Create issue ticket

考えれる14県の原因 ブドウ球菌髄膜炎

  • 急性副鼻腔炎
  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性腹膜炎
  • 右心系心内膜炎
  • ブドウ球菌性肺炎
  • 髄膜炎

    特に細菌性では20 40%で痙攣が認められる。 皮膚 菌、肺炎球菌ブドウ球菌などので皮疹が認められる。髄膜炎菌の広汎性斑状丘疹が有名である。また軽く触っただけで痛がるという皮膚の痛覚閾値の低下が認められることもある。 リンパ節腫脹や粘膜疹 ウイルス感染に伴って出現する。[ja.wikipedia.org] その他の可能性としては腫瘍が破裂して内容物が脳脊髄液中に漏出することによっておこる化学性髄膜炎、薬物誘発性過敏性髄膜炎、癌性またはリンパ腫性髄膜炎、炎症性疾患(サルコイドーシス、全身性エリテマトーデス、ベーチェット病)に関連した髄膜炎、下垂体卒中、ブドウ症候群(Vogt-小柳-原田症候群)に合併する髄膜炎などがある。[ja.wikipedia.org] 予後はインフルエンザ菌、髄膜炎菌、B型連鎖球菌によつ髄膜炎菌の死亡率は3 7%でありリステリア菌では15%、肺炎球菌では20%である。生存者の約25%に中等度から重度の後遺症が残る。その発生率は原因菌によってことなるが知能の低下、記憶障害、痙攣発作、聴力低下、めまい感、歩行障害などである。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌性髄膜炎

    細胞数1000/μl以上の高度ののみで検討すると項部硬直の感度および陰性的中度は100%であった。 皮疹菌、肺炎球菌ブドウ球菌などので認められる。髄膜炎菌の広汎性斑状丘疹が有名である。 脳神経麻痺や神経局所症状最も多い神経局所徴候は片麻痺や注視障害、脳神経障害である。[ja.wikipedia.org]

  • 肝膿瘍

    インプラント周囲など 真正細菌感染症 レンサ球菌(A群β溶連菌、肺炎球菌など)、黄色ブドウ球菌(MSSA、MRSA)、表皮ブドウ球菌、腸球菌、リステリア、菌、淋菌、病原性大腸菌(O157:H7など)、クレブシエラ(肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ[ja.wikipedia.org] 肝周囲炎など 泌尿器 腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、膣炎、骨盤内感染症など 皮膚 蜂窩織炎、脂肪織炎、ガス壊疽、せつ、よう、伝染性膿痂疹(とびひ)、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、帯状疱疹、水痘、麻疹、風疹、皮膚白癬、疥癬など 関節、筋肉、骨 感染性関節炎、骨髄炎、筋膜炎、筋炎、脊椎カリエスなど リンパ節 リンパ節炎 口腔 歯周炎、齲蝕、根尖性歯周[ja.wikipedia.org]

  • レミエール症候群

    インプラント周囲など 真正細菌感染症 レンサ球菌(A群β溶連菌、肺炎球菌など)、黄色ブドウ球菌(MSSA、MRSA)、表皮ブドウ球菌、腸球菌、リステリア、菌、淋菌、病原性大腸菌(O157:H7など)、クレブシエラ(肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ[ja.wikipedia.org] 肝周囲炎など 泌尿器 腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、膣炎、骨盤内感染症など 皮膚 蜂窩織炎、脂肪織炎、ガス壊疽、せつ、よう、伝染性膿痂疹(とびひ)、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、帯状疱疹、水痘、麻疹、風疹、皮膚白癬、疥癬など 関節、筋肉、骨 感染性関節炎、骨髄炎、筋膜炎、筋炎、脊椎カリエスなど リンパ節 リンパ節炎 口腔 歯周炎、齲蝕、根尖性歯周[ja.wikipedia.org]

  • 黄色ブドウ球菌髄膜炎

さらなる症状