Create issue ticket

考えれる48県の原因 ブル細胞

  • 葉酸欠乏性貧血

    ホーム 新着文献 サラゾスルファピリジンによる葉酸欠乏性貧血 薬剤 サラゾスルファピリジン 化学療法剤 副作用 葉酸欠乏性貧血 概要 47歳、女性。15年前にベーチェット病と診断され、プレドニゾロン(PSL)40 mg/日とサラゾスルファピリジン(SASP)2.5 g/日で加療されていた。7年前に、慢性進行型神経ベーチェット病の診断でメトトレキサート(MTX)と葉酸製剤5 mg/日が開始された。その後疾患活動は治まり、1年前にMTXと葉酸製剤が中止され、PSLとSASPのみの加療となった。2年ほど前から原疾患の後遺症による精神症状などから食事摂取量が低下し、10[…][imic.or.jp]

  • 微小血管症性溶血性貧血
  • 非ホジキンリンパ腫

    キナーゼ阻害薬療法は特定の蛋白を阻害することで、リンパ腫細胞の増殖を阻止して殺傷できる可能性があります。ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬療法の一種である イブルチニブ は、リンパ形質細胞性リンパ腫とマントル細胞リンパ腫の治療に用いられます。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 緑内障

    自動視野検査 [ オクトパス自動視野計311 ] (静的視野)視野検査 当院では通常の視野検査に加え、ブルーオンイエロー(黄色いスクリーンに青い光を出す)視野検査を導入しております。これは、「青色を感じる細胞から障害を受けることが多い」緑内障の特性を利用した視野検査で、従来の視野検査に比べ、より早期に緑内障を発見できると言われています。[smile-eye.com]

  • 手掌膿瘍

    )症候群(老人性〈日光性〉面皰)/日光または紫外線黒子(光線性花弁状色素斑,PUVA黒子)/Peutz-Jeghers(ポイツ・イェガース)症候群/基底細胞母斑症候群(母斑性基底細胞癌症候群)/肥満細胞症/汎発性黒子症(レオパード症候群)/Leser-Trelat(レーザー・トレラー)症候群(多発性発疹状脂漏性角化症)/リンパ管腫/単純性疱疹[kanehara-shuppan.co.jp] 若年性黄色肉芽腫(母斑性黄色内皮腫)/掌蹠膿疱症/稽留性肢端皮膚炎(Hallopeau化膿性稽留性肢端皮膚炎)/Celsus(ケルスス)禿瘡/膿瘍性穿掘性頭部毛包周囲炎/色素性乾皮症/Becker(ベッカー)母斑/軟性線維腫(アクロコルドン:有茎性軟腫)/青年性扁平疣贅(扁平疣贅)/Bowen(ボーエン)様丘疹症/Favre-Racouchot(ファーブル・ラクーショー[kanehara-shuppan.co.jp]

  • 膵腫瘍

    共培養チャンバーアッセイでは、マクロファージにおけるこのような作用はB細胞ブルトンチロシンキナーゼ(BTK)の活性化によって放出されるB細胞由来分子によって媒介されることが示された。[cosmobio.co.jp]

  • 低眼圧緑内障

    自動視野検査 [ オクトパス自動視野計311 ] (静的視野)視野検査 当院では通常の視野検査に加え、ブルーオンイエロー(黄色いスクリーンに青い光を出す)視野検査を導入しております。これは、「青色を感じる細胞から障害を受けることが多い」緑内障の特性を利用した視野検査で、従来の視野検査に比べ、より早期に緑内障を発見できると言われています。[smile-eye.com]

  • 慢性リンパ性白血病

    イムブルビカは昨年発売された薬で、ブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤という薬剤の種類です。内服薬で、保険適応は慢性リンパ性白血病(CLL)とマントル細胞リンパ腫(MCL)に通っています。[sk-blood.com] BTK(ブルトンチロシンキナーゼ)は、CLL細胞のリンパ節への遊走、増殖に関与する重要な分子であることが明らかにされ、イブルチニブなどBTKの働きを抑えるBTK阻害薬の開発が進んできた。[medical.nikkeibp.co.jp] イムブルビカ について イムブルビカ は、1日1回経口投与の新しい作用機序を有するブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤です。BTKは、B細胞の成熟と生存を制御する細胞内シグナル伝達に関与する重要なタンパク質で、本剤は、 このBTKを標的にすることで腫瘍細胞の生存シグナルを阻害し、増殖を抑制します。[prtimes.jp]

  • 偏向発作

    表1は、 細胞剛性測定のために推奨されるAFMプローブのリストを提供します。[jove.com] モデル バネ定数(N / m)の チップタイプ 先端半径(NM) ブルカーDNP10-D 0.06 ピラミッド 20 ブルカーMLCT-B/C/E 0.01/0.02/0.03 ピラミッド 20 Novascan PT.GS 0.01/0.03/0.06 ガラス球 2,000 / 5,000 / 10,000 Novascan PT.PS[jove.com]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    BTK(ブルトンチロシンキナーゼ)は、CLL細胞のリンパ節への遊走、増殖に関与する重要な分子であることが明らかにされ、イブルチニブなどBTKの働きを抑えるBTK阻害薬の開発が進んできた。[medical.nikkeibp.co.jp] イムブルビカ について イムブルビカ は、1日1回経口投与の新しい作用機序を有するブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤です。BTKは、B細胞の成熟と生存を制御する細胞内シグナル伝達に関与する重要なタンパク質で、本剤は、 このBTKを標的にすることで腫瘍細胞の生存シグナルを阻害し、増殖を抑制します。[janssen.com]

さらなる症状