Create issue ticket

考えれる26県の原因 マイコプラズマ

  • 風邪

    原因微生物としてレンサ球菌やマイコプラズマが疑われる場合、細菌の二次感染が疑われる場合を除いて、抗生物質の投与は止めるべきである。[ja.wikipedia.org] インフルエンザウィルス アデノウィルス 百日咳菌 マイコプラズマ 肺炎クラミジア 治療方針 図2-1 臨床診断からみた治療方針 図2-2 患者背景からみた治療方針 通常、成人は1年間に3 4回の“かぜ症候群”に罹患し、鼻汁、咳、咽頭痛、発熱などの症状を示します。[ebm.jp] 飛沫感染 インフルエンザ、風疹、マイコプラズマなどの病原体が咳、くしゃみ、会話などで直径5µm以上の飛沫粒子となって飛散し、約1m の距離内で濃厚に感染を受けるもので、通常のマスク装着による飛沫予防策も有効とされている。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    診断は、抗マイコプラズマ抗体の上昇で確定診断になる。治療は、抗マイコプラズマ抗体が上昇するまで数日かかるため確定診断を待ってから治療するのでは遅いので、寒冷凝集反応から経験的治療に基づいて化学療法を行う。化学療法は抗生物質を用いる。マイコプラズマは細胞壁を持たないのでβ-ラクタム系等の細胞壁合成阻害薬は無効である。[ja.wikipedia.org] 非定型肺炎 マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマによる肺炎。潜伏期2〜3週間。統計は、院内肺炎ではなく市中肺炎が多い。検査は、血液検査では寒冷凝集反応や抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。胸部X線写真は区域性の所見を示さず、すりガラス状の間質性陰影を見ることが多い。ルーチン検査の喀痰培養検査でも検出できないので参考にならない。[ja.wikipedia.org] 学童以上の年齢ではマイコプラズマによる肺炎が多くなる。細菌性肺炎との鑑別はX線像ではまず不可能であり、血液所見 (好中球増加の有無、C反応性蛋白上昇の有無、マイコプラズマIgM迅速検査など) や全身状態、気道症状の程度などが参考となる。[ja.wikipedia.org]

  • 非定型肺炎

    マイコプラズマ肺炎とは 以前には、定型的な細菌性肺炎と違って重症感が少なく、胸部レ線像も異なる故に「異型肺炎」に分類されてきた肺炎群があり、その後、マイコプラズマ肺炎は「異型肺炎」の多くを占めるものであることが解った。近年「異型肺炎」の病名は使われなくなる傾向にある。[niid.go.jp] マイコプラズマには細胞壁がないため、細胞壁合成阻害剤であるβ-ラクタム系抗生物質は作用しない。 クラミジア(クラミドフィラ)は、細胞壁にペプチドグリカンを含まないため、βラクタム系薬剤は効果を示さない。 細胞内寄生菌であり、βラクタム系、アミノグリコシド系抗生物質は効果を示さない。 日本呼吸器学会[ja.wikipedia.org] C. pneumoniae は 市中肺炎の約1 割に関与するが、発症年齢がマイコプラズマ肺炎と異なり、小児のみならず、高齢者にも多い。性差ではやや男性が多い。また、他の細菌との重複感染も少なく ない。[niid.go.jp]

  • 緑膿菌

    2002年第10号) 風疹 (2001年第29号) ペスト (2001年第51号) ペニシリン耐性肺炎球菌感染症 (2000年第32号) 発疹チフス (2005年第9号) ヘルパンギーナ (2003年第8号) ヘルペス脳炎 (2003年第6号) 急性灰白髄炎(ポリオ) (2001年第26号) [ま] マールブルグ病 (2002年第36号) マイコプラズマ[idsc.nih.go.jp]

  • 急性膵炎

    小児の場合は 流行性耳下腺炎 、 マイコプラズマ といった感染症、 抗がん剤 である L-アスパラギナーゼ や 抗てんかん薬 のバルプロ酸、膠原病などの全身疾患、交通事故、虐待などの外傷・遺伝性膵炎の報告もある。その他、上皮小体機能亢進症、膵・胆道系腫瘍によるものもある。[ja.wikipedia.org]

  • グラム陰性菌肺炎

    診断は、抗マイコプラズマ抗体の上昇で確定診断になる。治療は、抗マイコプラズマ抗体が上昇するまで数日かかるため確定診断を待ってから治療するのでは遅いので、寒冷凝集反応から経験的治療に基づいて化学療法を行う。化学療法は抗生物質を用いる。マイコプラズマは細胞壁を持たないのでβ-ラクタム系等の細胞壁合成阻害薬は無効である。[ja.wikipedia.org] 非定型 [ 編集 ] マイコプラズマ 、 クラミジア は、 細胞壁 を持たない、細胞内寄生体で、「非定型肺炎」と従来から呼ばれていた。市中肺炎の起炎菌としては、しばしばみられる。喀痰を伴わない乾性咳嗽が長引くことを主訴としたときには念頭に置く必要がある。 抗酸菌 [ 編集 ] 結核 性、非結核性に分ける。[ja.wikipedia.org] 非定型肺炎 マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマによる肺炎。潜伏期2〜3週間。統計は、院内肺炎ではなく市中肺炎が多い。検査は、血液検査では寒冷凝集反応や抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。胸部X線写真は区域性の所見を示さず、すりガラス状の間質性陰影を見ることが多い。ルーチン検査の喀痰培養検査でも検出できないので参考にならない。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌性肺炎

    非定型 [ 編集 ] マイコプラズマ 、 クラミジア は、 細胞壁 を持たない、細胞内寄生体で、「非定型肺炎」と従来から呼ばれていた。市中肺炎の起炎菌としては、しばしばみられる。喀痰を伴わない乾性咳嗽が長引くことを主訴としたときには念頭に置く必要がある。 抗酸菌 [ 編集 ] 結核 性、非結核性に分ける。[ja.wikipedia.org] 診断は、抗マイコプラズマ抗体の上昇で確定診断になる。治療は、抗マイコプラズマ抗体が上昇するまで数日かかるため確定診断を待ってから治療するのでは遅いので、寒冷凝集反応から経験的治療に基づいて化学療法を行う。化学療法は抗生物質を用いる。マイコプラズマは細胞壁を持たないのでβ-ラクタム系等の細胞壁合成阻害薬は無効である。[ja.wikipedia.org] 非定型肺炎 マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマによる肺炎。潜伏期2〜3週間。統計は、院内肺炎ではなく市中肺炎が多い。検査は、血液検査では寒冷凝集反応や抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。胸部X線写真は区域性の所見を示さず、すりガラス状の間質性陰影を見ることが多い。ルーチン検査の喀痰培養検査でも検出できないので参考にならない。[ja.wikipedia.org]

  • 咳嗽

    マイコプラズマ CQ1 マイコプラズマによる咳嗽の病態は CQ2 マイコプラズマによる咳嗽を疑う臨床像は CQ3 血液検査でマイコプラズマによる咳嗽が診断できるか CQ4 どのような薬がマイコプラズマによる咳嗽に有効か CQ5 マイコプラズマによる咳嗽は再発するか 3.[minds.jcqhc.or.jp] 感染性咳嗽の特異的治療 CQ1 咳嗽に対して抗菌薬が適応となるのはどのような場合か CQ2 感染性咳嗽にどのような抗菌薬を選択するか CQ3 マクロライド耐性マイコプラズマに選択する抗菌薬は何か CQ4 治療中の隔離は必要か f. 非感染性咳嗽の鑑別 CQ1 感染性咳嗽と診断したが,持続が8 週間を超えた場合どうするか 2.[minds.jcqhc.or.jp]

  • 風邪

    原因微生物としてレンサ球菌やマイコプラズマが疑われる場合、細菌の二次感染が疑われる場合を除いて、抗生物質の投与は止めるべきである。[ja.wikipedia.org] インフルエンザウィルス アデノウィルス 百日咳菌 マイコプラズマ 肺炎クラミジア 治療方針 図2-1 臨床診断からみた治療方針 図2-2 患者背景からみた治療方針 通常、成人は1年間に3 4回の“かぜ症候群”に罹患し、鼻汁、咳、咽頭痛、発熱などの症状を示します。[ebm.jp] 飛沫感染 インフルエンザ、風疹、マイコプラズマなどの病原体が咳、くしゃみ、会話などで直径5µm以上の飛沫粒子となって飛散し、約1m の距離内で濃厚に感染を受けるもので、通常のマスク装着による飛沫予防策も有効とされている。[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    特に因果関係がはっきりしているのはサイトメガロウイルス、EBウイルスなどのウイルスや、マイコプラズマ、カンピロバクターの4つである。カンピロバクターはGBS発症の1週間前頃に下痢、サイトメガロウイルス、EBウイルス、マイコプラズマは2週間前程度に上気道炎を先行感染として起こすことが多い。ワクチンの接種後の発症例も認められている。[ja.wikipedia.org] 細菌学的検査・免疫学的検査 便中からカンピロバクターが分離されたり、血清中の抗サイトメガロウイルス・EBウイルス・マイコプラズマ抗体が上昇したりすることがある。先行感染の症状がはっきりしない場合に特に有用な検査である。 筋萎縮性側索硬化症: 上位ニューロン障害のため、腱反射は亢進する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状