Create issue ticket

考えれる674県の原因 ビタミン欠乏, 肝炎, 肝硬変

つまり: ビタミ, 欠乏, 肝炎, 肝硬変

  • 貧血

    ウイルス性肝炎を含む肝炎では、肝臓の細胞に鉄分が蓄積される。これはアポトーシスを引き起こすことで、傷付いた肝細胞を排除しようとする免疫機能の働きで、この肝臓細胞内の鉄分が活性酸素を細胞内に呼び込んでアポトーシスが起こされる訳だが、肝炎ではこれらアポトーシスが過剰に機能し、放って置けば肝硬変を引き起こす。[ja.wikipedia.org] 3 悪性貧血(巨赤芽球貧血) 赤血球がつくられるときに必要なビタミンB12、葉酸が不足して赤血球が減少するためにおこる貧血です。 ビタミンB12欠乏ビタミンB12の吸収には胃液が必要ですが、胃切除のような場合には、胃酸分泌が低下し、吸収できなくなり欠乏が起こります。[byouin.metro.tokyo.jp] しかし、貧血は子宮筋腫などの女性特有の病気に加え、胃潰瘍、肝硬変などの病気が原因となっていることがあります。 貧血を指摘されたら、一度は医療機関で検査をうけるようにしましょう。 おわりに 血色素が低いと診断されたら貧血に注意しましょう。女性に多い貧血ですが、そのまま放置しておくと怖い症状を引き起こすこともあります。[sonysonpo.co.jp]

  • スポーツ貧血

    ウイルス性肝炎を含む肝炎では、肝臓の細胞に鉄分が蓄積される。これはアポトーシスを引き起こすことで、傷付いた肝細胞を排除しようとする免疫機能の働きで、この肝臓細胞内の鉄分が活性酸素を細胞内に呼び込んでアポトーシスが起こされる訳だが、肝炎ではこれらアポトーシスが過剰に機能し、放って置けば肝硬変を引き起こす。[ja.wikipedia.org] スポーツ選手で見られることの多い鉄欠乏性貧血であるが、一般には鉄分の摂取が少ない場合、あるいは月経や消化管出血等の出血で鉄分を喪失した場合にはスポーツ選手であってもなくとも鉄欠乏性貧血になる。しかし、スポーツ選手に特有の鉄欠乏性貧血の理由もある。スポーツ選手は一般人に比べ大量に汗をかくことが多いが、汗の中にも微量ながらも鉄は含まれる。[ja.wikipedia.org] 小球性低色素性貧血 サラセミア 鉄芽球性貧血 鉄欠乏性貧血 正球性正色素性貧血 再生不良性貧血 溶血性貧血 遺伝性球状赤血球症 発作性夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫性溶血性貧血 大球性貧血(大球性正色素性貧血) 巨赤芽球性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

  • 肝炎

    ウイルス性肝炎 A型肝炎 - 経口感染 B型肝炎 - 垂直(母子感染)、性行為感染(性感染症のひとつとも分類されている) C型肝炎 - 血液感染(麻薬の注射器での回し打ち、集団予防接種における注射針の使い回し、刺青、輸血、血液製剤等) D型肝炎 E型肝炎 - 経口感染 G型肝炎 TT型肝炎 肝炎ウイルス以外:EBウイルス、サイトメガロウイルス[ja.wikipedia.org] それを排除する工夫は大切であり, 瀉血により潜在的鉄欠乏状態を維持するのが簡単で経済的でもある. 造血能が悪く貧血になりやすい症例では, 補助手段として, エリスロポエチンの併用, 鉄の豊富な食品を避ける食事療法, 消化管での鉄吸収阻害を計る薬物治療などが必要となる. これら補助療法を含め, 総合的な鉄の肝毒性対策の確立と普及が望まれる.[doi.org] 患者数はおおよそ100 200万人で、そのうち2 3割が約10年で肝硬変や肝がんへ進行すると推測されます。 非ウイルス性肝炎から肝がんを発症して亡くなる方の数は、すでにB型肝炎による肝がん死亡者数を超えているという事実からも、NASHに注意が必要であることは明らかです。[sawai.co.jp]

  • アルコール性肝疾患

    世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断 過剰な飲酒の継続によって、まずアルコール性脂肪肝となりやがてアルコール性肝炎を発症します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 針原(1998)らの報告によれば、発症までの飲酒歴や飲酒量と性差は、 飲酒量:男性 29 13年、女性 14 11年 肝硬変合併率:性差無し (入院時)腎不全合併率:男性 44%、女性 0%他の肝疾患と比較し、ビタミン、微量金属栄養の欠乏状態が顕著で、ビタミンBと亜鉛の欠乏が合併症の発症と重症化に大きく関与している。[ja.wikipedia.org] 女性は男性よりも少量(男性の3分の1 3分の2の飲酒量)、短期間(男性の3分の2)で肝硬変になることが知られており、女性のアルコール性肝硬変の増加が心配されています。 肝臓は予備能力が大きく、よほどの事態にならないと症状が現れないために「沈黙の臓器」と呼ばれており、肝硬変になっても診断が遅れることも少なくありません。[okinawa.med.or.jp]

  • 肝細胞癌

    原因はC型肝炎ウイルス([HCV])が約80%でB型肝炎ウイルス(HBV)が14%、他はアルコール性および原因不明の肝硬変(非アルコール性脂肪性肝炎など)です。殆どの症例で、背景に進展した肝硬変がありますがHBV感染患者だけは肝硬変に進展する以前の慢性肝炎、あるいは肝臓に炎症がなくても、肝細胞癌を発症することがあります。[tokumen.co.jp] PIVKA-II (protein induced by vitamin-K absence II) 別名DCP (des-gamma-carboxy prothrombin)と言われ,その本体は ビタミンK 欠乏で産生される異常 プロトロンビン ( 血液凝固因子のII因子)である.このため,ビタミンK欠乏や ワーファリン の内服により誘導[ja.wikipedia.org] なお、当院肝臓専門外来では日頃より酒量が多く肝機能の心配な方、御家族に慢性肝炎、肝硬変のいらっしゃる方、生活習慣病の一つである脂肪肝を指摘された方についても的確な診療、生活指導を行っていますので遠慮なくご相談下さい。 担当:夏木 豊[sannou.or.jp]

  • α1-アンチトリプシン欠乏症

    異常値を示す病態・疾患 減少する疾患 ネフローゼ症候群, 悪液質, 栄養不足, 肝実質性障害, 劇症肝炎, 小児肝硬変, 新生児呼吸切迫症候群, 蛋白漏出症(欠乏...若年性肺気腫), 肺疾患(とくに肺気腫など) 上昇する疾患 ストレス症候群, 悪性腫瘍, 感染症(急性,慢性), 急性・慢性炎症性疾患, 血液疾患, 避妊薬の作用 参考文献[test-guide.srl.info] 本姉妹例における気管支拡張とα 1 -アンチトリプシン欠乏の関連の可能性に関して, 若干の文献的考察を加えた.[jstage.jst.go.jp] 肝臓が侵された新生児の約20%で,小児期に肝硬変が発生する。小児期に肝疾患がみられない患者の約10%に,成人期に肝硬変が発生する。肝が侵されている場合は肝癌のリスクが増大する。[msdmanuals.com]

  • ウィルソン病

    ホーム 新着文献 ペニシラミンによる劇症肝炎型Wilson病再発 薬剤 ペニシラミン アレルギー用薬 その他の代謝性医薬品 副作用 劇症肝炎型Wilson病再発 概要 35歳、男性。[imic.or.jp] また、1回に服用するカプセル数が多くて飲みづ らく、銅だけではなく、亜鉛や鉄の排泄も促すため、長期投与の場合は、亜鉛・ 鉄欠乏をきたすという。 一方、ノベルジンは主な副作用は消化器症状のみで重篤・致死的な副作用がな く、「いまのところ投与を継続できない副作用はない」という。服用時間が厳 密になった半面、服用量が1回1カプセルと少ない。[mixonline.jp] 肝硬変 の進行が早い場合は肝 移植 も行うことがある。 肝細胞癌 の発症は稀である。 食事療法 銅含有量の多い食品の摂食を避ける。[ja.wikipedia.org]

  • 胆汁うっ滞

    ALP値は、胆汁うっ滞では大きく上昇しますが、急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変などではあまり大きな上昇はみられないため、黄疸が現れた場合、その原因が肝臓にあるのか、胆道にあるのかを特定するのに有効です。[kanen-net.info] この黄疸は閉塞性黄疸であるため、時にビタミンK欠乏による出血傾向を伴う場合がある。胆道閉鎖症と重複する部分も多く、鑑別が必要となる。あとは各疾患に特徴的な症状としてはAlagille症候群では肝外徴候としての心血管系の異常、椎体異常、後部胎生環がある。[nanbyou.or.jp] また腸内に胆汁が不足していると、カルシウムやビタミンDが適切に吸収できません。胆汁うっ滞が続くとこれらの栄養素が欠乏し、骨量の減少を起こすことがあります。血液凝固に必要なビタミンKが腸から吸収しにくくなり、出血しやすくなります。 胆汁うっ滞による黄疸が長期間続くと皮膚が土気色になり、皮膚に黄色い脂肪の沈着が生じます。[mh.rgr.jp]

  • 肝硬変

    ウイルス性 B型肝炎ウイルス C型肝炎ウイルス 自己免疫性 自己免疫性肝炎(AIH) 原発性胆汁性肝硬変 (注) (PBC) 注:平成28年より原発性胆汁性胆管炎に病名が変更となりました。[kanen.ncgm.go.jp] 肝硬変患者、とくにB、C型肝炎後の肝硬変患者では肝細胞癌の合併を予測して3か月ごとの定期的な超音波検査とCT、アルファフェトプロテインα-fetoprotein(AFP、胎児性タンパクで、健康な成人の血液にはほとんど存在しない)、PIVKA (ピブカツー) (ビタミンKが欠乏しているときにできる異常タンパク)の検査が必要である。[kotobank.jp] したがって、肝硬変になる前に、肝硬変を引き起こす原因を取り除く治療を行って、肝硬変を予防することが重要である。肝硬変になっていなければ、肝臓は再生能力が高い臓器であるため治癒も望める。[ja.wikipedia.org]

  • 肝外胆汁うっ滞

    ALP値は、胆汁うっ滞では大きく上昇しますが、急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変などではあまり大きな上昇はみられないため、黄疸が現れた場合、その原因が肝臓にあるのか、胆道にあるのかを特定するのに有効です。[kanen-net.info] この黄疸は閉塞性黄疸であるため、時にビタミンK欠乏による出血傾向を伴う場合がある。胆道閉鎖症と重複する部分も多く、鑑別が必要となる。あとは各疾患に特徴的な症状としてはAlagille症候群では肝外徴候としての心血管系の異常、椎体異常、後部胎生環がある。[nanbyou.or.jp] 本疾患概念が確立された当時は、大多数の症例が肝硬変まで進行した段階で発見されていたため「肝硬変」という語句が使用されていたが、診断・治療技術の進歩した現在では、ほとんどの患者が肝硬変の状態ではないことから、2016年に日本肝臓学会及び日本消化器病学会において「原発性胆汁性胆管炎」への病名変更が決定された。[nanbyou.or.jp]

類似した症状