Create issue ticket

考えれる150県の原因 ビタミン B12 の増加

  • 鉄欠乏性貧血

    その他の貧血因子不足による貧血 貧血の中には、ビタミンB12や葉酸の欠乏により発症するものがあります。これらは通常の食事で十分摂取できるため、栄養不良・消化管の病気・必要量の増加などによって起こることが多いです。[kompas.hosp.keio.ac.jp] ビタミンB12欠乏は、悪性貧血(抗内因子抗体という自己免疫の異常から起こる胃粘膜の病気)、極端な菜食主義、胃切除後、小腸の病気や切除後などで主に起こります。葉酸欠乏は、アルコール中毒、妊娠、がん、溶血性貧血、抗てんかん薬などの薬剤などで起こることが知られています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 門脈性肝硬変

    肝臓の解剖・生理 肝臓は右上腹部に位置する臓器で、代謝や解毒といった体を支えるはたらきをしています。肝臓は肋骨に囲まれているので、通常は体表から触れることはできません。肝臓にできる肝がんは、肝臓から生じる原発性肝がんと、大腸など他臓器のがんが肝臓に転移してできる転移性肝がんの大きく二つに分類されます。ここでは原発性肝がんのほとんどを占める肝細胞がんについて説明します。 肝細胞がん 原因[…][med.akita-u.ac.jp]

  • 肝転移

    医学部生命科学科(病態生化学)岡田研究グループが 世界に先駆け、がん細胞の肝転移を決定するタンパク質の同定に成功 概要 このたび、医学部生命科学科(病態生化学)岡田太教授の研究グループが、がん細胞の肝転移のしやすさを決定するタンパク質として、 Amigo2 を世界に先駆けて明らかにしました。 このAmigo2は、実験動物のがん細胞の肝転移だけでなく、ヒトの胃がんや大腸がんの肝転移に関わることや、これらのがん患者の予後にも密接に関連することを見出し、本研究成果は、2017年3月8日午前10時(現地時間)に英国Nature Publishing Groupのオンライン科学誌「Scientific[…][tottori-u.ac.jp]

  • 骨髄増殖性疾患

    真性多血症では、多くの場合白血球や血小板も少し増加しています。ビタミン12や好中球アルカリフォスファターゼスコア(白血球を染色してそのパターンを算定する検査)等も測定し、診断基準に従って診断が確定されます。[niigata-cc.jp]

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝性脳症

    抄録 肝性脳症は重篤な肝障害あるいは門脈大循環短絡に起因する精神神経症状である.臨床的な症状のある顕性脳症には軽症のものから深昏睡まで幅がある.また精神神経症状が明らかでなく定量的精神神経機能検査ではじめて指摘される潜在性肝性脳症がある.顕性の肝性脳症は肝機能異常,肝疾患の既往の有無,精神神経症状,高アンモニア血症,脳波異常,臨床検査成績などから他疾患を鑑別しつつ総合的になされる.潜在性肝性脳症は定量的精神神経機能検査(記号追跡試験,光や音に対する反応時間,成人型知能検査)や,電気生理学的神経検査の脳波,大脳誘発電位(聴覚,視覚)などを組み合わせて行う.[jstage.jst.go.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ性白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ性白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ性白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。 慢性リンパ性白血病 (まんせいリンパせいはっけつびょう、 英 : Chronic lymphocytic leukemia; CLL )とは、小型で細胞質が乏しい成熟 Bリンパ球 性の慢性 白血病 である。白血球細胞は 骨髄 、 リンパ節 、 末梢血[…][ja.wikipedia.org]

  • 真性多血症

    血小板増加( 40万/mm3) 白血球増加12,000/mm3) 末梢血好中球アルカリホスファターゼ(NAP)スコア上昇 ビタミンB12 血清中または結合能のいずれかが上昇血清ビタミンB12 900pg/mL ビタミンB12結合能 2,200pg/mL上記[1 2 3]または[1 2 (4〜7のうち2項目)]であれば、本症と診断する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状