Create issue ticket

考えれる17県の原因 ビタミン B12 の増加

  • 鉄欠乏性貧血

    鉄欠乏性貧血 (てつけつぼうせいひんけつ、 英 : iron deficiency anemia, IDA )とは、体内に 鉄 が不足する事により、充分に ヘモグロビン を生産できなくなることで生じる 貧血 のことである。 病態 [ 編集 ] 赤血球 は細胞内に 血色素 (ヘモグロビン;Hb)を含有しており、 鉄 は血色素を構成する必須成分の1つである。血色素が酸素を結合して運べるのは、鉄の存在があればこそである。その鉄が体内で不足する事により、充分な血色素を 生合成[…][ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 門脈性肝硬変
  • 肝転移
  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝性脳症

    肝性脳症(かんせいのうしょう、英語: Hepatic encephalopathy)とは、肝臓の機能低下による意識障害である。別名を肝性昏睡(かんせいこんすい、Hepatic coma)とも、また門脈体循環性脳障害とも言う。 肝硬変が進行した場合や劇症肝炎などの重篤な肝障害によって引き起こされる。まれに先天性尿路回路欠損を伴うことがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ性白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ性白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ性白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。 慢性リンパ性白血病 (まんせいリンパせいはっけつびょう、 英 : Chronic lymphocytic leukemia; CLL )とは、小型で細胞質が乏しい成熟 Bリンパ球 性の慢性 白血病 である。白血球細胞は 骨髄 、 リンパ節 、 末梢血[…][ja.wikipedia.org]

  • 真性多血症

    血小板増加( 40万/mm3) 白血球増加12,000/mm3) 末梢血好中球アルカリホスファターゼ(NAP)スコア上昇 ビタミンB12 血清中または結合能のいずれかが上昇血清ビタミンB12 900pg/mL ビタミンB12結合能 2,200pg/mL上記[1 2 3]または[1 2 (4〜7のうち2項目)]であれば、本症と診断する。[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄増殖性疾患

    6月 ストーリー / 2019年 6月 13日 先駆的なビジネスアプローチで、インドの村の医療を拡充 ヘルシーファミリープログラムで、健康に関する教育と、医師や医薬品へのアクセス改善を同時に実現する さらに詳しく 報道関係者向けお知らせ / 2019年 6月 11日 ノバルティスが新規吸入配合剤治療(QVM149)における第II相臨床試験結果から、標準治療の吸入療法に対し有意に改善した結果を発表 さらに詳しく 報道関係者向けお知らせ / 2019年 6月 10日 ノバルティス、重症スギ花粉症患者におけるオマリズマブの効果と安全性、QOLおよび労働生産性についての結果を発表 さらに詳しく 5月[…][novartis.co.jp]

さらなる症状