Create issue ticket

考えれる151県の原因 ブドウ球菌敗血症

  • 販売名和名 : コタロー腸癰湯エキス細粒 規格単位 : 1g 日本標準商品分類番号 : 875200 承認番号 : (61AM)3967 薬価基準収載年月 : 1986年10月 販売開始年月 : 1986年10月 貯法及び期限等 貯法 : 室温保存 使用期限 : 容器・外箱に記載の使用期限内に使用してください。 注意 : 取扱い上の注意の項参照 商品番号 N320 規格単位毎の組成と性状 組成 本剤6.0g中 日局 ヨクイニン 9.0g 日局 トウガシ 6.0g 日局 トウニン 5.0g 日局 ボタンピ 4.0g 上記の混合生薬より抽出した腸癰湯の水製乾燥エキス3.7gを含有する。[…][kegg.jp]

  • 黄色ブドウ球菌感染症

    感染症 病原菌 中枢神経系感染症 髄膜炎 肺炎球菌、インフルエンザ菌、髄膜炎菌、 リステリア菌、B群溶血レンサ球菌 循環器感染症 敗血症 大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌 心内膜炎 緑色レンサ球菌 呼吸器感染症 結核 結核菌 ジフテリア ジフテリア菌 百日咳 百日咳菌 咽頭炎 A群溶血レンサ球菌 肺炎 肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌[chuo.kcho.jp] メチシリンなどのペニシリン剤をはじめとして、β-ラクタム剤、アミノ配糖体剤、マクロライド剤などの多くの薬剤に対し多剤耐性を示す黄色ブドウ球菌による感染症である。[pref.okayama.jp] しかし、新生児や高齢者、術後間もない抵抗力が弱い人が感染した場合、 肺炎や腸炎、髄膜炎敗血症などに陥って死亡する事がある。 MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に関連する用語 黄色ブドウ球菌 MRSE(メチシリン耐性表皮ブドウ球菌) 関連情報[zeomic.co.jp]

  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症

    【適応菌種】 アルベカシンに感性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) 【適応症】 敗血症、肺炎 【用法・用量】 (成人への投与) 通常、成人にはアルベカシン硫酸塩として、1日1回150 200mg(力価)を30分 2時間かけて点滴静注する。必要に応じ、1日150 200mg (力価)を2回に分けて点滴静注することもできる。[meiji-seika-pharma.co.jp] 変異によりメチシリンなどの抗生物質に対する耐性を獲得した黄色ブドウ球菌。化膿性疾患・肺炎・敗血症などを起こし、院内感染の原因となる。[kotobank.jp] メチシリンなどのペニシリン剤をはじめとして、β-ラクタム剤、アミノ配糖体剤、マクロライド剤などの多くの薬剤に対し多剤耐性を示す黄色ブドウ球菌による感染症である。[pref.okayama.jp]

  • ブドウ球菌敗血症

    保存 キャンセル 黄色ブドウ球菌敗血症が25件で重症敗血症として認められ、6件は健常児童で、また19件は併存疾患を有する児童で見つかった。 アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、 ログイン するか、またはsmartmed にご登録ください。[smartmed.jp] 抄録 1973年から1984年の間に, 東京都養育院付属病院で経験された老年者における黄色ブドウ球菌 (黄色ブ菌) 敗血症93例について, 臨床的検討を行なった.[jstage.jst.go.jp] 1 ICD10分類 A00-B99 感染症及び寄生虫症 A30-A49 その他の細菌性疾患 A41 その他の敗血症 A41.0 黄色ブドウ球菌による敗血症 トップページに戻る[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 毒素性ショック症候

    ・ 肺炎 (黄色ブドウ球菌性肺炎のページにリンク) 、乳腺炎、 扁桃周囲膿瘍、化膿性リンパ節炎、化膿性耳下腺炎、膿胸、心内膜炎、敗血症 など。 ・ ブドウ球菌性食中毒 : 汚染された食品中で産生された黄色ブドウ球菌毒素(エンテロトキシン)は熱や消化酵素に対して耐性で、腸管より吸収され中枢神経に作用する。[nsknet.or.jp] )早期 毒素性ショック症候群(黄色ブドウ球菌感染症) アナフィラキシー(激烈型アレルギー反応) 神経原性(脊髄損傷など) 内分泌性(副腎機能低下症、甲状腺機能低下症) 薬物中毒・副作用 症状 ショックでは、脳や腎臓などの重要臓器への血液の流れが不足することにより、全身性に様々な症状を呈します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 黄色ブドウ球菌(おうしょくブドウきゅうきん、Staphylococcus aureus)とは、ヒトや動物の皮膚、消化管(腸)常在菌(腸内細菌)であるブドウ球菌の一つ。 ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎レンサ球菌

    【研究の目的】 肺炎球菌・レンサ球菌・黄色ブドウ球菌による重症敗血症の疫学調査と細菌解析を行い、その病態生理と臓器不全発症機序を明確にすることにより診療に役立てます。[shiga-med.ac.jp] ・レンサ球菌・黄色ブドウ球菌による重症敗血症 評価 主要アウトカム評価 肺炎球菌、レンサ球菌、黄色ブドウ球菌による重症敗血症の疫学(病院死亡率) 副次アウトカム評価 1.分子疫学 2.[rctportal.niph.go.jp] 感染症 病原菌 中枢神経系感染症 髄膜炎 肺炎球菌、インフルエンザ菌、髄膜炎菌、 リステリア菌、B群溶血レンサ球菌 循環器感染症 敗血症 大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌 心内膜炎 緑色レンサ球菌 呼吸器感染症 結核 結核菌 ジフテリア ジフテリア菌 百日咳 百日咳菌 咽頭炎 A群溶血レンサ球菌 肺炎 肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌[chuo.kcho.jp]

  • 緑膿菌敗血症

    そのうち、グラム陰性桿菌では緑膿菌による敗血症が最も死亡率が高く29.5%、グラム陽性球菌では黄色ブドウ球菌による敗血症が多く30.9%となっています( Variations in organism-specific severe sepsis mortality in the United States: 1999-2008, Crit[medicalnote.jp] 感染症 病原菌 中枢神経系感染症 髄膜炎 肺炎球菌、インフルエンザ菌、髄膜炎菌、 リステリア菌、B群溶血レンサ球菌 循環器感染症 敗血症 大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌 心内膜炎 緑色レンサ球菌 呼吸器感染症 結核 結核菌 ジフテリア ジフテリア菌 百日咳 百日咳菌 咽頭炎 A群溶血レンサ球菌 肺炎 肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌[chuo.kcho.jp] 肺炎や尿路感染症、敗血症などを引き起こします。 黄色ブドウ球菌(食中毒、肺炎など) 出典: Wikipedia 髪の毛や皮膚、鼻の粘膜、傷などで比較的よく見られる菌。肺炎、敗血症などを引き起こします。 アスペルギルス(アスペルギルス症) 空気中やほこりの中などに存在しているカビ(真菌)のなかま。[yamahack.com]

  • 黄色ブドウ球菌

    メチシリンなどのペニシリン剤をはじめとして、β-ラクタム剤、アミノ配糖体剤、マクロライド剤などの多くの薬剤に対し多剤耐性を示す黄色ブドウ球菌による感染症である。[pref.okayama.jp] 黄色ブドウ球菌(おうしょくブドウきゅうきん、Staphylococcus aureus)とは、ヒトや動物の皮膚、消化管(腸)常在菌(腸内細菌)であるブドウ球菌の一つ。 ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。[ja.wikipedia.org] 一般的な黄色ブドウ球菌による感染と同じです。皮膚の切創や刺創などに伴う化膿、毛嚢炎などの皮膚組織の炎症から、肺炎、腹膜炎、敗血症、髄膜炎などに至るまで様々な症状があります。 効果のある抗菌薬を調べ、その抗菌薬を用いて治療します。各種の抗菌薬に抵抗性を示すため、治療が難渋し重症化する事があります。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]

  • ウイルス性発疹

    A410 黄色ブドウ球菌敗血症 A412 MRSA A418 敗血症NOS A429 放線菌症 A480 ガス壊疸 A498 細菌性疾患NOS A509 先天性梅毒 A520 心血管系梅毒 A523 神経系梅毒 A539 後天性梅毒NOS A698 スピロヘータ感染症NOS A749 クラミジア感染症 A753 つつが虫病 A819 神経[pathology.or.jp] 球菌性 やけど症候群 外来受診 出血斑 (全身のあちこちにでる) 顔色が悪い 敗血症、白血病など 至急受診 なし 全身、地図状。[yamauchi-iin.com] 神経系結核 A180 骨・関節結核 A181 生殖・泌尿結核 A183 腸・腹膜結核 A188 結核NOS A199 播種性結核・粟粒結核 J659 珪肺結核 B909 陳旧性結核(呼吸器) B908 呼吸器以外の陳旧性結核 A309 癩病(らい病) A319 非定型抗酸菌症 A359 破傷風 A399 髄膜炎菌感染症 A409 レンサ球菌敗血症[pathology.or.jp]

  • エンテロコッカス属

    多くは非病原性であるが、ブドウ球菌の中では最も病原性が高く、健康なヒトに対しても皮膚の切創や刺創などに伴う化膿症や、肺炎、腹膜炎、敗血症、髄膜炎などに至るまで様々な重症感染症の原因となる。 一方、エンテロトキシンやTSST‐1などの毒素を産生し、食中毒や トキシックショック症候群、腸炎などの原因菌ともなる。[ameblo.jp]

さらなる症状