Create issue ticket

考えれる37県の原因 バチ状指, 慢性肝炎

  • 肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療としては、従来からインターフェロン(IFN)製剤とリバビリン(RBV; コペガス 、 レベトール 他)との併用療法が推奨されてきた。[medical.nikkeibp.co.jp] 先進国では,ほとんどの症例が慢性の アルコール乱用 または C型慢性肝炎 によるものである。アジアおよびアフリカの一部地域では, B型慢性肝炎 による肝硬変がしばしばみられる。(B型およびC型肝炎に関する追加情報については 肝炎ウイルスの特徴 )。[msdmanuals.com]

  • 門脈性肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変を治療しないとどうなりますか? A. 徐々に肝炎は進行し、10 30年後には肝硬変や肝がんに移行しやすくなります。 C型慢性肝炎は軽い肝炎のまま経過するケースもありますが、約7割は徐々に病気が進行し、治療しないと10〜30年でその3〜4割が肝硬変、さらに肝がんに移行するといわれています。[c-kan.net] 慢性肝炎: 初期では細胞障害性T細胞(CTL)などの炎症性細胞が浸潤し、肝細胞壊死が起こり、肝再生のための細胞分裂が繰り返されます。次の段階では門脈域を中心とした線維化が進み、門脈域の拡大が起こります。[ds-pharma.jp] (F3)と肝硬変(F4)との鑑別 明瞭な再生結節と線維性隔壁が存在すれば,肝硬変の診断は針生検でも容易である.しかし,慢性肝炎(F3)と肝硬変(F4)との鑑別に迷う場合は多い.即ち,肝小葉構築の改変が進行した慢性肝炎と初期の肝硬変との鑑別に苦慮する症例がある.これには,2つの理由がある.1つは,慢性肝炎から肝硬変に進展する過程は,形態学上は[jsum.or.jp]

  • 大結節性肝硬変

    B型慢性肝炎 C型慢性肝炎 肝硬変 脂肪肝 急性肝炎 急性肝炎の原因には、多くのものがありますが、日本において重要なのはウイルス性肝炎です。肝臓に病気を引き起こす肝炎ウイルスには、A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎があります。[nagaki-clinic.jp] また,慢性肝炎と肝硬変を比べると,SMIで動脈が多く確認される肝硬変( 図10b )では,造影超音波(PPI)でも動脈化が確認できるのに対し,動脈がほとんど見られない慢性肝炎( 図10a )では,血流バランスが門脈に傾いていることがわかる。[innervision.co.jp] B型慢性肝炎 現場で役立つポイント 慢性肝炎 とは、6カ月以上肝臓に 炎症が持続 している病態をいう。門脈域に炎症・線維化が、他に肝細胞の変性・壊死が認められる。 B型慢性肝炎 とは、 B型肝炎ウイルス(HBV) の感染によって発症する疾患であり、肝硬変、肝癌へと進行することがある。[nurseful.jp]

  • 肝細胞癌

    B型肝炎 :10%〜20% B型肝炎 では 肝硬変 へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、 B型肝炎ウイルス はDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。 アルコール性肝疾患 発生率は高くないが 肝硬変 を経て、発症する場合も多い。[ja.wikipedia.org] なお、当院肝臓専門外来では日頃より酒量が多く肝機能の心配な方、御家族に慢性肝炎、肝硬変のいらっしゃる方、生活習慣病の一つである脂肪肝を指摘された方についても的確な診療、生活指導を行っていますので遠慮なくご相談下さい。 担当:夏木 豊[sannou.or.jp] 肝細胞癌は、わが国にではその約90%が肝炎ウイルス感染を成因とする慢性肝炎やさらに線維化が進行した肝硬変を背景として発症します。肝細胞癌に関係する肝炎ウイルスの内訳は、C型肝炎ウイルス(HCV)が約70%、B型肝炎ウイルス(HBV)が約20%です。[jikeisurgery.jp]

  • 低ガンマグロブリン血症

    数 値 高頻度にみられる疾患 否定できない主要疾患 9.0以上 多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症 8.0 9.0 慢性炎症性疾患、膠原病、肝硬変、慢性肝炎、悪性腫瘍、骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、良性M蛋白血症 脱水症(血液の濃縮) 6.5 8.0 (基準値) 健康 アルブミン減少・免疫グロブリン増加を伴う諸種疾患(炎症性疾患[ikeda-hp-g.or.jp] 免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の検査のポイント どのようなときに検査するのか 血清蛋白異常症を疑うとき 慢性あるいは反復性の感染症、急性感染症の 回復期 、慢性 肝炎 や肝硬変などの肝疾患、 関節リウマチ 、SLEなどの自己免疫疾患や炎症性疾患など 蛋白血症を疑うとき 多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、良性単クローン[kango-roo.com] 高値を示す病態 ① γグロブリン産生増加 ・慢性炎症(エールリヒア症、FCoV感染症、慢性細菌感染症など) ・急性炎症(肝炎など) ・抗体産生細胞の腫瘍(形質細胞腫瘍、一部の悪性リンパ腫、多発性骨髄 腫) ② 炎症性疾患時の高フィブリノーゲン血症 ③ 脱水(アルブミン相対的増加が主) ④ 高脂血症(アーティファクト:アルブミンとグロブリン両方増加[monolis.com]

  • C型肝炎

    慢性C型肝炎の治療の目的は、C型肝炎ウイルスの除去による慢性肝炎の沈静化(ALTの正常化)と、その後の肝硬変への移行・肝細胞癌発症の阻止にある。急性C型肝炎は基本的に保存的加療がなされる。 抗ウイルス治療はC型肝炎ウイルスを排除する治療である。[ja.wikipedia.org] 抄録 67歳の男性が結婚40年後にC型急性肝炎を発症した.その妻(68歳)がC型慢性肝炎患者であり,C型肝炎ウイルス(HCV)RNAが高力価陽性( 5,000 KIU/m l )であった.両者のHCV遺伝子型はともに1b型で,NS5B領域の1,087塩基長の配列において99.7%の一致率を示した.それに対し,これまでに報告されているHCV[doi.org] 血液検査にて、HCV-RNA陽性でALTが正常な場合は無症候性キャリアであるが、多くの場合はALT高値持続し慢性肝炎状態となる。ALT高値が持続する慢性肝炎の状態を5〜10年以上経過することで、その後肝硬変への移行・肝細胞癌発症となってくる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性活動性肝炎

    慢性肝炎 慢性肝炎 B型及びC型肝炎ウイルスが原因で、 通常は症状がなく、 腹水 ・ 黄疸 もない。 確診は肝生検による。 慢性肝炎では、B型が約30%を占める。[naoru.com] 概念 慢性肝炎と診断する患者は、急性肝炎と比較して経過が長く、治りにくく、病理組織学的には不可逆的な変化を残すという病態をもっている。 l 慢性肝炎診断基準 (犬山分類 1994) 慢性肝炎とは 6ヶ月以上の肝機能異常とウィルス感染が持続している病態をいう。[kanazawa-med.ac.jp] 代表的なものがB型慢性肝炎とC型慢性肝炎です。それぞれB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスの持続感染でおこります。 慢性肝炎の多くはほとんど症状がありません。[kotobank.jp]

  • 二次性胆汁性肝硬変

    ことに、慢性肝炎の軽いF1からF2 F3と進行する様子が"右肩下がりの血小板"として表現され、 肝硬変化、肝がんへ近づいていることがわかる。 C型慢性肝炎における血小板数と肝線維化の関係 C型慢性肝炎では、肝臓の線維化が進むほど肝がんを発症しやすいことが知られています。[mt-pharma.co.jp] どのようなときに検査するか 肝疾患、心疾患(特に心筋梗塞)、骨格筋疾患などが疑われるとき 肝機能評価として GOT/GPT比による病態評価として 疑われる病気 高値の場合 肝疾患 急性肝炎慢性肝炎、アルコール性肝炎、肝硬変、肝がん、脂肪肝など 心疾患 急性心筋梗塞など 筋疾患 進行性筋ジストロフィ症、多発性筋炎、筋無力症など その他 激しい[oyumino-central.jp] 教室のホームページへ 消化器・肝臓内科のトピックスへ 肝臓外来 B型およびC型慢性肝炎,肝硬変症の治療(インターフェロン,ラミブジンなどを用いた抗ウイルス療法など) 肝細胞癌の内科的治療(肝動脈塞栓術,エタノール注入療法など) 原発性胆汁性肝硬変症,自己免疫性肝炎の治療 食道静脈瘤の内科的治療 原因不明 ヘリコバクターピロリ外来(自費診療)[med.nihon-u.ac.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    頻度としてはA型肝炎が多く、一過性に重篤な肝障害、劇症肝炎を起こすことがある。また、成人発症のB型肝炎もほとんどは急性肝炎で発症する。HBVによる慢性肝炎も有名であるが、これは垂直感染によってキャリア化した場合がほとんどである。ただし、キャリアが急性増悪を起こし、急性肝炎のような経過を取ることはよくある。[ja.wikipedia.org] B型肝炎 C型肝炎 C型肝炎はC型肝炎ウイルスを原因とする慢性肝炎で感染すると70%以上の確立で慢性肝炎を発症しますが自覚症状に乏しく、知らない間に数十年の経過で進行し肝硬変や肝癌を合併する事が多い病気です。[med.kagawa-u.ac.jp] 監修:埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科 教授 持田 智 先生 急性肝炎 劇症肝炎 (急性肝不全) 慢性肝炎 ウイルス性肝炎 アルコール性 肝障害 非アルコール性 脂肪肝炎 薬物性肝障害 自己免疫性肝炎 原発性胆汁性 胆管炎 ※ここでの情報はあくまで基本の情報であり症状は人それぞれで違う場合もあります。[kansikkan.jp]

  • 肝肺症候群

    肝肺症候群を合併すると酸素飽和度低下、頻脈、労作時の多呼吸、バチなどをみる。 肝症状以外には腎病変・眼病変・中枢神経病変などによる症状がみられる。 4. 治療法 A. 保存的治療 逆行性胆管炎に対する抗菌剤治療、門脈圧亢進症に対する食道静脈瘤治療、肝性脳症や門脈肺高血圧症に対する薬物療法が行われる。 B.[ped-hbpd.jp] 書誌情報 症例 脳膿瘍を合併した肝肺症候群が併存した間質性肺炎の1例 柳原 豊史 森脇 篤史 関 七重 赤田 憲太朗 今永 知俊 805-8508 北九州市八幡東区春の町1-1-1 新日鐵八幡記念病院呼吸器科 要旨 症例は76歳女性.25年前から慢性C型肝炎による肝硬変で加療中であった.71歳時に慢性間質性肺炎を指摘され,間質性肺炎の精査中[journal.kyorin.co.jp] 肝肺症候群や門脈肺高血圧を合併すると、労作時呼吸困難、バチ、チアノーゼなどがみられうる。肝肺症候群でときに座位で悪化する低酸素血症(platypnea, orthodexia)などがみられる。CAPVでは門脈血流不足のために肝は小さく触れにくいことが多い。[ped-hbpd.jp]

さらなる症状