Create issue ticket

考えれる25県の原因 ハンセン病

結果を表示する: 汉语

  • 恐怖症

    らい恐怖症:日本のハンセン病問題を参照。 効果音恐怖症:風船などの破裂音や金属音などによる恐怖症。 花恐怖症 嘔吐恐怖症 失敗恐怖症 放射線恐怖症 集合体恐怖症(トライポフォビア) 新奇恐怖症(ネオフォビア) 古物恐怖症(パレオフォビア) 身体醜形障害 不安障害 神経症 恐怖 恐怖の種類リスト (膨大な量の恐怖症がある)[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    の感覚性多発ニューロパチー(CSPN)、糖尿病や他の代謝性疾患、薬物性、毒物性、遺伝性(シャルコー・マリー・トゥース病やアミロイドーシス) パターン3、非対称性で近位遠位の筋力低下があり感覚障害を伴う 多数の神経にまたがる場合は多巣性のCIDPや、 血管炎 、 クリオグロブリン血症 、 アミロイドーシス 、 サルコイドーシス 、感染症( ハンセン病[ja.wikipedia.org]

  • 連圏状ひ糠疹

    Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒 壊死性筋膜炎―ガス壊疽 せつ よう 痤瘡(にきび) 伝染性膿痂疹(とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 慢性膿皮症 梅毒 皮膚結核(尋常性狼瘡・皮膚腺病・皮膚疣状結核) 非定型好酸菌感染症 ハンセン病[ja.wikipedia.org]

  • 緑膿菌

    2001年第12号) ニパウイルス感染症 (2005年第3号) 日本紅斑熱 (2002年第25号) 日本脳炎 (2002年第1・2号) 乳児ボツリヌス症 (2001年第46号) ノロウイルス感染症 (2004年第11号) [は] 梅 毒 (2001年第49号) 破傷風 (2002年第15号) ハンタウイルス肺症候群 (2003年第26号) ハンセン病[idsc.nih.go.jp]

  • 神経痛

    肋間神経痛 肋骨下神経痛 上腕神経痛 腕神経叢神経痛 坐骨神経痛 大腿神経痛 外側大腿皮神経痛 頭部神経痛 後頭神経痛 三叉神経痛(顔面神経痛) 眼窩神経痛 ヘルペス後神経痛(帯状疱疹後神経痛) 器質的疾患がないなど不明の場合も多いが、原因の分かっているものでは、腫瘍、動脈硬化、帯状疱疹、椎間板ヘルニア、腰椎症、多発性硬化症、ウイルス感染、外傷、ハンセン病[ja.wikipedia.org]

  • 結節性紅斑

    1998年には、アメリカ食品医薬品局(FDA)がハンセン病の急性症状として、らい性結節性紅斑(2型らい反応あるいはENLともいう)の一時抑制薬として、同時に副作用防止の登録制の管理システムの下で承認した。ハンセン病(らい病)の患者が多いブラジルでも、再びサリドマイドが、らい性結節性紅斑(ENL)一時抑制薬として認可された。[ja.wikipedia.org] 1965年、イスラエルの医師が偶然ハンセン病患者に鎮痛剤としてサリドマイドを処方したところ、らい性結節性紅斑の改善がみられたことを報告した。[ja.wikipedia.org] サリドマイド(英語: thalidomide)とは、非バルビツール酸系の化合物で、催眠作用と催奇形性を持ち、抗多発性骨髄腫薬、ハンセン病の2型らい反応の治療薬としても知られる。[ja.wikipedia.org]

  • うっ滞性皮膚炎

    Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒 壊死性筋膜炎―ガス壊疽 せつ よう 痤瘡(にきび) 伝染性膿痂疹(とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 慢性膿皮症 梅毒 皮膚結核(尋常性狼瘡・皮膚腺病・皮膚疣状結核) 非定型好酸菌感染症 ハンセン病[ja.wikipedia.org]

  • 疥癬

    (乳幼児および免疫不全宿主) 重症感染の過角化型疥癬は、1848年にはじめてこの症例を報告したのがノルウェーの学者ダニエル・コルネリウス・ダニエルセン(ハンセン病の医師で、アルマウェル・ハンセンの義父)らであったため、時にノルウェー疥癬とも呼ばれるが、疫学的にノルウェーと関連があるわけではないため、過角化型疥癬と呼ぶことが提唱されている。[ja.wikipedia.org] (国立感染症研究所ハンセン病研究センター 石井則久 同昆虫医科学部 沢辺京子・小林睦生)[nih.go.jp]

  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒 壊死性筋膜炎―ガス壊疽 せつ よう 痤瘡(にきび) 伝染性膿痂疹(とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 慢性膿皮症 梅毒 皮膚結核(尋常性狼瘡・皮膚腺病・皮膚疣状結核) 非定型好酸菌感染症 ハンセン病[ja.wikipedia.org]

  • 肝膿瘍

    ブドウ球菌、腸球菌、リステリア、髄膜炎菌、淋菌、病原性大腸菌(O157:H7など)、クレブシエラ(肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ、クロストリジウムなどによる各種感染症 結核・非結核性抗酸菌、コレラ、ペスト、ジフテリア、赤痢、猩紅熱、炭疽、梅毒、破傷風、ハンセン病[ja.wikipedia.org]

さらなる症状