Create issue ticket

考えれる80県の原因 フィブリノーゲン減少

  • インフルエンザ

    このページは、過去の特集ページを保存しているものであり、掲載情報は、更新されておりませんので、ご注意ください。 現在の情報は、 こちら をご覧ください。 インフルエンザ 流行のピークは1 2月! インフルエンザの流行シーズンを迎えました。 インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。 あらためて、ご家庭や職場などでのインフルエンザ対策の徹底をお願いします。 インフルエンザの「予防方法」と「かかってしまった時に人にうつさない方法」について、動画でわかりやすくご紹介しています。(政府インターネットテレビ)[…][kantei.go.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    これは、原因となるもとの病気の有無、出血の有無、臓器障害の有無、血清(けっせい)中のFDP(フィブリノーゲンやフィブリンなど接着たんぱく質の分解したもの)の増加、血小板の減少、出血時間の延長、フィブリノーゲン減少などを点数化して、その点数によって診断するものです。[kotobank.jp] 重度で急速進行性のDICは,血小板減少症,PTTおよびPTの延長,血漿 D ダイマー(または血清フィブリン分解産物)濃度の上昇,および血漿フィブリノーゲン濃度の低下を証明することにより診断される。[msdmanuals.com] このような場合には,確かに,重篤な侵害刺激が加わったためにDICに移行する場合が多いですが,ただ単にフィブリノーゲンや凝固因子,血小板が減少しているだけでも1次止血が損なわれ,出血傾向が現れます。[blog.goo.ne.jp]

  • 肝転移

    2018.02.07 大腸外科 投稿者: 外科部長 山口達郎 1.大腸がん肝転移の割合 悪性腫瘍、いわゆる「がん」は様々な臓器(肝臓や肺など)に転移する可能性があります。大腸がんでは、初めて病気が見つかった時点で、2割近い患者さんに肝臓や肺などの転移がみられ、中でも最も多く転移がみられる臓器が「肝臓」で、およそ半数を占めます。また、初回治療時にがんが取り切れたと判断されても約7%の患者さんが肝臓に再発すると言われています。 2.大腸がん肝転移の診断と治療のために必要な検査 採血 肝機能検査[…][cick.jp]

  • 敗血症

    敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち、約800万人が死亡していると報告されている。 国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。細菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 胆汁うっ滞

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) 非胆道閉鎖新生児胆汁うっ滞症(平成24年度) 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要[…][nanbyou.or.jp]

  • 転移性乳癌
  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝性脳症

    肝性脳症(かんせいのうしょう、英語: Hepatic encephalopathy)とは、肝臓の機能低下による意識障害である。別名を肝性昏睡(かんせいこんすい、Hepatic coma)とも、また門脈体循環性脳障害とも言う。 肝硬変が進行した場合や劇症肝炎などの重篤な肝障害によって引き起こされる。まれに先天性尿路回路欠損を伴うことがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    抄録 症例は80歳,女性.2008年9月に肝障害で当科紹介となり,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTで肝S2に径22 mm大の肝細胞癌(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20[…][jstage.jst.go.jp]

さらなる症状