Create issue ticket

考えれる402県の原因 ホット フラッシュ, 精神運動性激越

  • 認知症

    AGS(2014)は、高齢者の不眠症・興奮・せん妄に対して、ベンゾジアゼピンや他の催眠鎮静薬を第一選択肢とすべきではないとしている。[ja.wikipedia.org] 妄想、幻覚、興奮、うつ、不安、多幸、無感情、脱抑制、易刺激性、異常行動の10項目につき、それぞれの頻度を1〜4の4段階で、重症度を1〜3の3段階で評価する。[ja.wikipedia.org] 興奮状態に対しては、介護施設において、パーソンセンタードケア、コミュニケーション技術の訓練、認知症ケアマッピングが、ただちに、あるいは6か月後でも有効であり、音楽療法と、活動(標準的な活動状態)は有効だが長期的な試験はなく、アロマテラピーと光療法は有効でない。[ja.wikipedia.org]

    不足: ホット フラッシュ
  • デヒドロエピアンドロステロン

    の男性20名 (試験群12名、平均45.9 9.8歳) と女性25名 (試験群13名、平均55.8 3.7歳、イスラエル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、DHEA 100 mg/日を6週間摂取させたところ、女性の性機能評価尺度 (FSFI; Female Sexual Function Index) における性欲/興奮[hfnet.nibiohn.go.jp] 1日25 mgの摂取で、更年期障害のホットフラッシュ、心理的症状などが改善した (PMID:14667889) 。[hfnet.nibiohn.go.jp]

  • インフルエンザ

    ・ ベランダに面していない部屋で寝かせる ・ 窓に格子のある部屋で寝かせる(窓に格子がある部屋がある場合) (2)一戸建ての場合 ・ (1)に加え、できる限り1階で寝かせる 異常行動の例 ・ 突然立ち上がって部屋から出ようとする ・ 興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う ・ 興奮して窓を開けてベランダに出ようとする[mhlw.go.jp]

    不足: ホット フラッシュ
  • オタネニンジン

    ・ジンセノシドRb群に中枢抑制、抗腫瘍、解熱、抗不安作用、Rg群に中枢興奮作用が期待されている (18) (23) 。 ・人参のサポニン分画には、血糖値降下、肝グリコーゲン値の減少、作業能力増進、抗疲労、性腺発育促進作用が期待されている(18) (20) (23) 。[hfnet.nibiohn.go.jp] メタ分析 ・2010年6月までを対象に3つのデータベースで検索できた臨床試験について検討したシステマティックレビューにおいて、ブラックコホシュ、イソフラボ ン、レッドクローバー、ダイズ、ビタミンE、朝鮮ニンジン、トウキ、メマツヨイグサ油、ヤムイモ、カバ、メラトニンを代替医療としてそれぞれ単独使用することが、更年期女性のホットフラッシュに与える[hfnet.nibiohn.go.jp]

  • 髄膜炎

    脳炎患者には幻覚、興奮、人格変化、行動異常がみられ、時には明らかな精神病状態を示すこともある。 米国では年間2万例の脳炎が報告されているが実際にはこれより多いと考えられている。脳炎を起こすウイルスはウイルス性髄膜炎を起こすウイルスとほぼ同様である。[ja.wikipedia.org]

    不足: ホット フラッシュ
  • 振戦せん妄

    これはアドレナリンの嵐(英語: adrenergic storm)として知られる;この作用により、これだけではないが、たとえば以下のような症状が生じてくる、頻脈、高血圧、異常高熱(英語: hyperthermia)、反射亢進(英語: Hyperreflexia)、発汗(Diaphoresis)、心筋梗塞、不整脈、不安、パニック発作、偏執病、精神運動激越[ja.wikipedia.org] 4に減量し,4日間投与後に中止 内服ができない患者の場合 肝障害がある場合は半量より開始する. 【 処方例 】 セルシン (ジアゼパム)注5 10 mgを1日3回ゆっくり静注または筋注 *3日間投与後,5 mgを1日2回ゆっくり静注または筋注し,4日間投与後に中止 アルコール離脱せん妄が出現した場合 断酒(入院)後数日で出現し幻覚,妄想,興奮[igaku-shoin.co.jp] 興奮性のNMDA型グルタミン酸受容体も上方制御されており、錯乱に寄与しており、離脱における(興奮毒性(英語: excitotoxicity)による)神経毒性(neurotoxicity)に寄与している。中枢ノルアドレナリンとその代謝産物の直接の計測は、アルコール離脱症候群の重症度に正相関する。[ja.wikipedia.org]

    不足: ホット フラッシュ
  • クロルプロマジン

    、ジストニア、アカシジア)クロルプロマジンの本来の作用と反対の効果、つまり、易興奮性、筋けいれん等が見られることがあるかもしれない。[ja.wikipedia.org] クロルプロマジンの薬理作用は、ドパミン遮断効果(その作用機序は、脳内の中枢神経系で、興奮や妄想を生み出すと考えられている、神経伝達物質ドパミンのD2受容体の回路を遮断する事にある)を有することは、ラボリの発見まで知られていなかった。[ja.wikipedia.org] 循環器(血圧降下、頻脈、不整脈、心疾患悪化) 血液(白血球減少症、顆粒球減少症、血小板減少性紫斑病) 消化器(食欲亢進、食欲不振、舌苔、悪心・嘔吐、下痢、便秘) 内分泌(体重増加、女性化乳房、乳汁分泌、射精不能、月経異常、糖尿) 精神神経系(錯乱、不眠、眩暈、頭痛、不安、興奮、易刺激、けいれん) 錐体外路症状(パーキンソン症候群、ジスキネジア[ja.wikipedia.org]

    不足: ホット フラッシュ
  • アトロピン

    注射液 胃・十二指腸潰瘍における分泌ならびに運動亢進 胃腸の痙攣性疼痛,胆管・尿管の疝痛、痙攣性便秘 迷走神経性徐脈及び迷走神経性房室ブロック、その他の徐脈・房室ブロック 麻酔前投薬、電気けいれん療法の前投与 有機リン剤(殺虫剤や農薬、サリン)などの副交感神経興奮剤中毒 重症筋無力症の治療におけるコリン作動性クリーゼ 点眼液 診断又は治療を[ja.wikipedia.org]

    不足: ホット フラッシュ
  • モダフィニル

    モダフィニルは強い覚醒、興奮作用が特徴とされ、他の使用目的も調べる。 モダフィニルは麻薬取締法で厳重な管理・保管が義務付けられ、使用には医師の処方が必要。市販されておらず、投与は睡眠障害などの患者に限られている。[medicallaw.exblog.jp] 唯一、アンフェタミン系の薬剤の刺激興奮作用とは異なる機序であることは知られている。 覚醒のメカニズムは、(1)モノアミン作動性神経系を主とする上行性網様体賦活系を介する経路と、(2)ヒスタミン作動性神経系を介する経路、の2つの経路があると考えられている。[ja.wikipedia.org]

    不足: ホット フラッシュ
  • フルフェナジン

    球減少、単球減少、血小板減少性紫斑病、 ビリルビン上昇、アルブミン減少、 食欲不振、悪心・嘔吐、便秘、 パーキンソン症候群(手指振戦,筋強剛,流涎等)、ジスキネジア(口周部,四肢等の不随意運動等)、ジストニア(眼球上転,眼瞼痙攣,舌突出,痙性斜頸,頸後屈,体幹側屈,後弓反張等)、アカシジア(静坐不能)、視覚障害、 不眠、眩暈、頭痛、不安、興奮[ja.wikipedia.org]

    不足: ホット フラッシュ

さらなる症状

類似した症状