Create issue ticket

考えれる11県の原因 ビタミンC減少

  • 妊娠後期
  • 慢性アルコール依存症
  • ヘモクロマトーシス
  • ビタミン不足

    ビタミン(ヴィタミン、英語: vitamin [ˈvaɪtəmɪn, ˈvɪtəmɪn])は、生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、その生物の体内で十分な量を合成できない炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称である(なお栄養素のうち無機物はミネラルである)。 生物種によってビタミンとして働く物質は異なる。たとえばアスコルビン酸はヒトにはビタミン(ビタミンC)だが、多くの生物にはビタミンではない。ヒトのビタミンは13種が認められている。 ビタミンは機能で分類され、物質名ではない。たとえばビタミンAはレチナール、レチノールなどからなる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 壊血病

    また、ザワークラウトのように「保存はそこそこ効くがビタミンCの含有量が少ない(100gあたり10mg程度)食品」の場合、食べ続けていることによって体内のビタミンC減少を抑えて壊血病の予防効果は期待できるが、病気になって( 体内のビタミンCが残りわずかになって)から食べ始めた場合は間に合わないので、「病気でないのに前もって治療に金を使う」という[ja.wikipedia.org] 3–12か月に及ぶ長期・高度のビタミンC欠乏により、脱力や体重減少、鈍痛に加え、出血(皮膚・粘膜、歯肉)、歯の脱落・変化、 創傷治癒 の遅れ、低色素性貧血、易感染性、古傷が開くなどの症状がみられる。 成人では生野菜の摂取不足や長期間の感染症・熱病の後に起こり、大航海時代は太洋を航海する船中でよく発症し、致死的であることから恐れられた。[jsth.org] 症状と徴候 成人では,ビタミンC欠乏状態が数週間から数カ月続いた後にビタミンC欠乏症の症状が出現する。倦怠感,筋力低下,易刺激性,体重減少,および漠然とした筋肉痛や関節痛が,初期に出現することがある。 壊血病の症状(結合組織異常に関連する)は,欠乏が数カ月続いた後に出現する。毛包性の過角化,螺旋状毛髪,毛包周囲の出血が出現することがある。[msdmanuals.com]

  • 風邪

    ビタミンCの摂取量が低い人々に対する1000mgのビタミンCは、偽薬に比較して、風邪の発症率を減らし風邪の期間を59%減少させていた。 ウイルスの鼻投与153人で、2週間の(寝具にいるが眠っていないと下がる)睡眠効率の悪さは発症率を上昇させていた。[ja.wikipedia.org] プロバイオティクス(乳酸菌など)も有益である可能性があり、6つのランダム化比較試験の結果には矛盾があったが、プール解析(結合解析)は風邪の減少を示していた。水やヨード剤によるうがい、朝鮮人参、週5日の運動、ニンニク、ホメオパシー、ビタミンC (0.2-3g)、ビタミンD、エキナセアでは、予防の利益は判明しなかった。 手洗い。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    これら3件の 試験 それぞれで、ビタミンC投与群では肺炎の 罹患率 に 統計学的に有意な 減少(80%以上)が認められた。市中感染肺炎患者197例を対象とした2件の 治療 に関する 試験 を同定した。条件を満たした ランダム 化 二重盲検 プラセボ 比較 試験 は1件のみであった。[cochrane.org] その他の 治療 に関する 試験 は、旧ソビエト連合共和国で広範囲の年齢層の成人を対象として実施され、2用量のビタミンCを用いたところ、肺炎の罹患期間に用量依存性の減少が認められた。また、37例の重症熱傷患者を対象とし、院内感染肺炎が13件報告された1件の予防に関する 試験 を同定した。[cochrane.org]

  • 異型狭心症

    またビタミンEの投与により狭心発作回数が減少したとの報告もある。 血管内皮の傷害があるとアセチルコリンによる血管拡張作用がみられない。ビタミンCには血管内皮の改善作用があり、冠攣縮を軽減することが知られている。 症例として気管支喘息を合併した難治性の冠攣縮性狭心症で、ステロイドが冠攣縮性狭心症にも有効であったとの報告がある。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性疲労症候群

    しかしその後、日本では心理的、脳科学的研究ばかりがなされ、免疫系からのアプローチをする医者、科学者は皆無に等しいのが現状である その他(ビタミン、補酵素、ミネラル、健康食品、芳香療法、鍼灸など) ビタミンC (アスコルビン酸)を大量(1,000mg 毎食後)を服用することにより、活性酸素を除去し、組織障害を減少させることができ、微熱が軽減する[ja.wikipedia.org] ビタミンCは酸性であり、大量に服用すると胃を痛めることがあるので、セルベックス等の胃薬を併用する。 メチコバール (毎食後 1,000μg)は、ビタミンB12であり、元来、末梢神経炎の治療薬として用いられていたが、睡眠障害にも有効であると報告があり、脱力感・疲労感を軽減し、思考力を回復する例がある。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    ビタミンCの摂取量が低い人々に対する1000mgのビタミンCは、偽薬に比較して、風邪の発症率を減らし風邪の期間を59%減少させていた。 ウイルスの鼻投与153人で、2週間の(寝具にいるが眠っていないと下がる)睡眠効率の悪さは発症率を上昇させていた。[ja.wikipedia.org] プロバイオティクス(乳酸菌など)も有益である可能性があり、6つのランダム化比較試験の結果には矛盾があったが、プール解析(結合解析)は風邪の減少を示していた。水やヨード剤によるうがい、朝鮮人参、週5日の運動、ニンニク、ホメオパシー、ビタミンC (0.2-3g)、ビタミンD、エキナセアでは、予防の利益は判明しなかった。 手洗い。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状