Create issue ticket

考えれる200県の原因 フェノバルビタール

  • 急性アルコール中毒

    しかし、適切な体液管理と循環管理がなされている限り、強制利尿の適応となる物質は限られている- サリチル酸 と フェバルビタール 以外の物質に関する安全性と有効性は確立されていない。[ja.wikipedia.org]

  • てんかん重積状態

    投与速度は3mg/kg/分または150mg/分のいずれか低い分を超えないこと)あるいはフェバルビタール(フェノバール)静脈内投与(15 20mg/kgを10分以上かけて緩徐静脈内投与)を併用、非重篤な急性症候にはホスフェニトインあるいはアレビアチンを点滴静注する。[shiseikaidai2.crayonsite.net] 通常250mgを、心電図(ECG)モニターを監視しつつ5分以上かけて投与)、あるいはフェバルビタール(フェノバール)静脈内投与(15 20mg/kgを10分以上かけて緩徐静脈内投与)を併用、非重篤な急性症候にはホスフェニトインあるいはアレビアチンを点滴静注する。  [clinicalsup.jp] SEの治療薬として、注射製剤であるジアゼパム( セルシン 、 ホリゾン 他)、フェニトインナトリウム( アレビアチン )、フェバルビタールナトリウム( ノーベルバール )、ホスフェニトインナトリウム( ホストイン )、ミダゾラム( ミダフレッサ )や、外用製剤の抱水クロラール( エスクレ )が適応を有している。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    1.大発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、プリミドン、バルプロ酸Na、ゾニサミド 2.小発作治療薬:エトスクシミド、バルプロ酸Na、トリメタジオン 3.精神運動発作治療薬:カルバマゼピン、フェニトイン、プリミドン、バルプロ酸Na 4.皮質焦点発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、プリミドン、[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 肝代謝 バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、ベンゾジアゼピン系 腎代謝 ガバペンチン、レベチラセタム 肝腎代謝 トピラマート、ラモトリギン 低ナトリウム血症 バルプロ酸、カルバマゼピン 心伝達系異常 フェニトイン、カルバマゼピン 認知機能低下 フェバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピン パーキンソン症状 バルプロ[tokushukai.or.jp] 抗てんかん薬によるものとしては、フェバルビタールによるうつ状態、精神機能低下や、エトスクシミド、カルバマゼピン、クロナゼパム、ゾニサミド、バルプロ酸によるうつ状態、クロバザムによる軽躁状態になることがあり、注意が必要です。[tokushukai.or.jp]

  • 欠神発作

    肝代謝がバルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、ベンゾジアゼピン系であり、肝腎代謝がトピラマート、ラモトリギン、腎代謝がガバペンチン、レベチラセタムである。[ja.wikipedia.org] カルバマゼピンが第一選択薬であり、第二選択薬として、ラモトリギン、レベチラセタム、トピラマート、ゾニサミド、フェバルビタール、プリミドン、ガバペンチン、フェニトインなどがあげられます。[epilepsy-info.jp] 肝代謝 バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、ベンゾジアゼピン系 腎代謝 ガバペンチン、レベチラセタム 肝腎代謝 トピラマート、ラモトリギン 低ナトリウム血症 バルプロ酸、カルバマゼピン 心伝達系異常 フェニトイン、カルバマゼピン 認知機能低下 フェバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピン パーキンソン症状 バルプロ[tokushukai.or.jp]

  • 複雑部分発作

    坐薬の応用 ワコビタール坐薬(フェバルビタール) エスクレ坐薬(抱水クロラール) 小児では30-50mg / kg  総量1.5gを越えない! 戻る 状態: ・意識がもうろう状態のため、転倒等の危険性あり。 ・下手に患者を抑制すると、興奮・反撃してくる。 処置: 患者と一定の距離を置いて、注意深く見守り、危険を避ける。[nmt.ne.jp] 投与速度は3mg/kg/分または150mg/分のいずれか低い分を超えないこと)あるいはフェバルビタール(フェノバール)静脈内投与(15 20mg/kgを10分以上かけて緩徐静脈内投与)を併用、非重篤な急性症候にはホスフェニトインあるいはアレビアチンを点滴静注する。[clinicalsup.jp] 肝代謝 バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、ベンゾジアゼピン系 腎代謝 ガバペンチン、レベチラセタム 肝腎代謝 トピラマート、ラモトリギン 低ナトリウム血症 バルプロ酸、カルバマゼピン 心伝達系異常 フェニトイン、カルバマゼピン 認知機能低下 フェバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピン パーキンソン症状 バルプロ[tokushukai.or.jp]

  • 若年性欠神てんかん

    1.大発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、プリミドン、バルプロ酸Na、ゾニサミド 2.小発作治療薬:エトスクシミド、バルプロ酸Na、トリメタジオン 3.精神運動発作治療薬:カルバマゼピン、フェニトイン、プリミドン、バルプロ酸Na 4.皮質焦点発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、プリミドン、[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 肝代謝 バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、ベンゾジアゼピン系 腎代謝 ガバペンチン、レベチラセタム 肝腎代謝 トピラマート、ラモトリギン 低ナトリウム血症 バルプロ酸、カルバマゼピン 心伝達系異常 フェニトイン、カルバマゼピン 認知機能低下 フェバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピン パーキンソン症状 バルプロ[tokushukai.or.jp] 抗てんかん薬によるものとしては、フェバルビタールによるうつ状態、精神機能低下や、エトスクシミド、カルバマゼピン、クロナゼパム、ゾニサミド、バルプロ酸によるうつ状態、クロバザムによる軽躁状態になることがあり、注意が必要です。[tokushukai.or.jp]

  • 妊娠

    [1]妊婦・ 妊娠可能婦人-治療上の有益性[類薬(フェバルビタール)で催奇形作用報告。また、妊娠中の 投与で、新生児の出血傾向、呼吸抑制等を惹起]。[drugsinfo.jp]

  • 特発性全般てんかん

    1.大発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、プリミドン、バルプロ酸Na、ゾニサミド 2.小発作治療薬:エトスクシミド、バルプロ酸Na、トリメタジオン 3.精神運動発作治療薬:カルバマゼピン、フェニトイン、プリミドン、バルプロ酸Na 4.皮質焦点発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、プリミドン、[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 肝代謝 バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、ベンゾジアゼピン系 腎代謝 ガバペンチン、レベチラセタム 肝腎代謝 トピラマート、ラモトリギン 低ナトリウム血症 バルプロ酸、カルバマゼピン 心伝達系異常 フェニトイン、カルバマゼピン 認知機能低下 フェバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピン パーキンソン症状 バルプロ[tokushukai.or.jp] での薬の投与方法1 現在の発作状況を3つに分類 6.実際の臨床場面での薬の投与方法2 3つのステップを繰り返す 7.薬物血中濃度 8.抗てんかん薬の副作用 9.各薬剤について知っておくべき特性 10.治療の終了 5章 薬物治療 各薬剤の特徴 1.カルバマゼピン(CBZ) 2.バルプロ酸ナトリウム(VPA) 3.フェニトイン(PHT) 4.フェバルビタール[kinpodo-pub.co.jp]

  • 特発性全般てんかん

    1.大発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、プリミドン、バルプロ酸Na、ゾニサミド 2.小発作治療薬:エトスクシミド、バルプロ酸Na、トリメタジオン 3.精神運動発作治療薬:カルバマゼピン、フェニトイン、プリミドン、バルプロ酸Na 4.皮質焦点発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、プリミドン、[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 肝代謝 バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピン、フェバルビタール、ベンゾジアゼピン系 腎代謝 ガバペンチン、レベチラセタム 肝腎代謝 トピラマート、ラモトリギン 低ナトリウム血症 バルプロ酸、カルバマゼピン 心伝達系異常 フェニトイン、カルバマゼピン 認知機能低下 フェバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピン パーキンソン症状 バルプロ[tokushukai.or.jp] での薬の投与方法1 現在の発作状況を3つに分類 6.実際の臨床場面での薬の投与方法2 3つのステップを繰り返す 7.薬物血中濃度 8.抗てんかん薬の副作用 9.各薬剤について知っておくべき特性 10.治療の終了 5章 薬物治療 各薬剤の特徴 1.カルバマゼピン(CBZ) 2.バルプロ酸ナトリウム(VPA) 3.フェニトイン(PHT) 4.フェバルビタール[kinpodo-pub.co.jp]

  • 胆汁うっ滞

    またMCTミルクや脂溶性ビタミンの補充、UDCA、フェバルビタールの投与を行う。掻痒感に対しては抗ヒスタミン剤やコレスチラミンを投与する。原疾患によっては肝硬変へと進展し、最終的に肝移植を必要とする。 7. 研究班 小児期からの消化器系希少難治性疾患の包括的調査研究とシームレスなガイドライン作成[nanbyou.or.jp] 治療法 治療としてはいずれも、ウルソデオキシコール酸、フェバルビタールの内服と脂溶性ビタミンの補充、必須脂肪酸強化MCTフォーミュラミルク(MCTミルク)が用いられている。ウルソデオキシコール酸は、肝障害予防目的で初期の段階で全ての患児に使用される。また、リファンピシンも一時的に有効であることが多い。[ped-hbpd.jp]

さらなる症状

類似した症状