Create issue ticket

考えれる34県の原因 プロトロンビン時間の延長

  • 肝硬変

    さらに、肝臓で合成される血液凝固因子も減少するために、プロトロンビン時間延長も起きてくる。このように肝臓で合成される血中タンパク質は、総じて低下傾向となるために、血清総タンパク(Serum total protein)も低下傾向となるため、その代償として、γグロブリンが上昇してくることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症
  • 播種性血管内凝固症候群

    プロトロンビン時間 延長 : 凝固因子の消費を反映。ただし、肝不全やビタミンK欠乏症の合併でも延長する。 アンチトロンビン ( antithrombin)活性低下:ただし、急性白血病に合併したDICではほとんど低下することはない。また、肝不全の合併でも低下する。 D-ダイマー ( D-dimer)上昇:微小血栓溶解を反映。[ja.wikipedia.org]

  • 門脈性肝硬変
  • 上腸間膜動脈塞栓症
  • 血友病

    血小板機能は正常なので、出血時間は正常。 第VIII, IX因子共に内因系凝固因子なので、プロトロンビン時間(PT)正常・活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)延長を来たす。 欠損している血液凝固因子を体内に注入する因子補充療法が行われる。現在ではこの補充療法により、健常者とほぼ同じ生活が可能となっている。[ja.wikipedia.org]

  • セリアック病

    セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。欧米での罹患率は1%程度と報告されているが、日本での頻度は不明である。第二次世界大戦中のヨーロッパでグルテン食との関連が指摘され認識が広まった。[…][ja.wikipedia.org]

  • イソニアジド肝炎
  • 急性肝不全
  • 吸収不良症候群

さらなる症状