Create issue ticket

考えれる37県の原因 マラリア原虫

  • 肺炎

    トキソプラズマ、糞線虫、回虫、マラリア原虫など。以前原虫とされていたニューモシスチス肺炎は現在は真菌に分類される。 機械的肺炎 誤嚥性肺炎 (嚥下性肺炎; aspiration pneumonia) 閉塞性肺炎 吸入性肺炎 薬剤性肺炎 インターフェロン - 間質性肺炎をきたすことがある。[ja.wikipedia.org]

  • マラリア

    特集:シンポジウム「膜と健康」:感染症病原体と膜のせめぎ合い 赤血球はマラリア原虫の侵入に抵抗できるか ジャーナル オープンアクセス 2006 年 31 巻 5 号 p. 253-257 DOI 詳細[doi.org] (Vol.28 p 10-12:2007年1月号) 1.はじめに 致死性の高い熱帯熱マラリア原虫は熱帯・亜熱帯地域を中心に流行し、年間に100 300万人が熱帯熱マラリアの犠牲となっており、有効なワクチンの開発に期待が寄せられているが、高度に寄生適応したマラリア原虫に対するワクチンの開発は容易ではない。[idsc.nih.go.jp] ヒトの病原体となるものはながらく熱帯熱マラリア原虫(P. falciparum)、三日熱マラリア原虫(P. vivax)、四日熱マラリア原虫(P. malariae)、卵形マラリア原虫(P. ovale)の4種類であったが、近年サルマラリア原虫(P. knowlesi)が5種目として大きな注目を集めている。[ja.wikipedia.org]

  • グラム陰性菌肺炎

    トキソプラズマ、糞線虫、回虫、マラリア原虫など。以前原虫とされていたニューモシスチス肺炎は現在は真菌に分類される。 機械的肺炎 誤嚥性肺炎 (嚥下性肺炎; aspiration pneumonia) 閉塞性肺炎 吸入性肺炎 薬剤性肺炎 インターフェロン - 間質性肺炎をきたすことがある。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌性肺炎

    トキソプラズマ、糞線虫、回虫、マラリア原虫など。以前原虫とされていたニューモシスチス肺炎は現在は真菌に分類される。 機械的肺炎 誤嚥性肺炎 (嚥下性肺炎; aspiration pneumonia) 閉塞性肺炎 吸入性肺炎 薬剤性肺炎 インターフェロン - 間質性肺炎をきたすことがある。[ja.wikipedia.org]

  • ヘモグロビンSC病

    マラリア原虫は人体では赤血球内で増殖する。マラリア原虫に感染すると赤血球のpHは約0.4低下する。pHが低下するとボーア効果により赤血球の鎌状化が進み、全身の赤血球の鎌状赤血球の割合が増加する。マラリア感染初期ではマラリア原虫が感染し鎌状化した赤血球は脾臓で優先的に除去される。[ja.wikipedia.org] 感染後期では鎌状化した赤血球によりマラリア原虫は機械的に壊される。これらの機序によりヘテロ保因者はマラリアに対し耐性を発揮する。 ホモ接合体の患者が重篤な溶血性貧血症状を示す。黄疸、骨壊死、下腿潰瘍、細菌感染、脾臓の萎縮による激痛発作、微小血管の閉塞、脳卒中による神経系損傷 黒人の若者で、腹痛、骨の痛み、吐き気の時に、疑われる疾患の一つ。[ja.wikipedia.org]

  • 鎌状赤血球症

    マラリア原虫は人体では赤血球内で増殖する。マラリア原虫に感染すると赤血球のpHは約0.4低下する。pHが低下するとボーア効果により赤血球の鎌状化が進み、全身の赤血球の鎌状赤血球の割合が増加する。マラリア感染初期ではマラリア原虫が感染し鎌状化した赤血球は脾臓で優先的に除去される。[ja.wikipedia.org] 感染後期では鎌状化した赤血球によりマラリア原虫は機械的に壊される。これらの機序によりヘテロ保因者はマラリアに対し耐性を発揮する。 ホモ接合体の患者が重篤な溶血性貧血症状を示す。黄疸、骨壊死、下腿潰瘍、細菌感染、脾臓の萎縮による激痛発作、微小血管の閉塞、脳卒中による神経系損傷 黒人の若者で、腹痛、骨の痛み、吐き気の時に、疑われる疾患の一つ。[ja.wikipedia.org]

  • 人獣共通感染症

    マラリア ― 睡眠病 ― シャーガス病 ― リーシュマニア症 ― アメーバ赤痢 ― クリプトスポリジウム感染症 ―等 人獣共通寄生虫症 エキノコックス症 ― 日本住血吸虫症 ― 肺吸虫症 ― 旋毛虫症 ― 肝吸虫症 ― 肝蛭症 ― アニサキス症 ―等 真菌性人獣共通感染症 クリプトコックス症 ― カンジダ症 ― アスペルギルス症 ― 皮膚真菌症[ja.wikipedia.org] リフトバレー熱 ― Bウイルス感染症 ― ニューカッスル病 ― 黄熱 ― デング熱 ― ウエストナイル熱 ― 日本脳炎 ― ダニ媒介性脳炎 ― 腎症候性出血熱 ―ハンタウイルス肺症候群 ― サル痘 ―等 リケッチア・コクシエラ・バルトネラ性人獣共通感染症 Q熱 ― ツツガムシ病 ― 猫ひっかき病 ―等 クラミジア性人獣共通感染症 オウム病 ―等 原虫性人獣共通感染症[ja.wikipedia.org]

  • ニューモシスチス肺炎
  • 熱帯熱マラリア原虫マラリア
  • ジアルジア症

    ジアルジア症 (ジアルジアしょう、 giardiasis )とは 鞭毛虫 である ランブル鞭毛虫 ( Giardia lamblia ) を原因とする 寄生虫病 である。食品や水に含まれる シスト を摂取することにより感染する。 人獣共通感染症 であり、ランブル鞭毛虫はヒトを含む多くの 哺乳類 の 消化管 で増殖する [1] 。ヒトでの一般的な症状は下痢性 胃腸炎 である。日本では 感染症法 施行規則により五類感染症(全数把握疾患)に指定されており、診断した医師には届け出が義務づけられている。 本稿では、主にヒトの感染症について記述する。 特徴 [ 編集 ] ジアルジア症はひどい 下痢 と腹部の[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状