Create issue ticket

考えれる84県の原因 バット・キアリ症候群

  • 深部静脈血栓症

    手術や長期臥床などが誘因となって起こる、深部静脈血栓症(以下、DVT)。 予防法は病棟で多く取り扱っている一方、実際にDVTを発症したというケースに合った看護師は少ないのではないでしょうか。 そこで今回は、実際にDVTを発症した筆者が、病態から発症によるつらさ、そして実際に行っている予防法について、ご紹介します。 血栓形成における3つのメカニズムを把握しよう DVTを理解する上でまず大切なのは、血栓形成に至る3つのメカニズムを把握することです。 そこで血栓形成における3つのメカニズムを解説します。 1)血流停滞[…][ogw-media.com]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

  • 家族性骨髄線維症

    症候 16 多系統委縮症(線条体黒質変性症、ジャイ・ドレーガー症候群、オリーブ橋小脳委縮症) 45 重症急性膵炎 11 皮膚・結合組織疾患 17 ウィリス動脈輪閉塞症(モヤモヤ病) (6)強皮症 18 多発性硬化症(MS) 46 混合性結合組織病 19 重症筋無力症(MG) 47 神経線維腫症(Ⅰ型、Ⅱ型) 20 筋委縮性側索硬化症(ALS[gifunanbyo.org] 症候 (バットキアリしょうこうぐん) バッド・キアリ(Budd-Chiari)症候 (バッド・キアリ(Budd-Chiari)しょうこうぐん) 121 慢性膵炎 (まんせいすいえん) 慢性膵炎 (まんせいすいえん) 皮膚・結合組織疾患 20 強皮症 (きょうひしょう) 強皮症 (きょうひしょう) 28 結節性硬化症 (けっせつせいこうかしょう[nanbyou.or.jp] 先端巨大症、下垂体機能低下症) 38 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 39 リンパ脈管筋腫症 10 消化器系疾患 4 代謝系疾患 40 潰瘍性大腸炎 13 アミロイドーシス 41 クローン病 14 家族性高コレステロール血症(ホモ接合体)※1 42 原発性胆汁性肝硬変 5 神経・筋疾患 43 難治性肝炎のうち劇症肝炎 15 脊髄小脳変性症 44 バットキアリ[gifunanbyo.org]

  • 膵腺癌

    局所進行・転移性膵腺がんの1次治療において、ナノ粒子アルブミン結合パクリタキセル(ナブパクリタキセル、nab-PTX) ゲムシタビン(GEM)併用療法は、GEM単独療法に比べ高い有効性をもたらすことが、米国・Translational Genomics Research InstituteのDaniel D. Von Hoff氏らの検討で示された。GEMは、1997年以降、切除不能な局所進行・転移性膵がんの1次治療の標準治療とされている。この間に、多くの薬剤が第2相試験で有望な結果を示したが、第3相試験で生存期間の有意な改善効果を達成したのはGEM エルロチニブと、オキサリプラチン イリノテカン[…][carenet.com]

  • 骨髄増殖性疾患

    骨髄性増殖疾患は、骨髄内での造血幹細胞から血球細胞の前駆細胞、及び成熟血球細胞までが異常増殖を起こしてしまう骨髄家腫瘍疾患です。 主な骨髄増殖性疾患には「骨髄繊維症」や「新生赤血球増加症(真性多血症)」慢性骨髄性白血病」「本能性血小板血症」などがあり、それぞれの様々な症状が出ることがあります。 病気のことから治療法まで血液医療専門の 先生からわかりやすく解説して頂きます。 13:00 13:50 骨髄線維症の病態・診断・治療について 順天堂大学 血液内科 小松 則夫 先生 14:00 14:50 真性赤血球増加症と本能性血小板血症の病態・診断・治療について[…][cancerchannel.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    症候 慢性膵炎 皮膚・結合組織疾患 皮膚・結合組織疾患 強皮症 結節性硬化症 硬化性萎縮性苔癬 好酸球性筋膜炎 混合性結合組織病 色素性乾皮症 神経線維腫症 スティーヴンス・ジョンソン症候群 先天性魚鱗癬様紅皮症 中毒性表皮壊死症 天疱瘡 膿疱性乾癬 表皮水疱症 骨・関節系疾患 骨・関節系疾患 黄色靭帯骨化症 後縦靭帯骨化症 広範脊柱管狭窄症[resja.or.jp] 症候 16 多系統委縮症(線条体黒質変性症、ジャイ・ドレーガー症候群、オリーブ橋小脳委縮症) 45 重症急性膵炎 11 皮膚・結合組織疾患 17 ウィリス動脈輪閉塞症(モヤモヤ病) (6)強皮症 18 多発性硬化症(MS) 46 混合性結合組織病 19 重症筋無力症(MG) 47 神経線維腫症(Ⅰ型、Ⅱ型) 20 筋委縮性側索硬化症(ALS[gifunanbyo.org] 症候 H01433 バットキアリ症候 92 特発性門脈圧亢進症 H01686 特発性門脈圧亢進症 93 原発性胆汁性肝硬変 H01467 原発性胆汁性肝硬変 94 原発性硬化性胆管炎 H01684 原発性硬化性胆管炎 95 自己免疫性肝炎 H01685 自己免疫性肝炎 96 クローン病 H00286 クローン病 97 潰瘍性大腸炎 H01466[genome.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    原発性骨髄線維症 Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 骨髄線維症進行期 上: 100 下: 200 顆粒球系細胞、赤芽球系細胞は認められず. 巨核球は増加、著明な線維化が認められる. 解説 はじめに 原発性骨髄線維症は骨髄の広範な線維化と骨硬化、髄外造血を特徴とする慢性骨髄 増殖性疾患の一つです。その本態は本態性血小板血症、真性多血症と同様に造血幹 細胞レベルで生じた遺伝子異常であり、造血細胞はモノクローナルに増殖、特に血小板 産生細胞である巨核球から産生される種々のサイトカインが骨髄の間質細胞に作用し[…][med.osaka-cu.ac.jp]

  • 発作性夜間血色素尿症

    発作性夜間血色素尿症(ほっさせいやかんけっしきそにょうしょう、英: Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria、略称: PNH)とは、溶血性貧血の一つ。発作性夜間ヘモグロビン尿症とも呼ばれる。 厚生労働省指定の難病特定疾患であり、日本での患者数は、約500人程度と言われている。 グリコシルホスファチジルイノシトール(Glycosyl phosphatidylinositol:GPI)アンカーの生合成に必須な遺伝子である「PIG-A遺伝子」の変異が造血幹細胞に生じて、赤血球膜上のGPIアンカー型補体制御因子である「CD55(decay-accelerating[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝臓類肉腫症

    今から40年ほど前では、肝臓は均一の組織で、構成する細胞の種類も2,3種類と考えられていました。ところが近年新しい細胞がつぎつぎに発見され、現在では7 8種の細胞が肝臓という器官を構成していることが判ってきました。これらの細胞はさながらオーケストラのように協調し合って壮大な肝臓という交響曲を演奏しているのです。そのアンサンブルがうまくいかなくなると肝臓は病気になります。 つぎに肝臓を構成している細胞について簡単に説明しましょう(細胞ごとに色をつけています)。 肝臓の実質細胞(肝細胞) 肝細胞は肝臓を構成する主要な細胞で、 肝臓で行われる代謝[…][minophagen.co.jp]

さらなる症状