Create issue ticket

考えれる1,017県の原因 バルプロ酸毒性への敏感

Showing results for: バルプロ酸毒性への敏感
Search instead for: バルプロ酸毒性への敏感性

  • 虫刺症

    ムカデによる虫咬傷では、温熱によりムカデが変性・失活し、症状が軽快する。 ムカデを失活させた後、氷で冷やすと血液循環が低下し、炎症が鎮静して、痛みが軽減する。 メキシコではサソリ刺傷で年間2000人の死亡者が見られ、イスラエル、インドにおいても、サソリ刺傷による高い死亡率が報告されている。[ja.wikipedia.org] 有毒毛には針毛(どくしんもう)と棘(どくきょく)があります。針毛はドクガ類(ドクガ、チャドクガなど)、棘はイラガ類(イラガ、ヒロヘリアオイラガなど)の幼虫にあります。これに触れると、激しい痒みを伴う蕁麻疹のような症状があらわれます。 非常に強い痒みを伴うため、掻きむしって細菌感染し化膿する恐れがあります。[myclinic.ne.jp] ドクガ類の針毛に触れた場合は、皮膚に付着した針毛をテープ等で取り除き、シャワーで十分に洗い流すこと、洋服を全て洗濯することで拡大を防ぐことがある程度出来ます。[mai-skincl.com]

  • ハチ刺され

    ハチによる重いアレルギー症状「アナフィラキシーショック」と診断され、自己注射薬「エピペン」を持つよう指示されました。「家業のハチにアレルギーを持つなんて……」。以来、ハチがいる巣箱には近づけません。相模原市の男性(69)は、ハチのアレルギーの根治を目指し、免疫療法を続けています。[asahi.com] 2 傷口からできる限りを搾り出す。 3 傷口をよく冷やす。 ※口などでを吸い出すことについては、口の中に傷(虫歯も含む)があった場合そこから体内にが入ってしまうことがあるのでやめましょう。また、針が見えていたとしても、更に押し込んでしまう場合があるので、無理には抜かないで下さい。[maizuru119.com] ハチによる死亡事故は本邦で年間約20例あり、クマ、ヘビなどよりも多い。ハチは人にとって最も危険な生き物と言えるが、なぜか報道の対象にされる機会が少ない。作業中の事故が多いせいかもしれない。クロスズメバチはキイロスズメバチよりおとなしく、ハチの毒性も低い言われる。[jac.or.jp]

  • 大腸菌

    耐熱性の腸管を産生する。小児の慢性下痢症の原因とされ、水様性下痢、嘔吐、脱水症状、ときには発熱、血便がみられる。O44、O127、O128の血清型大腸菌。 大腸菌群は糞便 (ふんべん) 汚染の指標として、飲料水や食品、さらには海水浴場や公衆浴場などの衛生検査によく使われる。[kotobank.jp] 〔育児読本(1931)〕 ※旅‐昭和二六年(1951)六月号・年寄にさら湯は〈酒井谷平〉「また之れによって不潔視されている大腸菌のレーゾン・デートルも出来たわけである」 出典 精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について 情報 世界大百科事典 内の 大腸菌 の言及 【大腸菌群数】より …大腸菌 Escherichia coli[kotobank.jp]

  • 蕁麻疹

    漢方としては、柴胡加龍骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)・酸棗仁湯(さんそうにんとう)・十味敗湯(じゅうみはいどくとう)がよく使われる。 慢性胃炎合併の場合ヘリコバクター除菌療法、慢性扁桃炎合併の場合扁桃摘手術を施行すると、蕁麻疹も治癒することがあり、行われることもある。掌蹠膿疱症と同様の機序が考えられている。[ja.wikipedia.org]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    バルプロNa、ゾニサミド 5.ミオクロニー発作治療薬:クロナゼパム、バルプロナトリウム、エトスクシミド 6.てんかん重積症治療薬(短時間内に発作がくり返し起こる症状。[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 肝代謝 バルプロ、フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、ベンゾジアゼピン系 腎代謝 ガバペンチン、レベチラセタム 肝腎代謝 トピラマート、ラモトリギン 低ナトリウム血症 バルプロ、カルバマゼピン 心伝達系異常 フェニトイン、カルバマゼピン 認知機能低下 フェノバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピン パーキンソン症状 バルプロ[tokushukai.or.jp] 1.大発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、バルプロNa、ゾニサミド 2.小発作治療薬:エトスクシミド、バルプロNa、トリメタジオン 3.精神運動発作治療薬:カルバマゼピン、フェニトイン、プリミドン、バルプロNa 4.皮質焦点発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

  • 双極性障害

    また、院外薬局を用いており、患者にアレルギーがない場合、リチウムおよびバルプロについては継続利用の可能性が高いため、ジェネリック医薬品に変更することが推奨される。ただしその他の気分安定剤にはジェネリック医薬品が存在しないことがある。[hanshin-cl.com] (1)躁病エピソード 軽症では炭酸リチウムやバルプロといった気分安定薬の単剤療法が推奨されます。[sugiura-kokoro.com] 気分安定薬には、リチウム、バルプロ、カルバマゼピン、ラモトリギンなどの種類がありますが、最も多く使われている薬がリチウムです。リチウムは、主に爽快さを伴う躁状態のときや、中程度までのうつ状態の時によく使われます。バルプロは、不快さを伴う躁のときによく用いられます。[dr-maedaclinic.jp]

  • 欠神発作

    新規抗てんかん薬では強直間代発作ではバルプロに次いでラモトリギン、トピラマート、次いでレベチラセタムが推奨されている。欠神発作ではエトスクシミドに次いで、ラモトリギン、ミオクロニー発作ではバルプロに次いでレベチラセタムが推奨されている。[ja.wikipedia.org] 強直発作に対しては、ラモトリギン、ゾニサミド、トピラマート、カルバマゼピン、フェニトイン、非定型欠神発作に対してはバルプロナトリウム、エトスクシミド、脱力発作に対しては、バルプロナトリウム、クロナゼパム、ミオクロニー発作に対してはバルプロナトリウム、クロナゼパム、レベチラセタムなどがあげられます。[epilepsy-info.jp] 肝代謝 バルプロ、フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、ベンゾジアゼピン系 腎代謝 ガバペンチン、レベチラセタム 肝腎代謝 トピラマート、ラモトリギン 低ナトリウム血症 バルプロ、カルバマゼピン 心伝達系異常 フェニトイン、カルバマゼピン 認知機能低下 フェノバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピン パーキンソン症状 バルプロ[tokushukai.or.jp]

  • ニコチン中毒

    ニコチン中毒(Nicotine poisoning)とは、ニコチンの過剰摂取によっての作用が生じている状態。ニコチンによる薬物中毒である。同じの訳語のニコチン中毒(Nicotine intoxication)は、ニコチンによる精神症状である。依存症については、ニコチン依存症を参照。 ニコチンは自律神経系、中枢神経などに作用する。[ja.wikipedia.org] たばこ 誤飲事故 専用電話 (365日 24時間対応、 自動音声応答 による情報提供:一般向け) 072-726-9922 (情報提供料:無料) 中毒110番の取扱う対象 中毒110番の取扱う対象 中毒110番は 化学物質 や 動植物の などによって起こる 急性中毒 について、実際に事故が発生している場合 に限定し情報提供しております。[j-poison-ic.or.jp] ・家庭用品: 乾燥剤、化粧品、たばこなど ・医薬品: 医療用医薬品、一般用医薬品(OTC薬) ・農業用品: 殺虫剤、殺菌剤、除草剤、肥料など ・自然: フグ、マムシ咬傷、きのこなど ・工業用品: 硫化水素、化学薬品など 以下のようなものについては受け付けておりませんのでご注意ください ・慢性中毒 (薬物依存、薬物乱用、労働災害、環境汚染など[j-poison-ic.or.jp]

  • 若年性欠神てんかん

    バルプロNa、ゾニサミド 5.ミオクロニー発作治療薬:クロナゼパム、バルプロナトリウム、エトスクシミド 6.てんかん重積症治療薬(短時間内に発作がくり返し起こる症状。[www-yaku.meijo-u.ac.jp] 肝代謝 バルプロ、フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、ベンゾジアゼピン系 腎代謝 ガバペンチン、レベチラセタム 肝腎代謝 トピラマート、ラモトリギン 低ナトリウム血症 バルプロ、カルバマゼピン 心伝達系異常 フェニトイン、カルバマゼピン 認知機能低下 フェノバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピン パーキンソン症状 バルプロ[tokushukai.or.jp] 1.大発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、バルプロNa、ゾニサミド 2.小発作治療薬:エトスクシミド、バルプロNa、トリメタジオン 3.精神運動発作治療薬:カルバマゼピン、フェニトイン、プリミドン、バルプロNa 4.皮質焦点発作治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

  • 全身性慢性または強直間代発作

    (1)に対してフェニトインなど、(2)に対してフェノバール、ベ ンゾジアゼピン、バルプロなど、(3)のに対してフェニトイン、カルバマゼピン、バルプロなど、に対してエソサクシマイド、バルプロなどです。 てんかんの治療は薬物治療が原則です。発作の状況を詳しくつかみ、正確な診断をして、適切な薬剤を使うことが重要です。[min-iren.gr.jp] 一方、バルプロでは幼少期の方が成人よりもクリアランスが大きいため、投与量に対する血中濃度は低くなります。[yakuzaic.com] (痛みについては適応外処方) リチウム と バルプロ と共通する作用として、 神経保護作用 がある。 GABA 神経系の賦活作用および神経保護因子の遊離促進作用がある。 リチウム、バルプロとは異なり、 イノシトールの枯渇作用 は示さない。[shiga-med.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状