Create issue ticket

考えれる11県の原因 ベンゾジアゼピン系過剰摂取

  • 急性アンフェタミン中毒

    治療 静注ベンゾジアゼピン薬剤 高血圧がベンゾジアゼピン薬剤に反応しない場合は,必要に応じて静注硝酸薬 必要に応じて高体温に対する冷却 中毒または過剰摂取 顕著な経口中毒が最近(例,1 2時間未満)起きた場合は,吸収を抑制するために活性炭を投与するとよいが,この介入により罹患率や死亡率が低下することは示されていない。[msdmanuals.com]

  • せん妄

    薬の過剰摂取による症状は、薬物相互作用や代謝の低下した高齢者で起こりうる。 振戦せん妄は、アルコールやベンゾジアゼピン薬あるいはバルビツール酸系薬の離脱症状できたすせん妄状態である。せん妄とは区別され、治療も異なる。[ja.wikipedia.org]

  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取

    彼らは、クライオ(極低温)電子顕微鏡法を用いて、ベンゾジアゼピン過剰摂取の解毒剤であるフルマゼニルとGABAに結合したヒトα1β2γ2 GABA A 受容体の構造を解いた。表紙は、このヘテロ受容体の各サブユニットを異なる色で表したもので、青緑色の球は結合した薬剤である。[natureasia.com] しかしながら,ベンゾジアゼピン薬剤を過剰摂取した人のほとんどは支持療法だけで回復し,フルマゼニルはときに痙攣発作を誘発するため,その臨床的有用性は明確でない。[msdmanuals.com] 主要な除外基準:この不安障害は、甲状腺機能亢進症、器質性精神障害のような身体的障害、あるいはアンフェタミン様物質の過剰摂取ベンゾジアゼピン薬物の離脱といった精神作用物質に関連する障害によるものではないこと。[shonan-yoshida-cl.jp]

  • ヘロイン依存症

    過剰摂取 [ 編集 ] ヘロインに関連した過剰摂取の死亡は多く、アルコールや ベンゾジアゼピン 、モルヒネなど他のオピオイドとの併用は死亡リスクを高める [26] 。過剰摂取の影響を無効にするには ナロキソン が用いられる。ナロキソンを広く入手可能にすることが必要とされている [10] 。[ja.wikipedia.org]

  • 過剰摂取

    催眠鎮静薬である場合はベンゾジアゼピン過量服薬(英語: Benzodiazepine overdose)や、バルビツール酸過量服薬も参照される。ベンゾジアゼピン過剰摂取では、フルマゼニルが拮抗薬として使用される。[ja.wikipedia.org] 三環抗うつ薬を含むけいれん促進作用のある薬、てんかんの既往歴、ベンゾジアゼピンに依存した患者には、フルマゼニルの使用は推奨できない。 アルコールや睡眠薬が原因の場合、今度は、それらが慢性的に大量に摂取されていた場合の急な完全な断薬から生ずる離脱症状の振戦譫妄(DT)が致命的となる可能性があることに注意が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • エルゴタミン撤退

    そしてさらなる懸念は国際的に過剰摂取による死亡が増加していることである2010年のアメリカでは、オピオイド鎮痛薬の過剰摂取による死亡が、16651人であり、しかしこれらの精神科の薬ではベンゾジアゼピンが6497人、抗うつ薬3889人、抗てんかん・抗パーキンソン薬1717人、抗精神病薬1351人と合計していけば、数字は近くなっていく。[ja.unionpedia.org] ほとんどのヘロイン死亡は過剰摂取自体からではなく、結果、他の抑制薬との併用などのアルコールやベンゾジアゼピン。 アヘンの喫煙は、材料の燃焼のように想像するかもしれません関与していない。むしろ、準備アヘンは間接的に高温に加熱され、アクティブなアルカロイドは、主にモルヒネで、気化されます。[ja.doowizz.ovh]

  • アンフェタミン妄想症障害

    治療 静注ベンゾジアゼピン薬剤 高血圧がベンゾジアゼピン薬剤に反応しない場合は,必要に応じて静注硝酸薬 必要に応じて高体温に対する冷却 中毒または過剰摂取 顕著な経口中毒が最近(例,1 2時間未満)起きた場合は,吸収を抑制するために活性炭を投与するとよいが,この介入により罹患率や死亡率が低下することは示されていない。[msdmanuals.com]

  • Dursun 症候群

    [8] [9] 過剰摂取 [ 編集 ] ベンゾジアゼピンは、以前の バルビツール酸 薬よりも過剰摂取において、はるかに安全であるがまだ 過剰摂取 の際には問題となる [16] 。単独で過剰摂取された場合には、重篤な合併症の原因になることはまれである [98] 。[ja.wikipedia.org] ある調査では、ベンゾジアゼピン過剰摂取を呈する患者の10%だけが、フルマゼニル投薬の適切な対象であった [107] 。 作用機序 [ 編集 ] 中枢神経 では神経伝達物質として、 アミノ酸 が多く分布している。主な神経作用性のアミノ酸としては興奮アミノ酸である グルタミン酸 、抑制アミノ酸である GABA が有名である。[ja.wikipedia.org]

  • バルビツール酸系過量服薬

    ベンゾジアゼピン 過剰摂取では、 フルマゼニル が拮抗薬として使用される。三環抗うつ薬を含むけいれん促進作用のある薬、てんかんの既往歴、ベンゾジアゼピンに依存した患者には、フルマゼニルの使用は推奨できない。[ja.wikipedia.org] [8] [9] 過剰摂取 [ 編集 ] ベンゾジアゼピンは、以前の バルビツール酸 薬よりも過剰摂取において、はるかに安全であるがまだ 過剰摂取 の際には問題となる [16] 。単独で過剰摂取された場合には、重篤な合併症の原因になることはまれである [98] 。[ja.wikipedia.org] 催眠鎮静薬・アルコールの過剰摂取 [ 編集 ] 呼吸数や酸素飽和度が下がっている場合、救命処置のABC(気道と循環の確保)を行う。 催眠鎮静薬である場合は ベンゾジアゼピン過量服薬 ( 英語 : Benzodiazepine overdose ) や、 バルビツール酸過量服薬 も参照される。[ja.wikipedia.org]

  • フェノバルビタール

    バルビツール酸系は治療域と毒性域が近く、過剰摂取時に致命的となりえるため、特に抗不安薬、睡眠薬といった用途では、現在ではより安全なベンゾジアゼピンに置き換えられた。また、急速に耐性を生じ離脱を急速に進めた場合、交感神経系の過剰亢進によるけいれん大発作に注意が必要とされている。[ja.wikipedia.org] 副作用 バルビツール酸系は治療域と毒性域が近く、 過剰摂取 時に致命的となりえるため [11] 、特に 抗不安薬 、 睡眠薬 といった用途では、現在ではより安全な ベンゾジアゼピン に置き換えられた [1] 。[wikiwand.com] 副作用 [ 編集 ] バルビツール酸系は治療域と毒性域が近く、 過剰摂取 時に致命的となりえるため [11] 、特に 抗不安薬 、 睡眠薬 といった用途では、現在ではより安全な ベンゾジアゼピン に置き換えられた [1] 。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状