Create issue ticket

考えれる31県の原因 ヘルパー細胞 増加

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • リンパ性脈絡髄膜炎

    アレナウイルス科(Family Arenaviridae)とはウイルスの分類における一科。一本鎖のアンビセンスRNA2分子をゲノムとするRNAウイルス。ビリオンは直径50 300nmであり、エンベロープを有する。ビリオン内に宿主由来のリボソームとRNAをもつ。宿主細胞の細胞質内で増殖し、細胞質内封入体を形成する。ビリオンを電子顕微鏡で観察すると、とりこまれリボソーム粒子が砂状に見えるのでラテン語の砂を意味する"arena"にちなんで命名された。 代表的なウイルスと関連疾患 Genus Arenavirus旧世界アレナウイルス ラッサウイルス(Lassa virus)/ラッサ熱[…][ja.wikipedia.org]

  • エンテロコッカス属

    解析の結果、肝臓において、インターロイキン17(IL-17)を産生するCD4 陽性ヘルパーT(TH17)細胞が顕著に増加していることが分かりました。この現象は無菌マウスや、健常人や炎症性腸疾患の一つである潰瘍性大腸炎患者の便を投与したマウスでは認められず、PSCに特有の現象であることが分かりました。[waseda.jp]

  • 多発性神経炎

    病巣の周囲にリンパ球やプラズマ細胞が集まっている、免疫グロブリンが沈着、サプレッサーT細胞が減少し、ヘルパーT細胞のTh1タイプが増加、免疫抑制剤が治療に有効、など免疫異常を疑わせる所見が見られます。 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとわれています。[mbiotech.org]

  • クレブシエラ属

    その結果、ある患者さんの唾液を投与したマウスの大腸において、炎症性サイトカインのひとつであるインターフェロンガンマ(IFN-γ)を産生するCD4陽性のヘルパーT細胞(TH1細胞)が顕著に増加していることを発見しました。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 解析の結果、肝臓において、インターロイキン17(IL-17)を産生するCD4 陽性ヘルパーT(TH17)細胞が顕著に増加していることが分かりました。この現象は無菌マウスや、健常人や炎症性腸疾患の一つである潰瘍性大腸炎患者の便を投与したマウスでは認められず、PSCに特有の現象であることが分かりました。[amed.go.jp] その結果、あるクローン病患者の唾液を投与したマウスの大腸において、インターフェロンガンマ(IFN-γ)を産生するCD4陽性のヘルパーT細胞(TH1細胞 ※1 )が顕著に増加していることを発見しました。[waseda.jp]

  • 胆管炎

    解析の結果、肝臓において、インターロイキン17(IL-17)を産生するCD4 陽性ヘルパーT(TH17)細胞が顕著に増加していることが分かりました。この現象は無菌マウスや、健常人や炎症性腸疾患の一つである潰瘍性大腸炎患者の便を投与したマウスでは認められず、PSCに特有の現象であることが分かりました。[waseda.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    病巣の周囲に リンパ球 や プラズマ細胞 が集まっている 免疫グロブリン が沈着 サプレッサーT細胞 が減少し、 ヘルパーT細胞 のTh1タイプが増加 免疫抑制剤 が治療に有効 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとされてきたが、2004年に多くの視神経脊髄型多発性硬化症[ja.wikipedia.org]

  • 脱髄疾患

    病巣の周囲にリンパ球やプラズマ細胞が集まっている、免疫グロブリンが沈着、サプレッサーT細胞が減少し、ヘルパーT細胞のTh1タイプが増加、免疫抑制剤が治療に有効、など免疫異常を疑わせる所見が見られます。 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとわれています。[mbiotech.org]

  • 多発性硬化症

    病巣の周囲にリンパ球やプラズマ細胞が集まっている 免疫グロブリンが沈着 サプレッサーT細胞が減少し、ヘルパーT細胞のTh1タイプが増加 免疫抑制剤が治療に有効日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとされてきたが、2004年に多くの視神経脊髄型多発性硬化症の血液中に特異的[ja.wikipedia.org]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    病巣の周囲にリンパ球やプラズマ細胞が集まっている、免疫グロブリンが沈着、サプレッサーT細胞が減少し、ヘルパーT細胞のTh1タイプが増加、免疫抑制剤が治療に有効、など免疫異常を疑わせる所見が見られます。 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとわれています。[mbiotech.org]

さらなる症状