Create issue ticket

考えれる41県の原因 フロアン症候群, 脳神経の関与

  • 脊髄硬膜炎
  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: フロアン症候群
  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

    不足: フロアン症候群
  • 外耳炎

    耳の病気 外耳炎 外耳道は耳の穴から鼓膜までのことです。外耳炎は耳掻きなどで外耳道の皮膚を傷つけてしまい、そこからカビや細菌が感染し、炎症を起こすことです。汚水や整髪剤などが耳に入ると外耳炎にかかりやすくなります。 症状は耳を引っ張ったり押すと患部が痛み、ご飯を噛んだり、飲み込むときにもあごを動かすと痛みが生じるため食事も困難になります。腫れてくると、外耳道を防いで耳鳴りが起こったり、耳の周囲のリンパ腺が腫れてきます。 また、外耳炎が慢性化すると激しい耳の痛みや耳漏を伴う悪性外耳炎を起こし、皮膚だけでなく骨にまで進行して他の病気を併発させ、生命に関わることもあります。 治療法[…][kenko-s-net.com]

    不足: フロアン症候群
  • 帯状疱疹

    腎臓への負担が少なく高齢者にも使いやすいと目される帯状疱疹治療薬が今秋にも登場しそうだ。増加する高齢者の帯状疱疹は、強い痛みがQOLを大幅に低下させる恐れがあるため、抗ウイルス薬治療と合わせ、早期から「攻め」の痛み治療を開始したい。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: フロアン症候群
  • 原発性進行性多発性硬化症
    不足: フロアン症候群
  • 脳幹梗塞
    不足: フロアン症候群
  • ベル麻痺

    ベル麻痺(ベルまひ)とは、顔面神経の麻痺によって障害側の顔面筋のコントロールができなくなった状態のことである。顔面神経麻痺の原因として脳腫瘍、脳卒中、ライム病などがあるが、原因が特定できない場合にベル麻痺と呼ばれる。 この疾患の名称であるが、初めてこの疾患を報告したスコットランドの解剖学者チャールズ・ベル (Charles Bell)(1774 – 1842)にちなんで命名された。ベル麻痺は最も一般的な急性単神経炎であり、急性顔面神経麻痺の最も一般的な原因である。東洋医学ではメンタン、口眼歪斜、口僻と呼ばれている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: フロアン症候群
  • 髄膜腫

    髄膜腫(ずいまくしゅ)または髄膜腫瘍(ずいまくしゅよう)は、脳と脊髄の周りの膜層である髄膜から発生し、非常にゆっくりと進行する腫瘍である。症状は発生箇所とその腫瘍によって圧迫される組織によって異なる。多くの場合、症状がない。時に発作、認知症、言語障害、視覚障害、半身の衰弱、尿失禁になることがある。 髄膜腫の主な要因には、放射線治療などによる電離放射線曝露、家系、神経線維腫症2型、などがあげられる。2014年には髄膜腫と携帯電話使用との関係性はないとされた。髄膜腫はいくつかの異なる種類の細胞から発生するとされ、その中にはクモ膜下細胞も含まれる。診断は一般的に医用画像による。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: フロアン症候群
  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: フロアン症候群

さらなる症状