Create issue ticket

考えれる13県の原因 ブルセラ症

  • 緑膿菌

    (2001年第9号) 百日咳 (2003年第36号) ブドウ球菌食中毒 (2001年第13号) プレジオモナス・シゲロイデス感染 (2001年第2号) ブルセラ (2002年第10号) 風疹 (2001年第29号) ペスト (2001年第51号) ペニシリン耐性肺炎球菌感染症 (2000年第32号) 発疹チフス (2005年第9号) ヘルパンギーナ[idsc.nih.go.jp] 49号) 破傷風 (2002年第15号) ハンタウイルス肺症候群 (2003年第26号) ハンセン病 (2011年第13号) バンコマイシン耐性腸球菌感染症 (2002年第16号) Bウイルス病 (2000年第41-42号) B型肝炎 (2004年第15号) ヒストプラスマ症 (2003年第25号) ビブリオ・フルビアリス/ファーニシ感染[idsc.nih.go.jp]

  • 慢性疲労症候群

    州立ワシントン大学に著作権のある音源と、個人所有の写真を許可なく無断で使用し、 Youtube を使って嫌がらせをしたグループへ告ぐ。 2度までは、個人的な通報で穏便に済ませたが、 3度目は、同大学の法務に連絡をとり、法的アクションを起こすことを理解してほしい(著作権侵害) このサイトは、沢山の”命”のために「真実」を伝える目的、 および、慢性疲労症候群(15歳発症)から他の自己免疫疾患を発症するも治療法がなく (再発性多発性軟骨炎・ベーチェット病、前者は希少疾患) ---生物製剤は1%未満の重篤な副作用で使えず、殆ど全ての免疫抑制剤に深刻な副作用が出るため使用できない---[…][cocurej.web.fc2.com]

  • 人獣共通感染症

    ブルセラ、カンジダ症、サルモネラ症、カンピロバクター症、ブドウ球菌症など サイクロズーノーシス(cyclo-zoonosis) 病原体の感染環の成立のために複数の脊椎動物を必要とする。[ja.wikipedia.org] 肝蛭症、ダニ麻痺症など 細菌性人獣共通感染症 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ ― サルモネラ ― リステリア ― カンピロバクター ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌感染 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ ―等[ja.wikipedia.org] Anthropozoonoses - 動物からヒトへと伝播する人獣共通感染症 Zooanthroponoses - ヒトから動物へと伝播する人獣共通感染症 Amphixenoses - ヒトと動物の双方に伝播する人獣共通感染 狂犬病、炭疽、ペスト、オウム病、腎症候性出血熱、結核、腸管出血性大腸菌感染、細菌性赤痢、アメーバ赤痢、旋毛虫(トリヒナ[ja.wikipedia.org]

  • ベル麻痺

    例えば腫瘍、髄膜炎、脳卒中、糖尿病、頭部外傷、他の脳神経の炎症を起こす疾患(サルコイドーシスやブルセラなど)などである。しかしこういった疾患では、神経症学的所見が顔面神経に限定されることはまれである。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜炎

    眼科検査によってブドウ膜炎(Vogt-小柳-原田病、サルコイドーシス、中枢神経系リンパ腫)、乾燥性角結膜炎(シェーグレン症候群)、虹彩毛様体炎(ベーチェット病)、水頭による視力低下なども評価できる。口腔内アフタ、陰部潰瘍、前房蓄膿はベーチェット病を示唆する。肝脾腫はリンパ腫、サルコイドーシス、結核、ブルセラを示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • ブルセラ症

    動物のブルセラ対策が行き届いた結果、多くの工業国ではヒトのブルセラも減少した。これは、ヒトのブルセラの発生が保菌動物の存在に依存していることを示している。 ブルセラ属菌は敵国の兵士や住民に罹患させて能力を低下させる生物兵器としても研究・培養された。アメリカは1942年、ソ連は1978年に兵器化を実現した。[ja.wikipedia.org] 平成11(1999)年4月以降、感染法の4類感染としてのブルセラの届け出はこの時まで全国において0件である日本では珍しい感染であることも紹介されていました( ブルセラの届出基準はこちらのページから )。当分の間、休園するとのことでした。[city.yokohama.lg.jp] ブルセラブルセラしょう、brucellosis、あるいはブルセラ病)とは、ブルセラ属(Brucella) の細菌に感染して起こる人獣共通感染。日本においては家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病、感染症法における四類感染症に指定されている。診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出る。[ja.wikipedia.org]

  • 炭疽症

    - オーエスキー病 - ブルータング - ブルセラ - クリミア・コンゴ出血熱 - エキノコックス症 - 口蹄疫 - 心水病 - 日本脳炎 - レプトスピラ症 - 新世界ラセンウジバエ - 旧世界ラセンウジバエ - ヨーネ病 - Q熱 - 狂犬病 - リフトバレー熱 - 牛疫 - 旋毛虫症 - 野兎病 - 水胞性口炎 - 西ナイル熱 ウシ[ja.wikipedia.org] 日本紅斑熱 日本脳炎 ハンタウイルス Bウイルス病 鼻疽 ブルセラ ベネズエラウマ脳炎 ヘンドラウイルス感染症 発しんチフス ボツリヌス症 マラリア 野兎病 ライム病 リッサウイルス感染症 リフトバレー熱 類鼻疽 レジオネラ症 レプトスピラ症 ロッキー山紅斑熱 五類感染症 アメーバ赤痢 ウイルス性肝炎 (E型肝炎及びA型肝炎を除く) 急性脳炎[ja.wikipedia.org] - 出血性敗血症 - ブルセラ - 結核病 - ヨーネ病 - ピロプラズマ症 - アナプラズマ病 - 牛海綿状脳症 - 鼻疽 - 馬伝染性貧血 - アフリカ馬疫 - 豚コレラ - アフリカ豚コレラ - 豚水胞病 - 家きんコレラ - 高病原性鳥インフルエンザ - ニューカッスル病 - 家きんサルモネラ感染症 - 腐蛆病 届出伝染病 ブルータング[ja.wikipedia.org]

  • 肝蛭症

    ブルセラ、カンジダ症、サルモネラ症、カンピロバクター症、ブドウ球菌症など サイクロズーノーシス(cyclo-zoonosis) 病原体の感染環の成立のために複数の脊椎動物を必要とする。[ja.wikipedia.org] 肝蛭症、ダニ麻痺症など 細菌性人獣共通感染症 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ ― サルモネラ ― リステリア ― カンピロバクター ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌感染 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ ―等[ja.wikipedia.org] Anthropozoonoses - 動物からヒトへと伝播する人獣共通感染症 Zooanthroponoses - ヒトから動物へと伝播する人獣共通感染症 Amphixenoses - ヒトと動物の双方に伝播する人獣共通感染 狂犬病、炭疽、ペスト、オウム病、腎症候性出血熱、結核、腸管出血性大腸菌感染、細菌性赤痢、アメーバ赤痢、旋毛虫(トリヒナ[ja.wikipedia.org]

  • 脳膿瘍

    眼科検査によってブドウ膜炎(Vogt-小柳-原田病、サルコイドーシス、中枢神経系リンパ腫)、乾燥性角結膜炎(シェーグレン症候群)、虹彩毛様体炎(ベーチェット病)、水頭による視力低下なども評価できる。口腔内アフタ、陰部潰瘍、前房蓄膿はベーチェット病を示唆する。肝脾腫はリンパ腫、サルコイドーシス、結核、ブルセラを示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • フォルトブラッグ熱

    狂犬病 高病原性鳥インフルエンザ ウエストナイル熱(脳炎) 重症急性呼吸器症候群(SARS) パスツレラ 猫ひっかき病 ブルセラ病 レプトスピラ 真菌感染症 エキノコックス症 回虫症 ツツガムシ病 オウム病 Q熱 疥癬(かいせん) カンピロバクター症 クリプトスポリジウム症 野兎病 サルモネラ症 土壌病(炭疽、破傷風) トキソプラズマ症[cpvma.com]

さらなる症状