Create issue ticket

考えれる321県の原因 ヘモグロビン増加

  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第3回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年7月27日(火) 14:00 16:00 場所 厚生労働省19階 専用第27会議室 議事 生活習慣病対策室長 それでは、定刻となりましたので、ただいまから「第3回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきたいと思います。 委員の皆様方には、何かと非常に御多忙の折、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。[…][mhlw.go.jp]

  • 低酸素症

    している.赤血球内の2.3-DPGは,チアノーゼ性心疾患,慢性呼吸不全,高地環境など慢性の低酸素状態では増加している.逆に,2.3-DPGの減少,低炭酸ガス血症などによるアルカローシス,低体温や,胎児ヘモグロビン増加では,左方偏位することで,酸素分圧が低い状況でもヘモグロビンの酸素飽和度は高くなることが可能となる( 図2 ).[jpccs.jp] 図1 ヘモグロビン濃度とチアノーゼ出現時の毛細血管血酸素飽和度 次にチアノーゼ出現に関与する因子として,ヘモグロビンの酸素解離曲線の変化がある.2.3-DPG( diphosphoglycerate )の増加,高炭酸ガス血症などによるアシドーシス,体温上昇により,酸素解離曲線は右方偏位し酸素解離しやすくなることで,組織の酸素需要の増加に適応[jpccs.jp]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

  • 上腸間膜動脈塞栓症

    抄録[…][jstage.jst.go.jp]

  • ウイルス性胃腸炎

    2019年12月,当院周辺では,各種のウイルス性胃腸炎が混合流行しています.小児で流行する主なウイルス性胃腸炎は以下の通りです.[…][zousantsushin.jp]

  • 真性多血症

    内因性の赤芽球コロニー形成を認める 2001年WHOによる真性多血症診断基準 カテゴリーA A1 循環赤血球量が平均正常予想値の25%以上あるいはヘモグロビン値が男性 18.5g/ml、女性 16.5g/μl A2 以下の二次性赤血球増加を除外する 家族性赤血球増加症 エリスロポイエチン高値 低酸素血症(動脈酸素飽和度92%以下) 酸素親和性[med.osaka-cu.ac.jp] 瀉血を繰り返すうちに貯蔵鉄がなくなるとヘモグロビンの材料が乏しくなるため、赤血球は小型の物になり、Htの増加は抑え易くなる。そのため赤血球が小さくなっても鉄剤の投与は厳禁である。 ただし、研究者によっては鉄欠乏は皮膚掻痒の増大や倦怠感を招きQOLを下げるとして鉄剤の投与に肯定的な意見もある。[ja.wikipedia.org] この小球性低色素性の場合にはヘモグロビン濃度、ヘマト クリット値が正常の事があるので注意を要します。網赤血球数は増加、約70%の症例が 白血球数(好中球、好塩基球)増加、約50%に血小板数50-100万/μlの増加が認めら れます。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 骨髄増殖性疾患

    Abstract 骨髄増殖性腫瘍(myeloproliferative neoplasms;MPN)は,融合遺伝子の形成や遺伝子変異によりチロシンキナーゼが恒常的に活性化され,好中球,赤血球,血小板,肥満細胞などの骨髄系細胞のうち1 系統以上の細胞が,末梢血あるいは骨髄においてクローナルに増殖する造血器腫瘍である.髄外造血や,それに伴う肝脾腫が高頻度にみられ,主として真性赤血球増加症 (polycythemia vera;PV),本態性血小板血症 (essential thrombocythemia;ET)と原発性骨髄線維症 (primary myelofibrosis;PMF)の3[…][pieronline.jp]

  • 二次赤血球増加症

    絶対的赤血球増加症には、血液幹細胞の腫瘍性増殖による真性赤血球増加症と、基礎疾患(肝臓、腎臓、心臓、肺などの病気)があって起こる二次性赤血球増加症があります。 この二次性赤血球増加症のなかに、タバコ喫煙による、炭酸ヘモグロビン増加による多血があります。[hasui-i.com] 真性赤血球増加症/真性多血症(PV)はどのように診断されますか? 2017 年に刊行されたWHO 分類では、大基準は1. ヘモグロビン増加(男性: 16.5 g/dL, 女性: 16.0 g/dL )、ヘマトクリット増加(男性: 49%, 女性: 48%)、または循環赤血球量増加(平均予測正常値より25% 増加)があること、2.[mpn-japan.org] 多血症(赤血球増加症)は血液中の赤血球数やヘモグロビン値、ヘマトクリット値が増加している状態を指します。血液の粘稠(ねんちゅう)度(粘り気)が高まり、血管内で血流障害が起こりやすくなるために、頭痛やめまい、耳鳴りなどの症状が出ることがあります。放置すると、脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な疾患につながる可能性もあります。[medica.sanyonews.jp]

  • 糖尿病性ケトーシス昏睡

    質問したキッカケ 内科病棟に勤めている新人看護師です。つい最近、糖尿病性ケトアシドーシスで入院された患者さんがいます。先輩看護師に、糖尿病性昏睡の中の高血糖高浸透圧症候群との違いを質問されましたが、答えることができませんでした。糖尿病については勉強しているのですが、この疾患についてはあまり分かりません。 質問したいこと 糖尿病性ケトアシドーシスの病態生理と患者さんに対する看護を教えてください。 ひとこと回答 糖尿病性ケトアシドーシスは、極度のインスリン作用不足に、インスリン拮抗ホルモンの上昇が加わって生じる代謝失調状態のことを指します。 詳しく説明すると[…][kango-oshigoto.jp]

さらなる症状