Create issue ticket

考えれる20県の原因 バリン増加

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝性脳症

    慢性肝不全による肝性脳症のときには、血液中のアミノ酸組成が変化して芳香族(ほうこうぞく)アミノ酸(フェニルアラニン、チロシン)が増加し、分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸(ロイシン、イソロイシン、バリン)が減少します。[kotobank.jp] また肝硬変患者さんの血液中アミノ酸を分析すると、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)とAAA(フェニルアラニン・チロシン)の比率(フィッシャー比)が低下しています。つまり、BCAAが減少しAAAが増加したアミノ酸インバランスが見られます。[otsuka.co.jp] BCAA(Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸)とは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸総称です。この3つのアミノ酸はヒトが体内で作ることが出来ない必須アミノ酸と呼ばれています。 BCAAは筋肉で代謝されてアンモニアを解毒すると同時に肝臓のエネルギー源になりやすいアミノ酸です。[otsuka.co.jp]

  • 代謝性脳症

    また肝硬変患者さんの血液中アミノ酸を分析すると、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)とAAA(フェニルアラニン・チロシン)の比率(フィッシャー比)が低下しています。つまり、BCAAが減少しAAAが増加したアミノ酸インバランスが見られます。[otsuka.co.jp] BCAA(Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸)とは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸総称です。この3つのアミノ酸はヒトが体内で作ることが出来ない必須アミノ酸と呼ばれています。 BCAAは筋肉で代謝されてアンモニアを解毒すると同時に肝臓のエネルギー源になりやすいアミノ酸です。[otsuka.co.jp]

  • 低血糖性脳症

    また肝硬変患者さんの血液中アミノ酸を分析すると、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)とAAA(フェニルアラニン・チロシン)の比率(フィッシャー比)が低下しています。つまり、BCAAが減少しAAAが増加したアミノ酸インバランスが見られます。[otsuka.co.jp] BCAA(Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸)とは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸総称です。この3つのアミノ酸はヒトが体内で作ることが出来ない必須アミノ酸と呼ばれています。 BCAAは筋肉で代謝されてアンモニアを解毒すると同時に肝臓のエネルギー源になりやすいアミノ酸です。[otsuka.co.jp]

  • 間欠型メイプルシロップ尿症

    ロイシン、イソロイシン、バリン増加、アラニンの低下を認める。 ② 尿中有機酸分析 分枝鎖α ケト酸、分枝鎖α ヒドロキシ酸の増加を認める。 ③酵素活性 酵素診断においてはリンパ球、皮膚線維芽細胞、羊水細胞、絨毛細胞などを用いた分枝鎖ケト酸脱水素酵素の酵素活性の測定を行う。 患者では酵素活性は正常対照の20%以下である。[nanbyou.or.jp] ロイシン、イソロイシン、バリン増加、アラニンの低下を認める。 ②有機酸分析 分枝鎖αケト酸、分枝鎖αヒドロキシ酸の増加を認める。 ③酵素活性 酵素診断においてはリンパ球、皮膚線維芽細胞、羊水細胞、絨毛細胞などを用いた分枝鎖ケト酸脱水素酵素の酵素活性の測定をおこなう。 患者では酵素活性は正常対照の20%以下である。[hapila.jp]

  • 真性多血症から移行した骨髄線維症

    がフェニルアラニンにアミノ酸置換)が検出され,一部にJAK2遺伝子のエクソン12変異を認める.これらの変異はストレス赤血球増加症や二次性赤血球増加症にみられないことから,赤血球増加症の鑑別診断に有用である.JAK2V617F変異は本態性血小板血症や原発性骨髄線維症の半数例に検出され,疾患特異性はない. 5)好中球アルカリホスファターゼ (NAP[kotobank.jp] のことが多い.10 20%の症例でdel(20q), 8, 9,del(13q)などの染色体異常がみられるが,いずれも本症に特異的な異常ではない.Ph染色体やbcr/abl融合遺伝子は検出されない. 4)JAK2チロシンキナーゼ遺伝子検査: ほとんどの症例でJAK2チロシンキナーゼ遺伝子変異を認める.おもにJAK2V617F変異(617番目のバリン[kotobank.jp]

  • 家族性骨髄線維症

    がフェニルアラニンにアミノ酸置換)が検出され,一部にJAK2遺伝子のエクソン12変異を認める.これらの変異はストレス赤血球増加症や二次性赤血球増加症にみられないことから,赤血球増加症の鑑別診断に有用である.JAK2V617F変異は本態性血小板血症や原発性骨髄線維症の半数例に検出され,疾患特異性はない. 5)好中球アルカリホスファターゼ (NAP[kotobank.jp] のことが多い.10 20%の症例でdel(20q), 8, 9,del(13q)などの染色体異常がみられるが,いずれも本症に特異的な異常ではない.Ph染色体やbcr/abl融合遺伝子は検出されない. 4)JAK2チロシンキナーゼ遺伝子検査: ほとんどの症例でJAK2チロシンキナーゼ遺伝子変異を認める.おもにJAK2V617F変異(617番目のバリン[kotobank.jp]

  • バリン血症

    また肝硬変患者さんの血液中アミノ酸を分析すると、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)とAAA(フェニルアラニン・チロシン)の比率(フィッシャー比)が低下しています。つまり、BCAAが減少しAAAが増加したアミノ酸インバランスが見られます。[otsuka.co.jp] BCAA(Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸)とは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸総称です。この3つのアミノ酸はヒトが体内で作ることが出来ない必須アミノ酸と呼ばれています。 BCAAは筋肉で代謝されてアンモニアを解毒すると同時に肝臓のエネルギー源になりやすいアミノ酸です。[otsuka.co.jp]

  • 高アルギニン血症

    また肝硬変患者さんの血液中アミノ酸を分析すると、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)とAAA(フェニルアラニン・チロシン)の比率(フィッシャー比)が低下しています。つまり、BCAAが減少しAAAが増加したアミノ酸インバランスが見られます。[otsuka.co.jp] BCAA(Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸)とは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸総称です。この3つのアミノ酸はヒトが体内で作ることが出来ない必須アミノ酸と呼ばれています。 BCAAは筋肉で代謝されてアンモニアを解毒すると同時に肝臓のエネルギー源になりやすいアミノ酸です。[otsuka.co.jp]

  • 筋原性カルニチン欠乏症

    魚類の必須アミノ酸としては、スレオニン(Thr)、バリン(Val)、システイン(Cys)、メチオニン(Met)、イソロイシン(Ile)、ロイシン(Leu)、チロシン(Tyr)、フェニルアラニン(Phe)、リジン(Lys)、ヒスチジン(His)、アルギニン(Arg)が挙げられる。[patents.google.com] アミノ酸の要求量を充足させ、該必須アミノ酸のうち、リジンの飼料中の含有量を、生育に必要なアミノ酸の要求量以下に調整することにより、魚類筋肉内脂質含量を増加するための魚類飼育用飼料を調製し、該魚類飼育用飼料を用い、養殖魚の出荷前の飼育期間において、出荷前の2 7日の期間を該魚類飼育用飼料を投与して飼育することにより、養殖魚の筋肉内の脂質含量を増加[patents.google.com]

さらなる症状