdmanuals.com] I 臨床的特徴 1.症状 体各組織(リンパ節、皮下、腹腔、体腔など)に寄生する線による 感染症 で、わが国にはかつてバンクロフト糸状症とマレー糸状症があった。いずれもりンパ節、リンパ管に寄生する。症状は成虫によるものが主体であるが、前者の方が垂篤である。前者の場合は、初期の急性期症状として熱発作、リンパ節炎、リンパ管炎が見られる。[iryou24.hateblo.jp] そして、 こうした 糸状 に分類される 代表的な寄生虫の種類 としては、 犬糸状 や バンクロフト糸状マレー糸状 、 回旋糸状虫 、 ロア糸状虫 といった全部で五種類の寄生性線虫の名が挙げられることになるのですが、 今回の記事では、 こうした 糸状虫 と呼ばれる線虫に分類される 寄生虫の具体的な特徴 と、上述した、四つの糸条虫[information-station.xyz]

  • マレー糸状虫

    マレー糸状 [ 編集 ] マレー糸状 ( 英語版 ) Brugia malayi ( Brug, 1927 )はバンクロフト糸状虫以外のリンパ系フィラリア症の残りのほとんどを占めている。[ja.wikipedia.org] 本疾患の原因は フィラリア の一種であるマレー糸状 Brugia malayi ICD-10 (B74.1) [2] によるものであり、八丈小島は日本国内で唯一のマレー糸状症の流行地であった [3] [4] [5] [6] 。[ja.wikipedia.org] だが、不思議なことに八丈小島のフィラリア症はバンクロフト糸状ではなく、 東南アジア を中心とする地域で流行するマレー糸状によるものであり、これは日本国内では唯一の流行地であった。 この記事では、かつて八丈小島で バク と呼ばれ恐れられていたマレー糸状症と、その防圧の経緯について解説する。[ja.wikipedia.org]

  • 肺線虫症

    寄生虫学分野 の原生動物では赤血球内に寄生する原虫類・プラスモジウム属の マラリア原虫4種(三日熱、四日熱、熱帯熱、卵型) があり、線形動物ではリンパ管に寄生する線類・糸状科(フィラリアと呼ばれる)に属する バンクロフト糸状マレー糸状 の2種の併せて6種の寄生虫感染症があげられます。[tele.co.jp] 旋尾線 第59項 バンクロフト糸状[A]形態と生活史 第60項 バンクロフト糸状[B]臨床と疫学 第61項 マレー糸状および常在糸状虫などMansonella属線虫 第62項 イヌ糸状虫 第63項 回旋糸状虫,ロア糸状虫およびメジナ虫 第64項 鞭虫,肝毛細虫およびフィリピン毛細虫 第65項 旋毛虫 Ⅱ 扁形動物 A.吸虫類 第66[nanzando.com] 日本の環境変化がもたらす媒介蚊(主としてアカイエカなど)の発生状況 日本においてはリンパ系フィラリア症のうち、バンクロフト糸状では主としてアカイエカなどが媒介し 、マレー糸状ではトウゴウヤブカが媒介します。[tele.co.jp]

  • 微胞子虫症

    5.糞線 6.東洋毛様線 7.旋毛 8.フィリピン毛細 3.成虫が組織寄生 1.バンクロフト糸状マレー糸状 2.回旋糸状虫(オンコセルカ) 3.ロア糸状虫とマンソネラ属糸状虫 4.東洋眼虫 5.肝毛細虫 6.メジナ虫 4.幼虫が組織寄生 1.イヌ回虫 2.ブタ回虫とアライグマ回虫 3.イヌ糸状虫 4.アニサキス類 5.有棘顎口虫[tmd.ac.jp] 1.日本海裂頭条虫,広節裂頭条虫と海洋性裂頭条虫類 2.大複殖門条虫 3.無鉤条虫と有鉤条虫 4.小形条虫と縮小条虫 5.瓜実条虫と有線条虫 3.幼虫が組織寄生 1.マンソン裂頭条虫と芽殖孤虫 2.単包条虫と多包条虫 4 線虫類(木村英作) 1.線虫類総論 2.成虫が腸管寄生 1.回 虫 2.鞭 虫 3.蟯 虫 4.ズビニ鉤虫とアメリカ鉤[tmd.ac.jp]

  • リンパ浮腫睫毛重生症候群

    発展途上国では,リンパ系フィラリア症の検査を行うべきである( バンクロフトおよびマレー糸状症(リンパ系フィラリア症) )。リンパ浮腫が予想(例,リンパ節郭清の程度に基づく)よりはるかに大きい場合や,乳癌治療を受けた女性で一定期間が経過してから発生した場合には,癌の再発を考慮すべきである。 予後 リンパ浮腫が発生すると,治癒はまれである。[msdmanuals.com]

  • バランチジウム症

    ,条類 回虫,鞭,蟯虫/宇賀昭二 ズビニ鉤,アメリカ鉤,糞線,東洋毛様線,旋毛, バンクロフト糸状,マレー糸状/丸山治彦 イヌ回虫,イヌ鉤虫,アニサキス類,有棘顎口虫, 広東住血線虫,単包条虫,多包条虫/片倉 賢 感染症:現状の問題点と未来への展望 インフルエンザワクチンの有効性/廣田良夫 Roots & Routes 第[kindai-s.co.jp] 5.糞線 6.東洋毛様線 7.旋毛 8.フィリピン毛細 3.成虫が組織寄生 1.バンクロフト糸状マレー糸状 2.回旋糸状虫(オンコセルカ) 3.ロア糸状虫とマンソネラ属糸状虫 4.東洋眼虫 5.肝毛細虫 6.メジナ虫 4.幼虫が組織寄生 1.イヌ回虫 2.ブタ回虫とアライグマ回虫 3.イヌ糸状虫 4.アニサキス類 5.有棘顎口虫[tmd.ac.jp] メジナ症 ドラカ ク ンクルス症 メジナ症 オンコセルカ症 オンコセルカ症 眼オンコセルカ症 フィラリア症 糸状症 バンクロフト糸状マレー糸状症 チモール糸状虫症 ロア糸状虫症 オザルド糸状虫感染 常在糸状虫症 マンソネラ症 犬糸状虫症 フィラリア症 結膜フィラリア症 フィラリア性乳び性陰のう水瘤 旋毛虫症 旋毛虫症 鉤虫症[scuel.me]

  • 急性顎下部リンパ節型トキソプラズマ症

    メジナ症 ドラカ ク ンクルス症 メジナ症 オンコセルカ症 オンコセルカ症 眼オンコセルカ症 フィラリア症 糸状症 バンクロフト糸状マレー糸状症 チモール糸状虫症 ロア糸状虫症 オザルド糸状虫感染 常在糸状虫症 マンソネラ症 犬糸状虫症 フィラリア症 結膜フィラリア症 フィラリア性乳び性陰のう水瘤 旋毛虫症 旋毛虫症 鉤虫症[scuel.me] 〉 B74.0_バンクロフト糸状によるフィラリア症〈糸状症〉 B74.1_マレー糸状によるフィラリア症〈糸状虫症〉 B74.2_チモール糸状虫によるフィラリア症〈糸状虫症〉 B74.3_ロア糸状虫症 B74.4_マンソネラ症 B74.8_その他のフィラリア症〈糸状虫症〉 B74.9_フィラリア症〈糸状虫症〉,詳細不明 B75_旋毛虫症[e-stat.go.jp] 眼窩エキノコックス 甲状腺エキノコックス 肺エキノコックス症 皮下包虫症 条虫症 有鉤条虫症 無鉤条虫症 条虫症 のう 嚢 (尾)虫症 のう虫症性眼内炎 のう虫症性筋炎 のう虫症 裂頭条虫症および孤虫症 スパルガーヌム症 広節裂頭条虫症 日本海裂頭条虫症 孤虫症 スピロメトラ症 その他の条虫感染症 小形条虫症 瓜実条虫症 ケヌルス感染症 条感染症[scuel.me]

  • マラリア

    寄生虫学分野 の原生動物では赤血球内に寄生する原虫類・プラスモジウム属の マラリア原虫4種(三日熱、四日熱、熱帯熱、卵型) があり、線形動物ではリンパ管に寄生する線類・糸状科(フィラリアと呼ばれる)に属する バンクロフト糸状マレー糸状 の2種の併せて6種の寄生虫感染症があげられます。[tele.co.jp] ハマダラカの中には、 イヌ糸状 ( Dirofilaria immitis )や、 フィラリア の一種である バンクロフト糸状 ( Wuchereria bancrofti )、 マレー糸状 ( Brugia malayi )、 オニョンニョン熱 を発症させる ウイルス の 媒介者 となるものもいる。[ja.wikipedia.org]

  • サシチョウバエ熱

    (フィラリア症) 主に熱帯地方,かつての日本 アカイエカ,ネッタイイエカ マレー糸状症(フィラリア症) 東南アジアほか,かつての日本(八丈小島) トウゴウヤブカ,ヌマカの仲間 オンコセルカ症 アフリカ,中南米 ブユの仲間 その他 ロア糸状虫症,東洋眼虫症,イヌ糸状虫症(稀に人に感染) マラリア おもに熱帯・亜熱帯地方,かつての日本 ハマダラカ[www0.niid.go.jp] 糸状症(リンパ性フィラリア症) ヌマカ、ヤブカ、ハマダラカ 症状 : 手足のむくみ、リンパ管炎、リンパ節の痛み、悪寒、発熱 潜伏期間 : 6か月から1年 分布 : 熱帯・亜熱帯のアジア地域に広く(東南アジア全域、インド、スリランカ、バングラデシュ) 予防法 : 虫除け剤の使用、服装の注意 (2)ハエ、その他の昆虫によってうつる病気 内臓リーシュマニア[forth.go.jp] ほか キチマダニ,ヤマトマダニ,シュルツェマダニなど 紅斑熱群リケッチア症 日本,アジア,アフリカ,米国ほか マダニの仲間 ツツガムシ病 日本,ロシア,オーストラリアほか アカツツガムシ,フトゲツツガムシ,タテツツガムシ 腸管出血性大腸菌O157 世界各地 イエバエなどのハエ類(機械的な伝播) その他 Q熱,サルモネラ中毒など バンクロフト糸状[www0.niid.go.jp]

さらなる症状