Create issue ticket

考えれる60県の原因 ブラウン・セカール症候群

  • 前脊髄動脈症候群

    また、脊髄の片側だけが障害され、片側の下肢の運動麻痺と反対側の下肢の温度覚・痛覚、触覚の低下が組み合わさって起こることがあり、これをブラウンカール症候といいます。いずれの場合も、損なわれた脊髄の部位に強い痛みを伴います。 脊髄出血では、強い背部痛とともに脊髄が損なわれたことによる四肢または下肢の麻痺や感覚障害が突然起こります。[yomidr.yomiuri.co.jp] ブラウンカール症候 は脊髄以外に考えられない特異的な症状である。しかし感覚障害と運動障害が同側にみられる脊髄障害もありえる。 膀胱直腸障害 ほとんどの例で必発である。 代表的な脊髄症候群 [ 編集 ] 脊髄病変はその高位と横断面の広がりによって障害パターンが異なり、脊髄症候群としてまとめられている。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    吉良 潤一 九州大学 大学院医学研究院 神経内科学 DOI: 10.14931/bsd.3696 原稿受付日:2013年4月15日 原稿完成日:2014年2月21日 担当編集委員: 漆谷 真 (滋賀医科大学 医学部 神経内科) 英語名:multiple sclerosis 英略名:MS 独:Multiple Sklerose 仏:sclérose en plaques 多発性硬化症は、時間的・空間的に多発する 中枢神経系 特異的な非化膿性炎症性 脱髄性疾患 である。中枢神経系の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患[…][bsd.neuroinf.jp]

  • 脊髄梗塞

    ブラウンカール症候 は脊髄以外に考えられない特異的な症状である。しかし感覚障害と運動障害が同側にみられる脊髄障害もありえる。 膀胱直腸障害 ほとんどの例で必発である。 代表的な脊髄症候群 [ 編集 ] 脊髄病変はその高位と横断面の広がりによって障害パターンが異なり、脊髄症候群としてまとめられている。[ja.wikipedia.org]

  • 片側不全麻痺

    ブラウンカール症候にみられる乖離性感覚障害 脊髄の横断面の半分が障害されて生じる ブラウンカール症候 は解離性感覚障害のよく知られた例である。病変側の反対側の後索が障害されて、その側の深部感覚が障害されるとともに、反対側の温痛覚を伝導する脊髄視床路が障害されて、病変の反対側の温痛覚が障害される。[ja.wikipedia.org] ブラウンカール症候(あるレベル以下の片側表在感覚と反対側の深部感覚障害) ブラウンカール症候 は脊髄の半切病変によって生じる。病変の高さで全帯状の感覚障害がみられ、その直上に感覚過敏帯がみられる。病変より下方の同側半身にいわゆる深部感覚鈍麻を、反対側半身に表在感覚鈍麻をきたす。病変の広がりでいろいろな病型がある。[ja.wikipedia.org] ブラウンカール症候は外傷など脊髄髄外病変で典型的に生じるが、不全型も含めれば多くの脊髄疾患で生じる。 病変拡大に伴う乖離性感覚障害の推移 病変が拡大することにより病変分布が推移する。それが乖離性の感覚障害の時、病変の性質を示唆する。代表例としてはFoix-Alajouanine病(亜急性壊死性脊髄炎)などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄転移

    注記[…][iss.ndl.go.jp]

  • ブラウン・セカール症候群

    ブラウンカール症候 ( 英 : Brown–Séquard syndrome )あるいは 脊髄半側切断症候群 とは、 脊髄 のある部位の半側が障害されたときに障害部位以下でおこる 運動麻痺 や感覚麻痺などの症状をいう。[ja.wikipedia.org] 脊損には様々なタイプがあり、その中に”ブラウンカール症候”と呼ばれる変わった名称のものが存在します。 脊損と言えば、四肢麻痺(首から下の手足が動かない)、下半身麻痺(下半身が動かない)を思い浮かべがちですが、救命士を目指す者にとってこのブラウンカール症候を忘れることはできません。[ameblo.jp] 抄録 【はじめに】 ブラウンカール症候(BSS)と中心性頚髄損傷(CCS)単独の予後及び運動療法介入の効果に関する報告は多いが、合併例に関しての報告は少ない。今回BSSとCCSを合併した症例を経験し、予後を含めた運動療法介入の効果の検討を行った。尚、本人に口頭・紙面で説明し同意を得た。 【症例紹介】 60歳代後半男性。[jstage.jst.go.jp]

  • 麻痺

    ブラウンカール症候にみられる乖離性感覚障害脊髄の横断面の半分が障害されて生じるブラウンカール症候は解離性感覚障害のよく知られた例である。病変側の反対側の後索が障害されて、その側の深部感覚が障害されるとともに、反対側の温痛覚を伝導する脊髄視床路が障害されて、病変の反対側の温痛覚が障害される。[ja.wikipedia.org] ブラウンカール症候にみられる乖離性感覚障害 脊髄の横断面の半分が障害されて生じる ブラウンカール症候 は解離性感覚障害のよく知られた例である。病変側の反対側の後索が障害されて、その側の深部感覚が障害されるとともに、反対側の温痛覚を伝導する脊髄視床路が障害されて、病変の反対側の温痛覚が障害される。[ja.wikipedia.org] ブラウンカール症候(あるレベル以下の片側表在感覚と反対側の深部感覚障害)ブラウンカール症候は脊髄の半切病変によって生じる。病変の高さで全帯状の感覚障害がみられ、その直上に感覚過敏帯がみられる。病変より下方の同側半身にいわゆる深部感覚鈍麻を、反対側半身に表在感覚鈍麻をきたす。病変の広がりでいろいろな病型がある。[ja.wikipedia.org]

  • 不全対麻痺

    延髄麻痺 頚髄横断障害 脊髄麻痺 頚髄不全麻痺 頚髄麻痺 ブラウンカール症候 トッド麻痺 脊髄不全麻痺 ジャクソン症候群 胸髄麻痺 胸椎横断麻痺 脊髄横断障害 脊髄横断不全麻痺 脊髄性片麻痺 麻痺性症候群,詳細不明 運動麻痺 弛緩性麻痺 不全麻痺 痙性麻痺 完全麻痺[scuel.me] 少な くとも半分以上が筋力3以上  E 正常:運動'知覚ともに正常 臨床症候  中心脊髄症候  ブラウンカール症候  前脊髄症候群  脊髄円錐症候群  馬尾症候群 * ASIA機能障害尺度と臨床症候群はMaynard FM etal 1997 Figure5に拠る。[jscf.org] 片麻痺 交代性片麻痺 一過性片麻痺 下交叉性片麻痺 純粋運動性片麻痺 同側性片麻痺 不全片麻痺 対麻痺および四肢麻痺 弛緩性対麻痺 痙性対麻痺 屈曲性対麻痺 対麻痺 不全対麻痺 弛緩性四肢麻痺 痙性四肢麻痺 四肢不全麻痺 四肢麻痺 脊髄中心症候群 下肢の単麻痺 下肢弛緩性麻痺 下肢不全麻痺 下肢麻痺 下肢単麻痺 その他の明示された麻痺性症候[scuel.me]

  • 横断性脊髄炎

    なお,脊髄の半側だけの横断性損傷によるものは,ブラウン カール症候という。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 Yahoo!辞書 コトバンクは、Yahoo!辞書と技術提携しています。 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。[kotobank.jp] ブラウンカール症候(あるレベル以下の片側表在感覚と反対側の深部感覚障害) ブラウンカール症候 は脊髄の半切病変によって生じる。病変の高さで全帯状の感覚障害がみられ、その直上に感覚過敏帯がみられる。病変より下方の同側半身にいわゆる深部感覚鈍麻を、反対側半身に表在感覚鈍麻をきたす。病変の広がりでいろいろな病型がある。[ja.wikipedia.org]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    ブラウンカール症候にみられる乖離性感覚障害 脊髄の横断面の半分が障害されて生じる ブラウンカール症候 は解離性感覚障害のよく知られた例である。病変側の反対側の後索が障害されて、その側の深部感覚が障害されるとともに、反対側の温痛覚を伝導する脊髄視床路が障害されて、病変の反対側の温痛覚が障害される。[ja.wikipedia.org] ブラウンカール症候(あるレベル以下の片側表在感覚と反対側の深部感覚障害) ブラウンカール症候 は脊髄の半切病変によって生じる。病変の高さで全帯状の感覚障害がみられ、その直上に感覚過敏帯がみられる。病変より下方の同側半身にいわゆる深部感覚鈍麻を、反対側半身に表在感覚鈍麻をきたす。病変の広がりでいろいろな病型がある。[ja.wikipedia.org] ブラウンカール症候は外傷など脊髄髄外病変で典型的に生じるが、不全型も含めれば多くの脊髄疾患で生じる。 病変拡大に伴う乖離性感覚障害の推移 病変が拡大することにより病変分布が推移する。それが乖離性の感覚障害の時、病変の性質を示唆する。代表例としてはFoix-Alajouanine病(亜急性壊死性脊髄炎)などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状