Create issue ticket

考えれる95県の原因 プロトロンビン時間正常

  • 血友病

    血小板機能は正常なので、出血時間正常。 第VIII, IX因子共に内因系凝固因子なので、プロトロンビン時間(PT)正常・活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)延長を来たす。 欠損している血液凝固因子を体内に注入する因子補充療法が行われる。現在ではこの補充療法により、健常者とほぼ同じ生活が可能となっている。[ja.wikipedia.org] 血友病の検査と診断 先天性遺伝性でも後天性でも血友病では血小板の数や機能は正常なので、出血時間正常です。第VIII、IX因子ともに内因系凝固因子なので、プロトロンビン時間(PT)正常、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)延長から疑われます。[tokushukai.or.jp] 【診断】 血友病では 出血時間 や血小板数、 プロトロンビン時間(PT )は正常であるが、 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT) が延長する。確定診断のためにはFVIII(FIX)活性の測定を行い、40%未満の場合に血友病と診断する。鑑別診断として、 フォン・ヴィレブランド病(VWD) と後天性血友病が重要である。[jsth.org]

  • 血友病A

    血友病の検査と診断 先天性遺伝性でも後天性でも血友病では血小板の数や機能は正常なので、出血時間正常です。第VIII、IX因子ともに内因系凝固因子なので、プロトロンビン時間(PT)正常、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)延長から疑われます。[tokushukai.or.jp] 検査 [ 編集 ] 血小板機能は正常なので、出血時間正常。 第VIII, IX因子共に 内因系凝固因子 なので、 プロトロンビン時間 (PT)正常・ 活性化部分トロンボプラスチン時間 (aPTT)延長を来たす。 治療 [ 編集 ] 欠損している血液凝固因子を体内に注入する因子補充療法が行われる。[ja.wikipedia.org] 【診断】 血友病では 出血時間 や血小板数、 プロトロンビン時間(PT )は正常であるが、 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT) が延長する。確定診断のためにはFVIII(FIX)活性の測定を行い、40%未満の場合に血友病と診断する。鑑別診断として、 フォン・ヴィレブランド病(VWD) と後天性血友病が重要である。[jsth.org]

  • 血友病B

    (APTT)47.3秒(正常26-38秒)と延長し,第IX因子活性は5.6%(正常67-152%)と明らかな低下を認めたのに対し,プロトロンビン時間(PT),PT-INRは正常範囲内であった.繰り返される歯肉出血のため,ガイドラインに基づき第IX因子製剤補充療法を併用し,全身麻酔下に抜歯を施行した.第IX因子活性の目標値を設定し,術直前-術後[eprints.lib.hokudai.ac.jp] 血友病の検査と診断 先天性遺伝性でも後天性でも血友病では血小板の数や機能は正常なので、出血時間正常です。第VIII、IX因子ともに内因系凝固因子なので、プロトロンビン時間(PT)正常、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)延長から疑われます。[tokushukai.or.jp] の約18%である.血友病BはX連鎖劣性遺伝性の先天性凝固障害症で第IX因子活性の低下が認められる.我々は2008年日本血栓止血学会のガイドラインをもとに血友病Bの患者の抜歯を行い,良好な経過を得たのでその概要を報告する.患者は44歳男性,歯肉出血を主訴に当科受診.既往歴に血友病BとC型肝炎を認めた.血液検査では活性化部分トロンボプラスチン時間[eprints.lib.hokudai.ac.jp]

  • 鉄欠乏症

    意義 血小板は正常ではガラスに粘着して出てくる量が減るので、血小板の粘着能を測ることが出来る。 プロトロンビン時間 (PT) プロトロンビン時間は、外因系凝固因子を測る検査。 活性化部分トロンボプラスチン時間 [2] 活性化部分トロンボプラスチン時間は、内因系凝固因子を測る検査。[ja.wikipedia.org]

  • 鉄欠乏性貧血

    意義 血小板は正常ではガラスに粘着して出てくる量が減るので、血小板の粘着能を測ることが出来る。 プロトロンビン時間 (PT) プロトロンビン時間は、外因系凝固因子を測る検査。 活性化部分トロンボプラスチン時間 [2] 活性化部分トロンボプラスチン時間は、内因系凝固因子を測る検査。[ja.wikipedia.org]

  • 血栓症

    ・従来療法群は、少なくとも初期5日間は未分画ヘパリン〔活性化部分トロンボプラスチン時間 (aPTT)が正常対照の1.5-2.5倍で用量調節〕を静脈内投与し、ワルファリンカリウム経口投与との併用下でプロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)が2回連続で1.5以上となった後、ワルファリンカリウム単独投与(目標PT-INR:1.5-2.5)とした[xarelto.jp] 意義 血小板は正常ではガラスに粘着して出てくる量が減るので、血小板の粘着能を測ることが出来る。 プロトロンビン時間 (PT) プロトロンビン時間は、外因系凝固因子を測る検査。 活性化部分トロンボプラスチン時間 [2] 活性化部分トロンボプラスチン時間は、内因系凝固因子を測る検査。[ja.wikipedia.org]

  • 心房性不整脈

    時間 国際標準時) 心房細胞治療薬の選択 心機能正常の場合 第一選択:ジソピラミド、シベンゾリン、ピルメノール、ピルジカイニド、フレカイニド 第二選択:プロカインアミド、キニジン、ベプリジル、ソタコール、プロパフェノン、アプリンジン 心機能軽度低下または 肥大型心筋症の場合 第一選択:プロカインアミド、キニジン 第二選択:ジソピラミド、シベンゾリン[self-medication.ne.jp] 基礎心疾患のない場合 リスクをもつ場合 抗凝血療法を考慮 70才未満:INR2.0 3.0を目標 70才以上:INR1.6 2.6を目標 リスクをもたない場合 60才未満:抗凝血療法は不要 75才以下:抗血小板薬 75才以上:INR1.6 2.6のワルファリン療法 INR(International normalized ratio : プロトロンビン[self-medication.ne.jp]

  • 心房細動

    時間 国際標準時) 心房細胞治療薬の選択 心機能正常の場合 第一選択:ジソピラミド、シベンゾリン、ピルメノール、ピルジカイニド、フレカイニド 第二選択:プロカインアミド、キニジン、ベプリジル、ソタコール、プロパフェノン、アプリンジン 心機能軽度低下または 肥大型心筋症の場合 第一選択:プロカインアミド、キニジン 第二選択:ジソピラミド、シベンゾリン[self-medication.ne.jp] 基礎心疾患のない場合 リスクをもつ場合 抗凝血療法を考慮 70才未満:INR2.0 3.0を目標 70才以上:INR1.6 2.6を目標 リスクをもたない場合 60才未満:抗凝血療法は不要 75才以下:抗血小板薬 75才以上:INR1.6 2.6のワルファリン療法 INR(International normalized ratio : プロトロンビン[self-medication.ne.jp]

  • 深部静脈血栓症

    ・従来療法群は、少なくとも初期5日間は未分画ヘパリン〔活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)が正常対照の1.5 2.5倍で用量調節〕を静脈内投与し、ワルファリンカリウム経口投与との併用下でプロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)が2回連続で1.5以上となった後、 ワルファリンカリウム単独投与(目標PT-INR:1.5 2.5)とした[xarelto.jp]

  • 肺腫瘍塞栓症

    ・従来療法群は、少なくとも初期5日間は未分画ヘパリン〔活性化部分トロンボプラスチン時間 (aPTT)が正常対照の1.5-2.5倍で用量調節〕を静脈内投与し、ワルファリンカリウム経口投与との併用下でプロトロンビン時間国際標準比(PT-INR)が2回連続で1.5以上となった後、ワルファリンカリウム単独投与(目標PT-INR:1.5-2.5)とした[xarelto.jp]

さらなる症状