Create issue ticket

考えれる51県の原因 ビタミンE増加

  • 妊娠後期

    妊娠28週(妊娠8か月)以降は妊娠後期といわれ、お腹が大きくなってきたのが目立つ時期です。お腹の赤ちゃんも活発に動き、赤ちゃんが動いただけで、痛いと感じる妊婦さんもいます。 妊娠後期、気になる主な疾患は『切迫早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『切迫早産』について話しましょう。 早い時期からのお腹の張りは要注意 『切迫早産』の主な症状は 「お腹の張り」 です。お腹が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。 お腹の張り[…][kosodate-support-satsumasendai.jp]

  • 過剰摂取

    このα-トコフェロールの輸送に関与するα-トコフェロール輸送タンパク質(α-TTP)を欠損したマウスでは、正常マウスに比べて血中 ビタミンE 濃度が極めて低いだけでなく、興味深いことに、全身の骨量が増加することが示されました 3) 。さらに、 ビタミンE による骨密度の変化には 破骨細胞 が関与することも明らかになっています。[bukai.pharm.or.jp]

  • 特発性肝硬変

    脂溶性ビタミン欠乏症(V.A、V.D、V.、V.K)、特にビタミンD及びビタミンK欠乏症に注意する。体重増加不良、高アミノ酸血症(チロシン、メチオニン)、高ガラクト-ス血症があれば、補液、特殊ミルク(中鎖脂肪酸含有ミルク、乳糖除去ミルク、蛋白質・アミノ酸代謝異常症用ミルクほか)を選択する。[jspghan.org]

  • 網膜色素変性症

    バッセン・コルンツヴァイク症候群(無βリポ蛋白血症 ) - 有棘赤血球の増加および吸収不良が見られる。ビタミンAおよびビタミンEにより治療する。 ビタミンE欠乏性運動失調症(AVED) - TTPA (α-トコフェロール輸送蛋白質をコードする遺伝子)の変異に起因する。運動失調および神経障害が見られる。ビタミンEにより治療する。[grj.umin.jp]

  • 慢性膵炎

    厚生労働省特定疾患消化器系疾患調査研究班難治性膵疾患分科会が1998年に行った症例対照研究では、喫煙、飲酒がそれぞれ独立した強い危険因子であること、また、一般栄養素、特にカリウム、ビタミンA、ビタミンE、一価不飽和脂肪酸の摂取量が少ないほど慢性膵炎のリスクが増加することが明らかになっています。[jpma-nanbyou.com]

  • 膵萎縮

    厚生労働省特定疾患消化器系疾患調査研究班難治性膵疾患分科会が1998年に行った症例対照研究では、喫煙、飲酒がそれぞれ独立した強い危険因子であること、また、一般栄養素、特にカリウム、ビタミンA、ビタミンE、一価不飽和脂肪酸の摂取量が少ないほど慢性膵炎のリスクが増加することが明らかになっています。[jpma-nanbyou.com]

  • 高カルシウム食

    ビタミン(C、E)、高カルシウム食が勧められるが、小魚など食品や加工法によっては同時に塩分摂取量も増加するため、サプリメント(栄養補助食品)を用いても良い。 妊娠高血圧症候群軽症 妊娠中の体重管理や栄養指導による発症予防が大切になる(本文参照)。[www2.nms.ac.jp]

  • 肝肺症候群

    脂肪の欠乏はエネルギー不足となりやすく、体重増加不良の原因となります。また、脂溶性ビタミン(A・D・・K)の吸収が障害され、これらの物質が体の中で欠乏する。これについては、脂肪吸収に胆汁を必要としない中鎖脂肪(MCT)を中心とした特殊ミルクにするのも1つの方法です。[tando.lolipop.jp]

  • 低血糖性脳症

    e.新生児くる病について 米国では、この10年間でビタミンD欠乏症(くる病)の赤ちゃんが増加し(メデイカル・トリビューン2000年10月号)、 ビタミンD欠乏症を発症した赤ちゃんに発育不良/骨折/O脚などを生じている とのことです。また 「原因は母乳栄養にあり母乳中のビタミンDの含有量が少ないことである 」 と断言しています。[s-kubota.net]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    の病態 急性炎症(例えば感染による) 急性失血 栄養に関連した状態 ・鉄欠乏 ・ビタミンE欠乏 ・脂肪輸注にともなう高栄養状態 無脾症 一過性骨髄増殖性疾患 神経芽細胞腫 母親の妊娠中の物質(薬剤など)への耽溺(substance abuse) 新生児の血小板減少症の原因 母親の抗血小板抗体 ・同種免疫性血小板減少症(ヒト抗血小板抗体) ・[ibaraisikai.or.jp] -------------------------------------- low risk 780以下 76% intermediate risk 780 1480 55% high risk 1481以上 25% ---------------------------------------------------- 新生児の血小板増加[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状