Create issue ticket

考えれる5県の原因 ブラウン・セカール症候群

  • 多発性硬化症

    多発性硬化症(たはつせいこうかしょう、英: multiple sclerosis; MS)とは中枢性脱髄疾患の一つで、神経のミエリン鞘が破壊され脳、脊髄、視神経などに病変が起こり、多様な神経症状が再発と寛解を繰り返す疾患で、日本では特定疾患に認定されている指定難病である。 病名は、神経を包む組織(ミエリン鞘)が破壊されて生じる硬化が多数の領域で発生することに由来している。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊髄転移
  • ブラウン・セカール症候群

    ブラウンカール症候 ( 英 : Brown–Séquard syndrome )あるいは 脊髄半側切断症候群 とは、 脊髄 のある部位の半側が障害されたときに障害部位以下でおこる 運動麻痺 や感覚麻痺などの症状をいう。[ja.wikipedia.org] シャルル・エドゥアール・ブラウンカール - ブラウンカール症候の発見 アンリ・ブラコノー - キチンやグリシンの単離、ニトロセルロースの合成 ジェームス・ブラック - 薬物療法における重要な原理の発見 エリザベス・H・ブラックバーン - テロメア、テロメラーゼの発見。[ja.wikipedia.org] テオドール・ビルロート - ビルロート法の考案 チャールズ・フランクリン・フーバー - フーバー徴候の発見 チャールズ・エドアルド・ブラウンカール - ブラウンカール症候の発見 ロバート・ファーチゴット - 循環器系における情報伝達物質としての一酸化窒素の発見。 ジャン・アンリ・ファーブル - 昆虫学、『昆虫記』。[ja.wikipedia.org]

  • 麻痺

    ブラウンカール症候にみられる乖離性感覚障害脊髄の横断面の半分が障害されて生じるブラウンカール症候は解離性感覚障害のよく知られた例である。病変側の反対側の後索が障害されて、その側の深部感覚が障害されるとともに、反対側の温痛覚を伝導する脊髄視床路が障害されて、病変の反対側の温痛覚が障害される。[ja.wikipedia.org] ブラウンカール症候(あるレベル以下の片側表在感覚と反対側の深部感覚障害)ブラウンカール症候は脊髄の半切病変によって生じる。病変の高さで全帯状の感覚障害がみられ、その直上に感覚過敏帯がみられる。病変より下方の同側半身にいわゆる深部感覚鈍麻を、反対側半身に表在感覚鈍麻をきたす。病変の広がりでいろいろな病型がある。[ja.wikipedia.org] ブラウンカール症候は外傷など脊髄髄外病変で典型的に生じるが、不全型も含めれば多くの脊髄疾患で生じる。 病変拡大に伴う乖離性感覚障害の推移病変が拡大することにより病変分布が推移する。それが乖離性の感覚障害の時、病変の性質を示唆する。代表例としてはFoix-Alajouanine病(亜急性壊死性脊髄炎)などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 顎口虫症

    顎口虫症(がくこうちゅうしょう、英:Gnathostomiasis)はヒトが顎口虫の幼虫が寄生したライギョ・ソウギョなどの中間宿主を生食することにより感染する疾病。顎口虫は本来終宿主であるイヌやネコ、ブタなどの哺乳動物の胃壁などで成虫となるが、人の体内においては成虫になることができず、幼虫のまま皮下を移動し続け移動性の浮腫などの症状を引き起こす。まれに腸管出血、腸閉塞、血管中を移動し心筋梗塞などが報告される。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状