Create issue ticket

考えれる53県の原因 ホルモン耐性なし

  • 良性前立腺肥大症

    最近は、ホルモン治療に耐性の、悪性度の高いがんに対しては、早期にドセタキセルの投与を行うことが推奨されています。ドセタキセルに効果が不十分な場合、カバジタキセルという薬剤を使用することが可能です。[pref.aichi.jp] ホルモン耐性の状態でどのタイミングで使用するのが良いかが検証されています。 また骨シンチで陽性になる骨転移に伴う骨痛の軽減の目的で、ストロンチウム(商品名:メタストロン)を投与することが可能です。投与回数に制限はありませんが、骨髄抑制などの注意点があります。1か月に一度、静脈内投与を行います。[pref.aichi.jp]

  • 前立腺腺癌

    最近は、ホルモン治療に耐性の、悪性度の高いがんに対しては、早期にドセタキセルの投与を行うことが推奨されています。ドセタキセルに効果が不十分な場合、カバジタキセルという薬剤を使用することが可能です。[pref.aichi.jp] この治療法は、続けていくうちにがんが男性ホルモンの少ない環境でも増殖・進行するようになる(耐性化)という問題点があり、その際は薬をかえたり、治療法をかえたりして対処することになります。 がんが前立腺の外に浸潤している病期III期の患者さんには、内分泌療法を単独あるいは放射線療法と組み合わせて行います。[kohjin.ne.jp] ホルモン耐性の状態でどのタイミングで使用するのが良いかが検証されています。 また骨シンチで陽性になる骨転移に伴う骨痛の軽減の目的で、ストロンチウム(商品名:メタストロン)を投与することが可能です。投与回数に制限はありませんが、骨髄抑制などの注意点があります。1か月に一度、静脈内投与を行います。[pref.aichi.jp]

  • 前立腺癌

    最近は、ホルモン治療に耐性の、悪性度の高いがんに対しては、早期にドセタキセルの投与を行うことが推奨されています。ドセタキセルに効果が不十分な場合、カバジタキセルという薬剤を使用することが可能です。[pref.aichi.jp] ホルモン耐性の状態でどのタイミングで使用するのが良いかが検証されています。 また骨シンチで陽性になる骨転移に伴う骨痛の軽減の目的で、ストロンチウム(商品名:メタストロン)を投与することが可能です。投与回数に制限はありませんが、骨髄抑制などの注意点があります。1か月に一度、静脈内投与を行います。[pref.aichi.jp]

  • ステージ 4 前立腺癌

    最近は、ホルモン治療に耐性の、悪性度の高いがんに対しては、早期にドセタキセルの投与を行うことが推奨されています。ドセタキセルに効果が不十分な場合、カバジタキセルという薬剤を使用することが可能です。[pref.aichi.jp] ホルモン耐性の状態でどのタイミングで使用するのが良いかが検証されています。 また骨シンチで陽性になる骨転移に伴う骨痛の軽減の目的で、ストロンチウム(商品名:メタストロン)を投与することが可能です。投与回数に制限はありませんが、骨髄抑制などの注意点があります。1か月に一度、静脈内投与を行います。[pref.aichi.jp]

  • 家族性前立腺癌

    また、ホルモン療法中にPSA値が上昇してきたようなホルモン療法耐性例ではこの治療は無効です。 3.その他、治療ができないもの 次のような場合にはこの治療は施行できません。 ・過去に前立腺肥大症の手術を受けている場合 (術後尿失禁の発生が高くなるとされています)。 当院の超音波で測定した前立腺容積が35 以上の場合。[med.kyushu-u.ac.jp]

  • 産後うつ病

    *卵巣機能の低下による女性ホルモンの低下と、この時期の社会的役割や人間関係の変化、さらにはストレス耐性の低下によって起こるうつ状態 こころの症状・からだの症状 食欲がない 眠れない キッチンにたてない 突然涙がでる イライラする 気力がわかない 頭がカーッとする 記憶力がおちた 肩も腰も調子が悪くて、気力もわかず、家事もできないなんて、大きな[ibaog.jpn.org]

  • 全腹部照射

    また、ホルモン療法中にPSA値が上昇してきたようなホルモン療法耐性例ではこの治療は無効です。 3.その他、治療ができないもの 次のような場合にはこの治療は施行できません。 ・過去に前立腺肥大症の手術を受けている場合 (術後尿失禁の発生が高くなるとされています)。 当院の超音波で測定した前立腺容積が35 以上の場合。[med.kyushu-u.ac.jp] 内分泌療法を継続していると、数年ないし10年前後で耐性が生じ効果が薄れてくるのが一般的です。 ホルモン依存性のがん細胞がホルモン非依存性に変わるためと言われていますが、 こういう状態になってしまったがんのことを「去勢抵抗性前立腺がん」(CRPC)と呼んでいます。 参照![pros-can.net]

  • 潜在性悪性腫瘍

    これには、前立腺がんおよび乳がんに対するホルモン療法、甲状腺がんに対するヨウ素I 131 、またはホルモン耐性の乳がんおよび卵巣がんに対する細胞毒性薬剤単独または多剤併用化学療法が含まれる。そのようながんに対する標準アプローチは、それぞれの診断に関する特定のPDQ要約に記載されている。 大多数の患者は、特定できる原発巣をもたない。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 髄膜炎

    米国では、バンコマイシンの併用が標準的治療に変わり、日本ではカルバペネム系抗生剤が初期治療として用いられるようになってきているが、これらの抗生剤の使用頻度の増加によって、新たな耐性菌の出現が危惧されるため、適切な使用が求められる。 第2に、細菌性髄膜炎の初期治療における副腎皮質ホルモン剤の併用があげられる。[sendaiminami.jcho.go.jp]

  • ラフォラ病

    呼吸器の病気 気管形成不全 気管の発達が不十分であるために、生後2ヶ月以内に咳や呼吸困難が認められ、運動不耐性になります。 肺葉捻転 呼吸困難や、咳や血痰が認められます。 産科の病気 子宮蓄膿症 何かのホルモンの働きが、この病気に罹りやすいことに関係しているようです。[pet-hospital.org]

さらなる症状