Create issue ticket

考えれる27県の原因 パーキンソン病とは異なった障害

  • 前大脳動脈梗塞

    病型としては、出血や梗塞により、急激に片麻痺や意識障害をきたす脳卒中が代表的です。一方、ラクナと呼ばれる小梗塞が両側半球に少しずつ多発し、パーキンソ症候群(パーキンソンとは異なりますが、症状が似ているためこう呼ばれます)や、偽性球麻痺(嚥下障害、構音障害)、軽度の認知症が緩徐に生じる多発性脳梗塞/多発性小窩状態も多くみられます。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 後大脳動脈閉塞

    病型としては、出血や梗塞により、急激に片麻痺や意識障害をきたす脳卒中が代表的です。一方、ラクナと呼ばれる小梗塞が両側半球に少しずつ多発し、パーキンソ症候群(パーキンソンとは異なりますが、症状が似ているためこう呼ばれます)や、偽性球麻痺(嚥下障害、構音障害)、軽度の認知症が緩徐に生じる多発性脳梗塞/多発性小窩状態も多くみられます。[lab.toho-u.ac.jp]

  • パーキンソン病 3型

    非定型パーキンソニズム( 二次性および非定型パーキンソニズム )はパーキンソンと似た一部の特徴をもつが,一部の異なる臨床的特徴および異なる病理をもつ神経変性疾患の一群を指す(例,多系統萎縮症,進行性核上性麻痺,および大脳皮質基底核変性症といった神経変性疾患)。[msdmanuals.com] 二次性パーキンソニズムは,基底核のドパミン系の阻害を特徴とする脳機能障害であり,PDに類似するが,PDとは異なる原因(例,薬剤,脳血管障害,外傷,脳炎後変化)によって引き起こされる。[msdmanuals.com]

  • 淡蒼球錐体症候群

    振戦はパーキンソン異なり、6 8Hz、不規則でjerkyであるという特徴がある。四肢のミオクローヌスおよびジストニアの出現頻度は半数以下である。進行すると姿勢保持障害や転倒が出現する。大脳皮質の徴候として、肢節運動失行、構成失行、失語、半側空間無視、他人の手徴候、皮質性感覚障害、把握反射、認知機能障害、行動異常などがみられる。[nanbyou.or.jp]

  • 運動障害

    つまり、線条体の障害の場所によっては、同じパーキンソンでも異なる運動障害の症状を示す可能性が示唆されました(2011年9月号の米国生理学会神経生理学誌Journal of Neurophysiologyに発表)。[nips.ac.jp]

  • 虚血性末梢神経障害

    病型としては、出血や梗塞により、急激に片麻痺や意識障害をきたす脳卒中が代表的です。一方、ラクナと呼ばれる小梗塞が両側半球に少しずつ多発し、パーキンソ症候群(パーキンソンとは異なりますが、症状が似ているためこう呼ばれます)や、偽性球麻痺(嚥下障害、構音障害)、軽度の認知症が緩徐に生じる多発性脳梗塞/多発性小窩状態も多くみられます。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 大脳基底核出血

    振戦はパーキンソン異なり、6 8Hz、不規則でjerkyであるという特徴がある。四肢のミオクローヌスおよびジストニアの出現頻度は半数以下である。進行すると姿勢保持障害や転倒が出現する。大脳皮質の徴候として、肢節運動失行、構成失行、失語、半側空間無視、他人の手徴候、皮質性感覚障害、把握反射、認知機能障害、行動異常などがみられる。[nanbyou.or.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    REM睡眠行動異常症(睡眠中に大声・大きく手足をバタつかせる)はパーキンソンの早期に出現。 甲状腺機能低下症 ・ バセドウ/甲状腺機能亢進症 と異なります。 パーキンソンの自律神経障害として便秘が多く、 甲状腺機能低下症 と同じ 甲状腺中毒症 はパーキンソン病症状を増悪 甲状腺中毒症 はパーキンソン病症状を増悪させます。[nagasaki-clinic.com]

  • 二次パーキンソン症

    非定型パーキンソニズム( 二次性および非定型パーキンソニズム )はパーキンソンと似た一部の特徴をもつが,一部の異なる臨床的特徴および異なる病理をもつ神経変性疾患の一群を指す(例,多系統萎縮症,進行性核上性麻痺,および大脳皮質基底核変性症といった神経変性疾患)。[msdmanuals.com] 病変に対する治療 現在,パーキン型早発性パーキンソンの治療法は特発性パーキンソンの治療法と異なるところはない.具体的なガイドラインはない. 運動障害は通常の低用量ドーパミン作動薬によく反応し,罹病期間が長期に及んでも維持される.[grj.umin.jp] パーキンソン異なるのは手拍子などの号令や目印となる線など外的きっかけによる歩行改善をあまり認めないことである。認知障害の特徴は軽症の場合,記憶・注意機能の障害,思考や反応速度の低下などが多い。[igaku-shoin.co.jp]

  • 典型的な進行性核上性麻痺症候群

    REM睡眠行動異常症(睡眠中に大声・大きく手足をバタつかせる)はパーキンソンの早期に出現。 甲状腺機能低下症 ・ バセドウ/甲状腺機能亢進症 と異なります。 パーキンソンの自律神経障害として便秘が多く、 甲状腺機能低下症 と同じ 甲状腺中毒症 はパーキンソン病症状を増悪 甲状腺中毒症 はパーキンソン病症状を増悪させます。[nagasaki-clinic.com] パーキンソニズムとは、パーキンソンでも認めるような、筋固縮、運動緩慢、姿勢保持障害をみることです。 しかし、パーキンソンのそれとはやや異なる点もあります。パーキンソン病では前傾姿勢をとりながら歩行することが典型的ですが、進行性核上性麻痺では首が硬くなり後屈するようになるため、やや後ろのめりになることが多いです。[medicalnote.jp] Abstract ・ 進行性核上性麻痺(PSP)は,垂直性眼球運動障害,発症早期からの姿勢保持障害と転倒,体軸性固縮,認知症などを呈する進行性の変性疾患である.・ パーキンソン異なり「体軸に優位な固縮」,「L‒ドパの効果が乏しい」,「前頭葉徴候」などの特徴を有する.・ パーキンソン病型PSP および純粋無動症型PSP は進行が緩徐で,初期[pieronline.jp]

さらなる症状