Create issue ticket

考えれる1,548県の原因 パーキンソン病

結果を表示する: 汉语

  • 低血糖症

    糖尿病治療薬以外に低血糖を起こし得る薬物は多彩であり、降圧薬、利尿薬、NSAIDsや睡眠薬、向精神薬、抗不整脈薬、消化性潰瘍治療薬、抗菌薬、抗ヒスタミン薬、全身麻酔薬、気管支拡張薬、抗がん薬、血管拡張薬、抗てんかん薬、子宮用薬、パーキンソン治療薬、抗血栓薬などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    パーキンソンで見られるレビー小体が脳内に認められ、パーキンソンの症状も見られます。 パーキンソンパーキンソンでは、30 40%と高率に認知症を合併すると言われています。 前頭葉型認知症 :かつてはピック病と呼ばれていた若年性で初期から性格変化をきたす認知症です。[kycl.jp] アルツハイマーだけでなく、パーキンソン、ALSといった他の神経変性疾患も、これまではヒトに特有だと思われてきましたが、他の動物にもあるとわかれば、ヒトの医療にもつながるはずです」。 幼少時からの動物好きが高じて獣医病理学者となった先生が最近少し憂えているのは、ネコブームの一方で、解剖をさせてくれる飼い主が減っていること。[u-tokyo.ac.jp] アルツハイマーは40歳代以降広い範囲の年齢で発病しますが、65歳以上で多くなってきます。レビー小体では、幻覚や パーキンソン の症状の合併が特徴です。わが国において、認知症の患者さんは65歳以上で3-7%、80歳以上では20%以上を占めると報告されていますが、アルツハイマー病の患者さんは65歳以上で1-3%いるとされています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • むずむず脚症候群

    欧米では中等度以上の症例には、 パーキンソン の治療にも使われるドーパミン受容体作動薬を第一に使う。[ja.wikipedia.org] 治療薬としても使用される 外用貼付薬(パッチ剤)であり、肩、上腕部、腹部、側腹部、臀部、大腿部のいずれかに貼付する ビ・シフロール パーキンソン治療薬としても使用される[medical.nikkeibp.co.jp] そのような理由からパーキンソンの人、あるいはパーキンソン予備軍の人になりやすいことが理解できます。また、ドーパミンに鉄が関係していることから、鉄欠乏性貧血もなりやすい原因と考えられています。 むずむず脚症候群の治療はできますか? 鉄分不足が原因となっていると考えられる人には鉄分を補充します。[takedahp.or.jp]

  • 起立性低血圧

    2000年7月5日 抗パーキンソン薬「ドプス 」に「起立性低血圧を伴う血液透析患者における諸症状の改善」の効能追加 当社が1989年から発売している自社開発の抗パーキンソン薬「ドプス 」(一般名ドロキシドパ)に、7月3日付で「起立性低血圧を伴う血液透析患者におけるめまい・ふらつき・たちくらみ、倦怠感、脱力感の改善」の効能が追加承認されました[ds-pharma.co.jp] パーキンソンの四大症状 安静時振戦 手、足、あごなどのふるえ 筋強剛 検査者が患者の関節を動かすと抵抗がある 動作緩慢・無動 動作が遅くなり、少なくなる 姿勢反射障害 体のバランスが悪く、倒れやすくなる 岡本智子:パーキンソンとは. 村田美穂編著. やさしいパーキンソンの自己管理 改訂版.[kanja.ds-pharma.jp] 既往歴 の聴取では,糖尿パーキンソン,悪性腫瘍(腫瘍随伴症候群を引き起こす)など,既知の潜在的原因を同定すべきである。使用薬剤の聴取では,問題となる処方薬( 起立性低血圧の原因 ),特に降圧薬および硝酸薬について調査すべきである。起立性症状の家族歴は,家族性自律神経失調症の可能性を示唆する。[msdmanuals.com]

  • パーキンソン病

    パーキンソン患者は、認知症を発症するリスクは、健常者の約5-6倍と見積もられており、パーキンソン患者を8年間追跡調査した研究では、78%が認知症を発症した。[ja.wikipedia.org] 4.抗パーキンソン薬にてパーキンソニズムに改善がみられる。 ※3 以上4項目を満たした場合、パーキンソンと診断する(Definite)。 なお、1、2、3は満たすが、薬物反応を未検討の症例は、パーキンソン疑い症例(Probable)とする。 ※1.パーキンソニズムの定義は、次のいずれかに該当する場合とする。[nanbyou.or.jp] 27の研究のメタアナリシスによると、パーキンソンの約40%に認知症が合併していた。約30%というメタ解析データもあり、その研究では全認知症症例の3.6%がパーキンソンであった。[ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    パーキンソンコミュニケーションシート パーキンソン友の会へのアンケートにて、『主治医に上手く症状を伝えられない』との意見が多く聞かれたことから、「 パーキンソンコミュニケーションシート 」を作成しました。[city.funabashi.lg.jp] NF-кB活性化経路の破綻は、多くの癌、炎症性疾患(炎症性大腸炎など)、自己免疫疾患(関節リウマチなど)、生活習慣(糖尿、肥満など)、神経変性疾患(アルツハイマーパーキンソン、ALSなど)に関わることから、創薬標的として臨床的にも高く注目されている。 ページTOPへ[osaka-cu.ac.jp] 本治験薬は、これまでパーキンソンの治療薬として1996年から世界中で広く使用されてきた薬です。日本における使用経験も数多く蓄積されており、1日1回の投薬で効果が持続するもの(徐放錠)もあります。本治験は患者さんに負担の少ない徐放錠を使用しています。[amed.go.jp]

  • シャイ・ドレーガー症候群

    線条体黒質変性症は、筋強剛、無動、姿勢反射障害などの症候が初発時より見られるので、パーキンソンとの鑑別を要する。パーキンソンと比べて、安静時振戦が少なく、進行は早く、抗パーキンソン薬が効きにくい。起立性低血圧や排尿障害など自律神経症候で初発するものは、シャイ・ドレーガー症候群とよばれる。[nanbyou.or.jp] たとえば、起立性低血圧に対しては昇圧剤、パーキンソン症状に対してはパーキンソンの治療薬を用いた治療が行われます。 シャイ・ドレーガー症候群では、歩行障害や嚥下機能の障害、発語障害などを経時的にみるようになります。そのため、リハビリテーションなど、障害の進行を抑制する試みが重要です。[medicalnote.jp] 治療は症状に応じ、小脳の働きを高める甲状腺刺激ホルモンに作用する薬や、パーキンソンの薬、自律神経の働きを調節する薬などを使う。[arsvi.com]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    線条体黒質変性症は、筋強剛、無動、姿勢反射障害などの症候が初発時より見られるので、パーキンソンとの鑑別を要する。パーキンソンと比べて、安静時振戦が少なく、進行は早く、抗パーキンソン薬が効きにくい。起立性低血圧や排尿障害など自律神経症候で初発するものは、シャイ・ドレーガー症候群とよばれる。[nanbyou.or.jp] (続きを表示) た、神経内科専門医の立場から、頭痛をはじめ認知症、パーキンソンなどの老年期疾患への対応を行っています。頭痛は漢方治療の併用により、良好な結果を得ています。 年末の旅行中に高熱を出し、ほとんどの...[byoinnavi.jp] 病気について パーキンソンに似た症状を呈することが多いですが、薬が効きにくいようです。臨床的にはパーキンソンの主症状に加えて、自律神経症状や小脳症状が加わることと、画像所見から臨床診断がなされます。 主症状 パーキンソンに似ていて、筋肉がかたく、こわばり、動作が遅く、ゆっくりします。[hosp.u-toyama.ac.jp]

  • 神経因性膀胱

    泌尿器科学 神経学 排尿障害 認知症 脳梗塞 パーキンソン 脊髄小脳変性症 多系統萎縮症 外傷 脊髄損傷 腰部脊柱管狭窄症 糖尿 子宮癌 直腸癌 尿失禁 日本排尿機能学会   パーキンソンにおける下部尿路機能障害診療ガイドライン 日本排尿機能学会(編集) ISBN 978-4-498-06428-7 脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン[ja.wikipedia.org] 尿意の消失、排尿困難、 頻尿 、尿失禁などがおもな症状であり、原因疾患は、脳血管障害や脳腫瘍、 パーキンソン 、脊髄損傷や椎間板ヘルニアなどの中枢性疾患と、 糖尿病 や直腸がんなど骨盤内手術後の末梢性疾患などがある。膀胱平滑筋(排尿筋)の過緊張による蓄尿障害の治療薬として、抗コリン薬(オキシブチニン、プロピベリン)がある。[pharm.or.jp] 脊髄や骨盤の外傷,骨盤内臓器の手術にともなう神経の損傷,脳梗塞,パーキンソン,脊髄小脳変性症など原因は多種ある。そのため原因疾患にあわせた治療が必要となる。 索引に戻る トップページへ Japanese Association for Acute Medicine[jaam.jp]

さらなる症状

類似した症状