Create issue ticket

考えれる389県の原因 ヘモグロビン減少, 慢性肝炎

  • 肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療としては、従来からインターフェロン(IFN)製剤とリバビリン(RBV; コペガス 、 レベトール 他)との併用療法が推奨されてきた。[medical.nikkeibp.co.jp] 先進国では,ほとんどの症例が慢性の アルコール乱用 または C型慢性肝炎 によるものである。アジアおよびアフリカの一部地域では, B型慢性肝炎 による肝硬変がしばしばみられる。(B型およびC型肝炎に関する追加情報については 肝炎ウイルスの特徴 )。[msdmanuals.com]

  • ウイルス性肝炎

    米国・西ヨーロッパでは、HIV感染者の6 14%にB型肝炎の合併が報告されている 1)。 慢性B型肝炎は、小児期におけるHBV感染のみならず、成人での感染でも認めるが、免疫不全を有するものでは、さらに慢性肝炎へ移行する可能性が高くなる。HIV感染者に認めたHBV感染の約30%が慢性肝炎へ移行するといわれる。[idsc.nih.go.jp] 垂直感染したB型肝炎ウイルスは感染者肝臓や血液中に長時間とどまり、キャリアとなる。キャリアの10 20%は生涯のどこかの時期に慢性肝炎を発病するので、フォローアップが必要である。[ja.wikipedia.org] C型慢性肝炎の症状と経過: C型慢性肝炎は自覚症状に乏しい病気で,全身の倦怠感や食欲不振などの症状をうつたえる人は患者全体の約10%です。 C型肝炎慢性化すると発症してから10 20年の小康状態ののち、悪化し肝硬変そして肝臓がんへと新興していきます。 C型慢性肝炎の治療: インタ-フェロンやリバビリン(抗ウイルス剤)が使われます。[asahi-net.or.jp]

  • 肝細胞癌

    B型肝炎 :10%〜20% B型肝炎 では 肝硬変 へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、 B型肝炎ウイルス はDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。 アルコール性肝疾患 発生率は高くないが 肝硬変 を経て、発症する場合も多い。[ja.wikipedia.org] なお、当院肝臓専門外来では日頃より酒量が多く肝機能の心配な方、御家族に慢性肝炎、肝硬変のいらっしゃる方、生活習慣病の一つである脂肪肝を指摘された方についても的確な診療、生活指導を行っていますので遠慮なくご相談下さい。 担当:夏木 豊[sannou.or.jp] 肝細胞癌は、わが国にではその約90%が肝炎ウイルス感染を成因とする慢性肝炎やさらに線維化が進行した肝硬変を背景として発症します。肝細胞癌に関係する肝炎ウイルスの内訳は、C型肝炎ウイルス(HCV)が約70%、B型肝炎ウイルス(HBV)が約20%です。[jikeisurgery.jp]

  • ウィップル病
  • 貧血

    薬剤(健康食品も含みます) 溶血性貧血では、最近起こったことなどの確認が必要です 腎臓疾患からの貧血 赤血球の分化には、エリスロポエチンという因子が必要です この因子は、腎臓で産生されます 腎不全などの腎臓疾患では、エリスロポエチンの産生が低下するために、貧血となります エリスロポエチンの補充による治療が必要となります 肝臓疾患による貧血 慢性肝炎[cityhosp-kumamoto.jp] 医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。[ja.wikipedia.org] 抄録 わが国において肝発癌との関係からその鉄代謝障害が注目されている慢性肝障害は主としてC型慢性肝疾患と非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)である.C型慢性肝疾患における鉄代謝障害機序としてhepcidinの産生低下が報告されているが,NASHでの鉄代謝障害機序は未だ不明の点が多い.両疾患のマネージメントにおいて鉄代謝異常を是正していくことは[doi.org]

  • ウィルソン病

    症例として、劇症肝炎慢性肝炎、肝硬変などの肝障害、手足の震えや緊張、言葉の不明瞭(ふめいりょう)などの神経障害、精神状態の不安定や無気力、うつ病などの精神障害などがあり、発見の遅れにより死に至ることもあるが、先天性の遺伝性代謝疾患ということもあり、病気そのものを治すことはできないが、銅の排泄(はいせつ)を手助けする薬を飲み続けることによって[sangiin.go.jp] さらに、原因不明の急性肝炎とか慢性肝炎などと診断されることもあります。治療されなければ肝障害は徐々に進行し、肝硬変となります。 脳障害の症状とは? 脳障害は、思春期ごろからあらわれることが多いのです。初期は言葉はロレツが回らず周囲の人が聞きづらくなってきます。[nobelpharma.co.jp] 肝炎 [肝障害に伴う非特異的生体反応物質の測定] 慢性肝炎や肝硬変では血清中の免疫グロブリン濃度が増大することが知られている。… 【ジストニー】より …一定の肢位(たとえば起立位)をとるときに,筋緊張が異常に高まり,随意運動が妨げられ,変形した肢位に固定される。[kotobank.jp]

  • 脾機能亢進症

    慢性肝炎は、肝硬変に進行するほど肝がんができやすくなりますので、慢性的に肝機能障害のある方は、放置せず、どの程度肝硬変に進んできているのか、一度精密検査を受けたほうがいいでしょう。 慢性肝炎の治療 1. B型慢性肝炎 ウイルスの増殖に伴い(高ウイルス血症)、慢性肝炎がおこっている方が治療の対象になります。[wakayamah.johas.go.jp] その結果、赤血球の数が減少します。しかし その一方ヘモグロビンの合成は障害されません。したがって、鉄欠乏性貧血 の場合と反対に、赤血球の減少の割にヘモグロビン量は減らないため、赤血球 一個あたりのヘモグロビン量が多く、高色素性、大球性貧血になります。 骨髄では巨大な赤芽球(巨赤芽球)が出現するのが特徴です。[city.gifu.med.or.jp] 貧血への対応で一番大切なことは、原因を知ることです どうして、貧血になるのでしょう 貧血には、ヘモグロビンの合成が出来ない状態、赤血球の数が減少した状態の2つがあります さらに、赤血球数の低下は、赤血球の産生が出来ない状態、DNA合成が出来ない状態、赤血球が破壊された状態と出血が含まれます 貧血の原因を分けます 1.[cityhosp-kumamoto.jp]

  • 上部消化管出血

    城東地区の中核病院であり、消化管出血および急性腹症などの救急疾患から悪性腫瘍、炎症性腸疾患、急性および慢性肝炎・肝硬変などの慢性疾患まで幅広い消化器診療を行っています。[bokutoh-hp.metro.tokyo.jp] 肝臓の病気として多いのがB型/C型肝炎ウイルスに感染して発症する慢性肝炎や肝硬変です。 他にアルコールや最近では脂肪肝から肝硬変になるような病態も存在することがわかってきました。肝硬変になると出血の危険性がある消化管病変として最も多いのが食道胃静脈瘤です。特に食道静脈瘤は肝硬変症の5 12%/年の頻度で発生してくるとの報告があります。[asakura-med.or.jp] 取り扱っている主な疾患 消化器がん 炎症性腸疾患 慢性肝炎、肝硬変 大腸ポリープ 消化管出血 肝がん 消化器内科、内視鏡科の特徴 (検査・治療・体制など) 消化器疾患全般 消化器疾患全般を対象に診察しています。 特に上部・下部消化管出血に対する止血処置に関して高い止血成績を上げています。[toyota-mh.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    頻度としてはA型肝炎が多く、一過性に重篤な肝障害、劇症肝炎を起こすことがある。また、成人発症のB型肝炎もほとんどは急性肝炎で発症する。HBVによる慢性肝炎も有名であるが、これは垂直感染によってキャリア化した場合がほとんどである。ただし、キャリアが急性増悪を起こし、急性肝炎のような経過を取ることはよくある。[ja.wikipedia.org] B型肝炎 C型肝炎 C型肝炎はC型肝炎ウイルスを原因とする慢性肝炎で感染すると70%以上の確立で慢性肝炎を発症しますが自覚症状に乏しく、知らない間に数十年の経過で進行し肝硬変や肝癌を合併する事が多い病気です。[med.kagawa-u.ac.jp] 監修:埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科 教授 持田 智 先生 急性肝炎 劇症肝炎 (急性肝不全) 慢性肝炎 ウイルス性肝炎 アルコール性 肝障害 非アルコール性 脂肪肝炎 薬物性肝障害 自己免疫性肝炎 原発性胆汁性 胆管炎 ※ここでの情報はあくまで基本の情報であり症状は人それぞれで違う場合もあります。[kansikkan.jp]

  • 消化管出血

    肝臓の病気として多いのがB型/C型肝炎ウイルスに感染して発症する慢性肝炎や肝硬変です。 他にアルコールや最近では脂肪肝から肝硬変になるような病態も存在することがわかってきました。肝硬変になると出血の危険性がある消化管病変として最も多いのが食道胃静脈瘤です。特に食道静脈瘤は肝硬変症の5 12%/年の頻度で発生してくるとの報告があります。[asakura-med.or.jp] 慢性肝疾患の合併の確認のためにくも状血管腫、手掌紅斑等も確認する。肝炎ウイルス検査陽性であり凝固異常が認められ食道静脈瘤破裂が疑われれば鼡径静脈で中心静脈確保を行い、感染予防、NGチューブの挿入を行う。 まずはバイタルサインの測定を行い、循環動態の評価を行う。静脈路確保を行い、輸液をする。肛門鏡検査にて痔出血の有無を確認する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状