Create issue ticket

考えれる12県の原因 プリオン病, 周期性複合体

  • クロイツフェルト・ヤコブ病

    日本においては、ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群や致死性家族性不眠症と共にプリオンに分類される。また、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)における「五類感染症」に分類されている。[ja.wikipedia.org] かつてニューギニア島で行われていた葬儀の際の食人(死者の脳を食す)習慣に起因するクールー(WHO国際疾病分類第10版ではA818、病名交換用コードはT284)も類縁疾患に含まれていた。 異常プリオン蛋白質の中枢神経への沈着が原因であるとの仮説が有力である。[ja.wikipedia.org] 病理解剖でないと判別が難しいので、アルツハイマーと診断されているクロイツフェルト・ヤコブ患者の実数は不明である。 孤発性、医原性、遺伝性、変異型に分類される。変異型は異常プリオン蛋白質を含む食肉を摂取したために発症するもので、イギリスに端を発し、世界中で社会問題となった。[ja.wikipedia.org]

  • 人獣共通感染症

    変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 感染症/伝染病/予防接種 感染症/新興感染症/再興感染症/輸入感染症 性感染症 医師/歯科医師/薬剤師/獣医師 感染症専門医/インフェクションコントロールドクター/感染管理看護師/感染制御専門薬剤師/感染制御認定臨床微生物検査技師 国立感染症研究所/アメリカ疾病予防管理センター/世界保健機関/厚生労働省[ja.wikipedia.org] 睡眠病 ― シャーガス病 ― リーシュマニア症 ― アメーバ赤痢 ― クリプトスポリジウム感染症 ―等 人獣共通寄生虫症 エキノコックス症 ― 日本住血吸虫症 ― 肺吸虫症 ― 旋毛虫症 ― 肝吸虫症 ― 肝蛭症 ― アニサキス症 ―等 真菌性人獣共通感染症 クリプトコックス症 ― カンジダ症 ― アスペルギルス症 ― 皮膚真菌症 ― 等 プリオン[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 肝膿瘍

    / 伝達性海綿状脳症 牛海綿状脳症 (BSE)、クールー病、クロイツフェルト・ヤコブ病、致死性家族性不眠症 (FFI)、ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群 (GSS) など 一次感染と二次感染 最初の病原体による感染を一次感染、続いて別の病原体による感染を二次感染という。[ja.wikipedia.org] 重症急性呼吸器症候群 (SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、進行性多巣性白質脳症、水痘・帯状疱疹、単純疱疹、手足口病、デング熱、日本脳炎、伝染性紅斑、伝染性単核球症、天然痘、風疹、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻疹、咽頭結膜熱(プール熱)、マールブルグ出血熱、腎症候性出血熱、ラッサ熱、流行性耳下腺炎、ウエストナイル熱、ヘルパンギーナ、チクングニア熱などプリオン[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • アミロイドーシス

    その他、アルツハイマープリオンにも一部遺伝性のものがあります。[nanbyou.or.jp] そのほかにプリオン蛋白由来のアミロイドが沈着するプリオンなどがある。 ホルモン産出部位でホルモン由来のアミロイドが沈着する。 肺、咽頭、消化管、膀胱、尿管などに限局性で結節性のアミロイド沈着を認める部位がありアミロイドはALである。[ja.wikipedia.org] 一方、限局性アミロイドーシスとしては、アルツハイマー、脳アミロイドアンギオパチー、プリオンなどの脳アミロイドーシスが代表的です。 2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか それぞれの疾患によって異なります。[nanbyou.or.jp]

    不足: 周期性複合体
  • レミエール症候群

    / 伝達性海綿状脳症 牛海綿状脳症 (BSE)、クールー病、クロイツフェルト・ヤコブ病、致死性家族性不眠症 (FFI)、ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群 (GSS) など 一次感染と二次感染 最初の病原体による感染を一次感染、続いて別の病原体による感染を二次感染という。[ja.wikipedia.org] 重症急性呼吸器症候群 (SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、進行性多巣性白質脳症、水痘・帯状疱疹、単純疱疹、手足口病、デング熱、日本脳炎、伝染性紅斑、伝染性単核球症、天然痘、風疹、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻疹、咽頭結膜熱(プール熱)、マールブルグ出血熱、腎症候性出血熱、ラッサ熱、流行性耳下腺炎、ウエストナイル熱、ヘルパンギーナ、チクングニア熱などプリオン[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • プリオン病

    BSE問題 クロイツフェルト・ヤコブ プリオン 肉骨粉 神経学 獣医学 国際獣疫事務局 (OIE) 慢性消耗(倒牛病) 天笠啓祐著『「狂牛病」何が問題か![ja.wikipedia.org] 伝達性海綿状脳症(でんたつせいかいめんじょうのうしょう、Transmissible spongiform encephalopathy、略称TSE)または伝播性海綿状脳症(でんぱせい—)はプリオンの別名。プリオンプリオンびょう)は異常プリオン蛋白の増加による中枢神経疾患(感染症)の総称である。[ja.wikipedia.org] 、小野寺節著『プリオン BSE(牛海綿状脳症)のなぞ』(第2版)、近代出版(東京)、2002年8月 フイリップ・ヤム(Philip Yam)著、長野敬、後藤貞夫訳『狂牛病とプリオン―BSE感染の恐怖』青土社、2006年3月 リチャード・W・レーシー(Richard W.[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • 致死性家族性不眠症

    (医療従事者向け) ヤコブサポート・ネットワーク 全国プリオン患者・家族会 治験情報の検索[nanbyou.or.jp] 抄録 プリオン(伝達性海綿状脳症)は,生前の確定診断法・治療法が確立していない致死性神経変性疾患である.ヒトの場合,1)全体の8 9割を占める孤発性クロイツフェルト・ヤコブ(CJD),2)プリオン蛋白質の遺伝子変異による家族性プリオン,3)病原体プリオンに汚染された医療用具,生物製剤あるいは食物を介した感染を原因とするプリオン,が知[doi.org] 日本においては、ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群や致死性家族性不眠症と共にプリオンに分類される。また、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)における「五類感染症」に分類されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • クールー病

    これらから研究グループは、127V遺伝子多型は、クールーの流行を誘発した病原性の突然変異の結果というよりも、クールーの流行期に選択的に獲得された後天性のプリオン耐性因子であると分析した。[carenet.com] コリンジの研究チームは、遺伝子変異がプリオンを防ぐメカニズムを引き続き研究している。プリオンの治療法が見つかるかもしれない。イギリスでは、2000人に1人がCJDの保因者とみられている(実際に発症するのはその一部)。[newsweekjapan.jp] G127V多型がヘテロ接合のマウスは、パプアニューギニアに見られるヒトの遺伝子型と非常によく似ており、クールーと古典型クロイツフェルト・ヤコブ(CJD)のプリオンに対して抵抗性を示すが、パプアニューギニアの人々が一度も曝露されたことのないウシ海綿状脳症(BSE)由来のCJDバリアントには、ある程度感染した。[natureasia.com]

    不足: 周期性複合体
  • 肝蛭症

    変異型クロイツフェルト・ヤコブ病 感染症/伝染病/予防接種 感染症/新興感染症/再興感染症/輸入感染症 性感染症 医師/歯科医師/薬剤師/獣医師 感染症専門医/インフェクションコントロールドクター/感染管理看護師/感染制御専門薬剤師/感染制御認定臨床微生物検査技師 国立感染症研究所/アメリカ疾病予防管理センター/世界保健機関/厚生労働省[ja.wikipedia.org] 睡眠病 ― シャーガス病 ― リーシュマニア症 ― アメーバ赤痢 ― クリプトスポリジウム感染症 ―等 人獣共通寄生虫症 エキノコックス症 ― 日本住血吸虫症 ― 肺吸虫症 ― 旋毛虫症 ― 肝吸虫症 ― 肝蛭症 ― アニサキス症 ―等 真菌性人獣共通感染症 クリプトコックス症 ― カンジダ症 ― アスペルギルス症 ― 皮膚真菌症 ― 等 プリオン[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体
  • アルツハイマー病

    スピロヘータ、HIVウイルス、プリオンなどによる感染症が認知症の原因となることもあります。 ところで今日、軽度認知障害という用語がアルツハイマーなど認知症の前駆状態を意味する状態という意味で使われるようになっています。その代表がMild Cognitive Impairment(MCI)です。[mhlw.go.jp] シナプス後部でAβの毒性を仲介する受容体としては、プリオン蛋白、α7-ニコチン受容体、代謝型グルタミン酸受容体、NMDA型グルタミン酸受容体があげられている。 アルツハイマー剖検脳で生化学的に測定された可溶性Aβの量がシナプス密度と逆相関し、認知機能障害の程度とよく相関する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 周期性複合体

さらなる症状