Create issue ticket

考えれる25県の原因 バランス徴候

  • 血液量減少症

    乳児 乳児では電解質バランスがくずれやすいため,慎重に投与すること。 過量投与 徴候,症状 電解質及び体液喪失により血圧低下,心電図異常,血栓症,急性腎不全,譫妄状態等を起こす可能性がある。 処置 患者の状態を観察しながら水分及び電解質の補充を行う。 本剤は血液透析によって除去できない。 適用上の注意 静脈注射時 緩徐に投与すること。[kegg.jp]

  • 乏尿性急性腎不全

    乳児 乳児では電解質バランスがくずれやすいため、慎重に投与すること。 過量投与 徴候、症状 電解質及び体液喪失により血圧低下、心電図異常、血栓症、急性腎不全、譫妄状態等を起こす可能性がある。 処置 患者の状態を観察しながら水分及び電解質の補充を行う。 本剤は血液透析によって除去できない。[kegg.jp]

  • 低心拍出量症候群

    体内水分バランスに注意し,発熱や発汗,皮膚の弾性の低下,CVP(中心静脈圧)の低下,尿量の低下などの 脱水 の徴候を捉えますまた,動脈圧波形が呼吸性に変動していたり,患者さんの体動時に容易に血圧が低下したりする場合は,循環血液量が不足している(血管内脱水をきたしている)可能性が考えられます。[kango-roo.com]

  • 塩類喪失

    過剰な治療はクッシング様徴候を招くので避けなければならない.しばしば血清17-OHP濃度が生理学的範囲に低下した場合に発症する.したがって,治療中の患者における17-OHPの正常範囲は,アンドロゲンが性別や思春期発達段階に応じた適切なレベルに維持されているという条件で,通常よりも高めに設定(100-1,000 ng/dL)すべきである.[grj.umin.jp] ハイドロコルチゾンの錠剤は成長期の小児における治療の選択肢である.経口懸濁液は好まれない.通常ハイドロコルチゾンを(24 時間あたり 10-20 mg/m 2)を 1日2-3回に分けて経口投与する.小児におけるグルココルチコイド療法では,正常な成長および骨成熟がおこるように,医原性クッシング症候群を起こさず副腎アンドロゲン分泌を抑制するというバランス[grj.umin.jp]

  • 大脳基底核出血

    進行性核上性麻痺の主な症状、徴候 転倒しやすくなる 転倒で発症に気づかれることが多く、バランスを立て直す身体の反射がおきない「姿勢反射障害」を特徴とします。歩こうとして足が前に出ない「すくみ足」、歩いているうちにだんだんスピードが速くなる「加速歩行」がみられます。 目が動きにくい 上下方向に目を動かしにくくなり、上や下が見づらくなります。[utanohosp.jp]

  • パーキンソン-痴呆症候群

    進行性核上性麻痺の主な症状、徴候 転倒しやすくなる 転倒で発症に気づかれることが多く、バランスを立て直す身体の反射がおきない「姿勢反射障害」を特徴とします。歩こうとして足が前に出ない「すくみ足」、歩いているうちにだんだんスピードが速くなる「加速歩行」がみられます。 目が動きにくい 上下方向に目を動かしにくくなり、上や下が見づらくなります。[utanohosp.jp]

  • 典型的な進行性核上性麻痺症候群

    進行性核上性麻痺の主な症状、徴候 転倒しやすくなる 転倒で発症に気づかれることが多く、バランスを立て直す身体の反射がおきない「姿勢反射障害」を特徴とします。歩こうとして足が前に出ない「すくみ足」、歩いているうちにだんだんスピードが速くなる「加速歩行」がみられます。 目が動きにくい 上下方向に目を動かしにくくなり、上や下が見づらくなります。[utanohosp.jp]

  • 低カリウム血性腎症

    乳児 乳児では電解質バランスがくずれやすいため、慎重に投与すること。 過量投与 徴候、症状 電解質及び体液喪失により血圧低下、心電図異常、血栓症、急性腎不全、譫妄状態等を起こす可能性がある。 処置 患者の状態を観察しながら水分及び電解質の補充を行う。 本剤は血液透析によって除去できない。[kegg.jp]

  • 先天性皮質過形成

    過剰な治療はクッシング様徴候を招くので避けなければならない.しばしば血清17-OHP濃度が生理学的範囲に低下した場合に発症する.したがって,治療中の患者における17-OHPの正常範囲は,アンドロゲンが性別や思春期発達段階に応じた適切なレベルに維持されているという条件で,通常よりも高めに設定(100-1,000 ng/dL)すべきである.[grj.umin.jp] ハイドロコルチゾンの錠剤は成長期の小児における治療の選択肢である.経口懸濁液は好まれない.通常ハイドロコルチゾンを(24 時間あたり 10-20 mg/m 2)を 1日2-3回に分けて経口投与する.小児におけるグルココルチコイド療法では,正常な成長および骨成熟がおこるように,医原性クッシング症候群を起こさず副腎アンドロゲン分泌を抑制するというバランス[grj.umin.jp]

  • 膣閉鎖症

    注: 過剰な治療はクッシング様徴候を招くので避けなければならない.しばしば血清17-OHP濃度が生理学的範囲に低下した場合によく起きる.したがって,治療中の患者における17-OHPの正常範囲は,アンドロジェンが性別や性的発達段階に応じた適切なレベルに維持されているという条件で,通常よりも高めに設定(100-1,000 ng/dl)すべきである[grj.umin.jp] グルココルチコイド補充が必要となり,通常 1日2ないし3回に分けてハイドロコーチゾン(24時間あたり10-20mg/m 2)が経口的に投与される[New et al 2013].小児におけるグルココルチコイド療法は,医原性クッシング症候群を起こさないように,そして正常な成長および骨成熟がおこるように副腎アンドロジェン分泌の抑制をするというバランス[grj.umin.jp]

さらなる症状