Create issue ticket

考えれる13県の原因 ビタミン欠乏, 肝炎, 肝硬変

つまり: ビタミ, 欠乏, 肝炎, 肝硬変

  • スポーツ貧血

    ウイルス性肝炎を含む肝炎では、肝臓の細胞に鉄分が蓄積される。これはアポトーシスを引き起こすことで、傷付いた肝細胞を排除しようとする免疫機能の働きで、この肝臓細胞内の鉄分が活性酸素を細胞内に呼び込んでアポトーシスが起こされる訳だが、肝炎ではこれらアポトーシスが過剰に機能し、放って置けば肝硬変を引き起こす。[ja.wikipedia.org] スポーツ選手で見られることの多い鉄欠乏性貧血であるが、一般には鉄分の摂取が少ない場合、あるいは月経や消化管出血等の出血で鉄分を喪失した場合にはスポーツ選手であってもなくとも鉄欠乏性貧血になる。しかし、スポーツ選手に特有の鉄欠乏性貧血の理由もある。スポーツ選手は一般人に比べ大量に汗をかくことが多いが、汗の中にも微量ながらも鉄は含まれる。[ja.wikipedia.org] 小球性低色素性貧血 サラセミア 鉄芽球性貧血 鉄欠乏性貧血 正球性正色素性貧血 再生不良性貧血 溶血性貧血 遺伝性球状赤血球症 発作性夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫性溶血性貧血 大球性貧血(大球性正色素性貧血) 巨赤芽球性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

  • 肝炎

    ウイルス性肝炎 A型肝炎 - 経口感染 B型肝炎 - 垂直(母子感染)、性行為感染(性感染症のひとつとも分類されている) C型肝炎 - 血液感染(麻薬の注射器での回し打ち、集団予防接種における注射針の使い回し、刺青、輸血、血液製剤等) D型肝炎 E型肝炎 - 経口感染 G型肝炎 TT型肝炎 肝炎ウイルス以外:EBウイルス、サイトメガロウイルス[ja.wikipedia.org] それを排除する工夫は大切であり, 瀉血により潜在的鉄欠乏状態を維持するのが簡単で経済的でもある. 造血能が悪く貧血になりやすい症例では, 補助手段として, エリスロポエチンの併用, 鉄の豊富な食品を避ける食事療法, 消化管での鉄吸収阻害を計る薬物治療などが必要となる. これら補助療法を含め, 総合的な鉄の肝毒性対策の確立と普及が望まれる.[doi.org] しかし、感染者の20 30%は肝硬変を発症し、いったん肝硬変を発症すると肝臓がんに進行することがある。 注射針の共用、刺青、ボディーピアスなどリスクの高い行動は避けるべきである。 現時点で有効なワクチンはなく、標準的な免疫グロブリン製剤 ,† も有効ではない。[msdmanuals.com]

  • 慢性肝炎

    抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] それを排除する工夫は大切であり, 瀉血により潜在的鉄欠乏状態を維持するのが簡単で経済的でもある. 造血能が悪く貧血になりやすい症例では, 補助手段として, エリスロポエチンの併用, 鉄の豊富な食品を避ける食事療法, 消化管での鉄吸収阻害を計る薬物治療などが必要となる. これら補助療法を含め, 総合的な鉄の肝毒性対策の確立と普及が望まれる.[doi.org] 慢性肝炎では肝硬変の移行がないのかを確認することが重要である。具体的には血小板数、コリンエステラーゼ、アルブミン、プロトロンビン時間などで肝機能を調べつつ、血清ヒアルロン酸で肝の線維化をみて、エコーで形態変化をみる。ウイルス性肝炎の場合は肝硬変に至る前にインターフェロン治療等を行うのが望ましい。[ja.wikipedia.org]

  • アルコール性肝疾患

    世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断 過剰な飲酒の継続によって、まずアルコール性脂肪肝となりやがてアルコール性肝炎を発症します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 針原(1998)らの報告によれば、発症までの飲酒歴や飲酒量と性差は、 飲酒量:男性 29 13年、女性 14 11年 肝硬変合併率:性差無し (入院時)腎不全合併率:男性 44%、女性 0%他の肝疾患と比較し、ビタミン、微量金属栄養の欠乏状態が顕著で、ビタミンBと亜鉛の欠乏が合併症の発症と重症化に大きく関与している。[ja.wikipedia.org] 女性例では,アルコール性肝炎,高度肝線維化,肝硬変といった進展した肝障害が全体の80%を占めた.また,女性大酒家肝障害では,更年期前の月経不順または無月経が52%に認められ,女性非アルコール性肝硬変(21例)における出現率(10%)より有意に高かった.男性のアルコール性肝硬変(45例)と比較すると,平均年齢,飲酒期間,積算飲酒総量はいずれも[doi.org]

  • 貧血

    ウイルス性肝炎を含む肝炎では、肝臓の細胞に鉄分が蓄積される。これはアポトーシスを引き起こすことで、傷付いた肝細胞を排除しようとする免疫機能の働きで、この肝臓細胞内の鉄分が活性酸素を細胞内に呼び込んでアポトーシスが起こされる訳だが、肝炎ではこれらアポトーシスが過剰に機能し、放って置けば肝硬変を引き起こす。[ja.wikipedia.org] 抄録 わが国において肝発癌との関係からその鉄代謝障害が注目されている慢性肝障害は主としてC型慢性肝疾患と非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)である.C型慢性肝疾患における鉄代謝障害機序としてhepcidinの産生低下が報告されているが,NASHでの鉄代謝障害機序は未だ不明の点が多い.両疾患のマネージメントにおいて鉄代謝異常を是正していくことは[doi.org] プルス Puls (独)脈,脈拍数 ブルート Blut (独)血液 ブルート・ドルック Blutdruck (独)血圧 フルンケル Furunkel (独)おでき(せつ) プレーゲリン Phlegerin (独)看護婦 ブロンコグラフィー Bronchogrphy (英)気管支造影 ヘ トップへ ヘパティテス Hepatitis (ラ)肝炎[thpa.or.jp]

  • 肝細胞癌

    日本や西欧では C型肝炎 が原因として多いが、その他の アジア や アフリカ では B型肝炎 が多い。 原因 [ 編集 ] 肝細胞癌の多くは 慢性肝炎 ・ 肝硬変 から発生する。 C型肝炎 :70〜80%で最多 C型肝炎 が原因の場合にはほとんどが 肝硬変 を経て発症する。発癌率は年7〜8%であり、6年から7年で50%が発癌する。[ja.wikipedia.org] その原因の多くがC型肝炎(約72%)によるもので、以下B型肝炎(約17%)、NASH、アルコール性肝炎、原因不詳と続く。 胆管細胞癌:肝臓内の胆管から発生する癌。日本では原発性肝癌の5%程度。 そのほか稀なものとして上記の混合型や肝芽腫などがある。 非上皮性腫瘍 良性:血管腫など。 悪性:血管肉腫など。[ja.wikipedia.org] また、肝硬変の程度を把握するために、Child-Pugh(チャイルド・ピュー)分類が用いられることもあります(表4)。どちらの分類方法でも、AからCへと進むにつれて、肝障害の程度は強まります。[ganjoho.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    Transaminase 2回以上高値例では44例中35例(79.5%)に確定診断を得た.肝障害の原因として原病によるものが12例と最も多く,ついで脂肪肝の9例であった.ウイルス性肝炎としてA型肝炎2例, B型肝炎2例, C型肝炎1例を認めた.自己免疫性肝疾患は3例で,自己免疫性肝炎2例,原発性胆汁性肝硬変1例であった.その他,胆石/胆嚢炎[jstage.jst.go.jp] ただし円形脱毛症、薬剤性、鉄欠乏、男性ホルモンによる脱毛症など他の既知の病因を除く。 5. 滑膜炎 Synovitis 2カ所以上の関節腫脹あるいは滑液貯留を伴う滑膜炎。または、2カ所以上の関節痛と30分以上の朝のこわばり。 6. 漿膜炎 Serositis 一日以上続く典型的な胸膜炎、または胸水、胸膜摩擦音。[med.osaka-u.ac.jp] ただし円形脱毛症、薬剤性、鉄欠乏、男性ホルモンによる脱毛症など他の既知の病因を除く。 5. 滑膜炎(Synovitis) 2カ所以上の関節腫脹あるいは滑液貯留を伴う滑膜炎。または、2カ所以上の関節痛と30分以上の朝のこわばり。 6. 漿膜炎(Serositis) 一日以上続く典型的な胸膜炎、または胸水、胸膜摩擦音。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 糖尿病

    その他、肝炎ウイルス感染やピロリ菌感染そのものもインスリン分泌に影響を与えるという報告もあると同時に、肝がんに先行して起こる慢性肝炎や肝硬変が糖尿病の状態をつくっていることも考えられます。卵巣がんでのリスク上昇や、前立腺がんでのリスク低下など、性ホルモン関連がんでは、成長ホルモンの関与も推測されています。[epi.ncc.go.jp] 亜鉛の欠乏が糖尿病の発症リスクを高めるとする報告がある。 「マグネシウム摂取量が関与している」との報告があり、インスリン抵抗性、慢性炎症、飲酒習慣を有する患者では摂取量の上昇が発症抑制に効果があるとされている。しかし、一方で、マグネシウム摂取量と糖尿病発症との関連なしとの報告がある。[ja.wikipedia.org] 糖尿病患者では、脂肪肝が肝硬変や肝癌に進行するリスクが高い。「糖尿病なら脂肪肝になるのは仕方がない」と脂肪肝を軽視せず、脂肪肝由来の肝硬変や肝癌を糖尿病の第4の合併症と捉え、それらの発症予防のために早期から適切に対応したい。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 亜鉛欠乏症

    さらに、C型肝炎患者や肝硬変患者に対し亜鉛34〜136 mg/日を投与し、肝線維化予防や肝発癌予防も報告されている。 糖尿病患者に対し亜鉛20〜100 mg/日を投与し、空腹時・食後血糖、インスリン分泌、酸化ストレス指標などの改善が見られている。[ja.wikipedia.org] また症状として全例口角炎, 鼻翼周囲の皮疹, 会陰部の発赤が認められたが, 脱毛, 指趾端の発赤が認められた症例もあった.クローン病は大量の消化液の喪失, 吸収不全による慢性的な亜鉛欠乏状態がその基盤にあると考えられ, TPN施行中には, 亜鉛を代表とする各種微量元素の血中濃度に留意し, 欠乏症が疑われる時は, 速やかな微量元素の投与が必要[doi.org] さらに、ビタミンAの活性化にも関与するため、亜鉛の欠乏により、ビタミンA欠乏症が現れることがある。また、動物実験レベルでは、亜鉛欠乏により、活動性の低下、記憶や注意力の低下、味覚指向の変化が見られる。医師による治療の際は、亜鉛含有製剤としてポラプレジンクなどが処方される。 亜鉛は過剰に摂取されると、膵液を通して過剰分が排泄される。[ja.wikipedia.org]

  • 鉄欠乏性貧血

    ウイルス性肝炎を含む肝炎では、肝臓の細胞に鉄分が蓄積される。これはアポトーシスを引き起こすことで、傷付いた肝細胞を排除しようとする免疫機能の働きで、この肝臓細胞内の鉄分が活性酸素を細胞内に呼び込んでアポトーシスが起こされる訳だが、肝炎ではこれらアポトーシスが過剰に機能し、放って置けば肝硬変を引き起こす。[ja.wikipedia.org] 若年女性などが偏食や無理な減量によって必要な量の鉄を摂取していない場合は鉄欠乏性貧血に陥りやすい。 子宮筋腫の存在する女性が更年期近くになって出血量が増加し鉄欠乏性貧血になる例も多く見られる。 胃潰瘍 、 胃癌 、 痔 、 大腸癌 、などの消化管出血が鉄欠乏の原因となることがある。特に右半大腸癌は鉄欠乏性貧血が唯一の症状であることがある。[ja.wikipedia.org] 小球性低色素性貧血 サラセミア 鉄芽球性貧血 鉄欠乏性貧血 正球性正色素性貧血 再生不良性貧血 溶血性貧血 遺伝性球状赤血球症 発作性夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫性溶血性貧血 大球性貧血(大球性正色素性貧血) 巨赤芽球性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

類似した症状