Create issue ticket

考えれる140県の原因 ホルネル症候群

  • 片頭痛

    片麻痺、 ホルネル症候 、めまい、ふらつき、不眠 患者は種々の不定愁訴と共に頭痛を訴える。 「肩が凝る」「頸筋が凝る」「目が疲れやすい」「身体がだるい」「何もしないのに疲れる」 光、音、においによって悪化することはない。 通常吐き気や嘔吐は伴わない。 同側性の自律神経症状を伴う。[shiga-med.ac.jp] 流涙 、眼球結膜の充血、ホルネル症候 鼻閉、鼻汁、鼻粘膜充血 運動、光、音、においによって痛みが悪化することはない。 吐き気や嘔吐を伴うことはない。 多くは10〜40歳で発症する。 女性に多く、男性の3-4倍。 月経と関連している例も多いー エストロゲン の関与。 片頭痛患者の半数以上は、近親者にも片頭痛の人がいる。[shiga-med.ac.jp]

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • 一過性脳虚血発作

    一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、Transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳血管疾患の一つであり、脳の循環障害により起こる一過性の神経症状を指す。 24時間以内に一旦完全に消失する特徴を持ち、また繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがあるので、脳梗塞の危険信号と考えられている。脳卒中治療ガイドライン2009によれば、TIA発症後90日以内に脳梗塞を起こす可能性は15ないし20パーセント、そのうち48時間以内の発症は約半数である (48時間以内の脳梗塞への移行は5%程度、数ヶ月以内の移行は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳幹梗塞

    医療大全 脳幹梗塞・脳幹出血 のうかんこうそく・のうかんしゅっけつ Brainstem infarction, Brainstem hemorrhage 【初診に適した診療科】 脳神経外科、神経内科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 低血圧

    低血圧とは 血圧とは、動脈の中を血液が流れる時に、血液が血管壁を押す圧力のことです。 血圧 循環血液量 末梢血管抵抗 、つまり循環血液量(心臓から拍出される血液量)と全末梢血管抵抗(細い動脈の収縮の程度)に左右されます。 血圧測定では、最高血圧と最低血圧を測定します。心臓が収縮するとき、血液が大動脈内に押し出され、大動脈がふくらみます。そのときに大動脈にかかる圧が 収縮期血圧 (最高血圧)です。次に心臓が拡張すると、ふくらんだ大動脈が元に戻ろうとし、その力で血液を末梢血管に送り出します。このとき大動脈にかかる圧が 拡張期血圧 (最低血圧)です。[…][apha.jp]

  • 肺癌

    当院は尾張東部医療圏の地域がん診療連携拠点病院であり、当科でもガイドラインに従った治療を基本としつつ、より良い治療を目指して診療しています。現在の肺癌治療は主として外来で治療を継続していきますが、初回は入院で行い安全性を確認したうえで、外来化学療法センターと連携して診療しています。また名古屋大学を中心としたNPO臨床研究グループ(中日本呼吸器疾患研究機構(CJLSG))の一員として、さらに他の臨床研究グループとの共同研究においても、より良い治療方法の確立を目的に臨床研究に参加しております。新しい治療の開発のための治験をご紹介することもできます。[…][tosei.or.jp]

  • 小細胞肺癌

    内容一覧 1. 非小細胞肺癌とは? ・非小細胞肺癌とは、小細胞肺癌ではない肺癌の事です。 ・非小細胞肺癌は更に、扁平上皮癌と非扁平上皮癌に分かれます。 ・非扁平上皮癌とは、扁平上皮癌でない非小細胞肺癌を指します。 ・非扁平上皮癌の多くは、腺癌です。 ・難しい用語がたくさん出てきますが、この頁内に解説を入れてありますので、良く見てもらえば理解し易いと思います。 この難しい用語にはPS、抗がん剤の名称などがあります。 ・肺癌の病期に関しては別のページを参照して下さい。 ( ) 2. 臨床病期1期から3A期の非小細胞肺癌の治療[…][jikei.ac.jp]

  • 気管支原性癌
  • 気管支腺癌
  • 再発小細胞肺癌

    UMIN試験ID UMIN000000828 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2007年9月20日 登録・組み入れ開始日:2007年9月1日 基本情報 試験簡略名 再発小細胞肺癌に対する塩酸ノギテカン療法(NGT療法)と、シスプラチン エトポシド イリノテカン療法(PEI療法)を比較する第III相試験 (JCOG0605) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域 日本 実施都道府県 北海道、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、愛媛県、福岡県、熊本県 対象疾患 再発小細胞肺癌[…][rctportal.niph.go.jp]

さらなる症状