Create issue ticket

考えれる4県の原因 ヘリコバクターピロリ菌

  • アフタ性口内炎

    10代から80代の男女に「口内炎ができたことがあるか」と尋ねたら、ほとんどの人が経験者でした。塗り薬または飲み薬を使うと答えた人の中では、「効き目あり」「まあまあ効く」と答えたのは半数以下でした。 実はこの「薬が効かない」という感想の背景には、口内炎に対する誤解がありました。口内炎を徹底研究したところ、予防にも治療にも効果抜群の「1分でできる秘策」が明らかになったのです。 さらに「口内炎だと思っていたら『がん』だった」ということもあります。専門家によると、ここ30年で口腔がんの患者は2倍に増えており、ほとんどの人が「最初は口内炎だと思っていた」といいます。[…][web.archive.org]

  • 消化性潰瘍

    消化性潰瘍(しょうかせいかいよう、英: peptic ulcer)は、主に胃酸が要因となって生じる潰瘍のことである。 胃癌等の悪性腫瘍も潰瘍病変を呈するが本稿では良性の潰瘍について記述する。 潰瘍の生じる部位別に旧来通り以下の通りに称される。 胃潰瘍(gastric ulcer、stomach ulcer) 十二指腸潰瘍(duodenal ulcer) 食道潰瘍(esophageal ulcer、胃食道逆流症を参照) デュラフォイ潰瘍(仏: ulcère de Dieulafoy)比較的小さな潰瘍であるが大出血を生じる潰瘍として1898年にフランスの外科医Paul Georges[…][ja.wikipedia.org]

  • 自律神経障害

    ヘリコバクターピロリの感染がある場合、危険因子となります。ですから、まずは通常の消化性潰瘍の治療をうけるべきです。プロトンポンプ阻害剤といった制酸剤を中心とした薬物療法と背景に胃粘膜のピロリ菌感染があれば、除菌をすることが重要です。これらは一般内科、消化器内科で受けられるのがよいでしょう。[jspim.org]

  • ヘリコバクターピロリ菌

    最新のトピックス 当院におけるヘリコバクターピロリの除治療 ジャーナル フリー 2015 年 63 巻 1 号 p. 33-34[doi.org] A.正しい保険適応疾患名である「ヘリコバクターピロリ感染胃炎」を使用すべきです。なお、胃潰瘍、十二指腸潰瘍で除治療を行う場合などは、「ヘリコバクターピロリ感染症」の記載が別途必要です。 Q.[jsge.or.jp] このような所見がない場合でも、ピロリ陽性であれば慢性胃炎が生じていると考え、除治療の適応となります。 Q.ヘリコバクターピロリ感染胃炎を疑う内視鏡所見を教えてください。[jsge.or.jp]

さらなる症状

類似した症状