Create issue ticket

考えれる9県の原因 フラビウイルス科

  • G型肝炎ウイルス

    GBV-Cは1996年に発見され、フラビウイルスの中で未分類な一種である。[ja.wikipedia.org]

  • ライム病

    病原体はフラビウイルスフラビウイルス属のダニ媒介脳炎ウイルス(tickborne encephalitis virus: TBEV)です。同じくフラビウイルスフラビウイルス属に属するウイルスとしては 日本脳炎ウイルス 、セントルイス脳炎ウイルス、 ウエストナイルウイルス 、 デングウイルス 、 黄熱ウイルス 等があります。[city.yokohama.lg.jp]

  • 日本脳炎

    日本脳炎ウイルスはフラビウイルスに属するウイルスで、1935 年ヒトの感染脳から初めて分離された。 疫 学 日本脳炎は極東から東南アジア・南アジアにかけて広く分布している( 図1 )。過去日 本脳炎の報告がなかったパプアニューギニアにおいても、1997年に患者の報告がなされた。[nih.go.jp] フラビウイルスフラビウイルス属のウイルスで、1935年(昭和10年)に人間の感染脳から初めて分離された。伝播様式からアルボウイルス(節足動物媒介性ウイルス)とも分類される。類似ウイルスには、ウエストナイルウイルス、セントルイス脳炎ウイルス、マレーバレー脳炎ウイルスがある。[ja.wikipedia.org] 病原体 日本脳炎は、フラビウイルスに属する日本脳炎ウイルスに感染しておこる。このウイルスは、伝播様式からアルボウイルス(節足動物媒介性ウイルス)とも分 類される。日本などの温帯では水田で発生するコガタアカイエカが媒介するが、熱帯ではその他数種類の蚊が媒介することが知られている。[nih.go.jp]

  • 跳躍病 III

    跳躍病ウイルスは フラビウイルス フラビウイルス属に属する RNAウイルス 。 マダニ により媒介される。羊では二峰性発熱、小脳性運動疾患、振戦、麻痺を示す。 不活化ワクチン が開発されている。 重篤な症状をみせ、致死率は高い。[ja.wikipedia.org] トガウイルスアルファウイルス属 東部馬脳炎ウイルス 西部馬脳炎ウイルス ベネズエラ馬脳炎ウイルス チクングニアウイルス フラビウイルスフラビウイルス属 デングウイルス ジカウイルス 黄熱ウイルス 日本脳炎ウイルス ウエストナイルウイルス セントルイス脳炎ウイルス マレーバレー脳炎ウイルス ロシア春夏脳炎ウイルス 中央ヨーロッパダニ媒介性脳炎[ja.wikipedia.org] 「 跳躍病&oldid 71025413 」から取得 カテゴリ : 人獣共通感染症 ウイルス感染症 フラビウイルス 隠しカテゴリ: 医学関連のスタブ項目 獣医学関連のスタブ項目 ISBNマジックリンクを使用しているページ[ja.wikipedia.org]

  • ジカウィルス病

    血清学的交差性は、同じフラビウイルスのデングウイルスやウエストナイルウイルスの様な同じフラビウイルスのウイルスに加え、フラビウイルスに対するワクチンとも同様に密接な関連がある。抗体の商業用検出キットは開発されたが、アメリカ食品医薬品局の認可は得られていない。 蚊がジカ熱を伝播するため、感染地域の蚊の駆除によって予防効果が発生する。[ja.wikipedia.org] Zika virus 病原体と媒介蚊 ジカウイルスは、デングウイルスと同じフラビウイルスフラビウイルス属のウイルスである。デングウイルスのように4つの血清型があるわけではなく、単一血清型である。媒介蚊はヤブカ(Aedes)属の Ae. aegypti (ネッタイシマカ)、 Ae.[nih.go.jp] ジカウイルス感染症のリスクアセスメント 第4版 2016年2月16日更新 国立感染症研究所 背景 ジカウイルス感染症は、フラビウイルスフラビウイルス属のジカウイルスによる蚊媒介感染症である。ジカウイルスは、1947年にウガンダのZika forest(ジカ森林)のアカゲザルから初めて分離された。[nih.go.jp]

  • 黄熱病

    黄熱(おうねつ、英: yellow fever)は、ネッタイシマカ (Aedes aegypti) などのカ(蚊)によって媒介されるフラビウイルスフラビウイルス属に属する黄熱ウイルスを病原体とする感染症。感染症法における四類感染症。黄熱病と同義。発熱を伴い、重症患者に黄疸が見られることから命名された。[ja.wikipedia.org]

  • E型肝炎ウイルス

    ウイルス肝炎の病型と病原ウイルス A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎 D型肝炎 E型肝炎 原因ウイルス HAV HBV HCV HDV ( HBV) HEV 分類 ピコルナウイルス ヘパドナウイルス フラビウイルス サテライトウイルス科 ヘペウイルス科 主な感染経路 経口 血液 血液 血液 経口 潜伏期間 2 6週 1 6ヶ月位 2週間 6[mhlw.go.jp]

  • フラビウイルス科

    フラビウイルス(ふらびういるすか、Family Flaviviridae)は、一本鎖プラス鎖RNAウイルスの一。ウイルス粒子は直径40 60nmであり、エンベロープを持つ。学名の由来は黄熱ウイルスにちなむ(ラテン語flavusは黄色の意味)。フラビウイルスにはフラビウイルス属、ペスチウイルス属、ヘパシウイルス属の3属が存在する。[ja.wikipedia.org] フラビウイルスのウイルスは脊椎動物に広く分布し、多くはベクター(蚊やダニ)を介して伝播する。そのほとんどは不顕性感染であるが、重篤な症状を引き起こすことがある。ウシウイルス性下痢ウイルス1、ウシウイルス性下痢ウイルス2およびブタコレラウイルスはニューカッスル病ウイルス(NDV)によってCPEが増強される。[ja.wikipedia.org]

  • 典型的なブタ熱

    遺伝子によるペスチウイルス属(フラビウイルス)の分類 図5.豚コレラウイルスのゲノム構造と蛋白質合成 図6.豚コレラウイルスの生物学的特徴(非細胞病原性)[naro.affrc.go.jp] 豚コレラ(とんコレラ、英: classical swine fever、CSF、hog cholera)は、フラビウイルスペスチウイルス属によるブタのウイルス性疾病であり、症状はコレラとは異なる。ブタ及びイノシシに特有の病気でありヒトには感染することはない。 ブタコレラ菌ではなく、豚コレラウイルスにより起こる。[ja.wikipedia.org] 豚コレラウイルスは豚及びいのししを宿主とし、反芻動物を宿主とするBVDウイルスや羊のボーダー病(BD)ウイルスと同じペスチウイルス属の仲間であって、大きくは日本脳炎ウイルスやウェストナイルウイルスなどと同じフラビウイルスに属している( 表2 及び 図4 )。[naro.affrc.go.jp]

さらなる症状