Create issue ticket

考えれる29県の原因 バウンディングパルス

  • 妊娠後期

    妊娠28週(妊娠8か月)以降は妊娠後期といわれ、お腹が大きくなってきたのが目立つ時期です。お腹の赤ちゃんも活発に動き、赤ちゃんが動いただけで、痛いと感じる妊婦さんもいます。 妊娠後期、気になる主な疾患は『切迫早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『切迫早産』について話しましょう。 早い時期からのお腹の張りは要注意 『切迫早産』の主な症状は 「お腹の張り」 です。お腹が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。 お腹の張り[…][kosodate-support-satsumasendai.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    北海道の覚せい剤事犯検挙状況 平成26年中の北海道内における覚せい剤事犯の検挙人員は、498人で前年より増加し、そのうち暴力団などが310人で全体の約62%を占めています。 検挙人員のうち、年齢別では40代が187人と最も多く全体の約38%、初犯・再犯別では、再犯者が全体の約72%を占めています。 押収量は約26,945グラムと前年より大幅に増加しています。 また、道内における大麻事犯の検挙人員は、176人で前年より64人と大幅に増加しており、そのうち暴力団などが48人で全体の約27%を占めています。[…][city.tomakomai.hokkaido.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    鉄欠乏性貧血 (てつけつぼうせいひんけつ、 英 : iron deficiency anemia, IDA )とは、体内に 鉄 が不足する事により、充分に ヘモグロビン を生産できなくなることで生じる 貧血 のことである。 病態 [ 編集 ] 赤血球 は細胞内に 血色素 (ヘモグロビン;Hb)を含有しており、 鉄 は血色素を構成する必須成分の1つである。血色素が酸素を結合して運べるのは、鉄の存在があればこそである。その鉄が体内で不足する事により、充分な血色素を 生合成[…][ja.wikipedia.org]

  • せん妄

    せん妄は,注意,認知,および意識レベルが急性かつ一過性に障害される病態で,その程度には変動がみられ,通常は可逆的である。ほぼ全ての疾患および薬剤が原因となりうる。診断は臨床的に行い,原因同定のために臨床検査と通常は画像検査を施行する。治療は原因の是正と支持療法である。 せん妄はあらゆる年齢で起こりうるが,高齢者でより多くみられる。入院する高齢患者の10%以上にせん妄があり,15 50%は入院期間中いずれかの時点でせん妄を経験する。術後患者,介護施設入居者,およびICU患者でも,せん妄がよくみられる。より若年者がせん妄を発症した場合,通常は薬物使用か生命を脅かす全身性疾患が原因である。[…][msdmanuals.com]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 動脈管開存症

    また、大腿動脈ではバウンディングパルスが触知される。 こうした血液のシャントによる症例は動脈管が細いとほとんど無症状の場合もあるが、感染性動脈内膜炎をおこしやすい危険性は細くても変わらない。 心電図ではⅡ誘導とaVF誘導においてR波の増高が認められる。胸部X線撮影では左心房の拡大、肺血管の拡張、左心室の拡大が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

  • 高拍出性心不全

    抄録[…][jstage.jst.go.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 大動脈弁閉鎖不全症

    【インタビュー】 公開日 2015 年 07 月 04 日 更新日 2018 年 06 月 27 日 大動脈弁閉鎖不全症 東京ベイ・浦安市川医療センター ハートセンター長 渡辺 弘之 先生 大動脈弁閉鎖不全症 は、私たちの心臓の働きにかかわる重大な病気で、重症化すると命にかかわることもあります。この記事では、大動脈弁閉鎖不全症がどのような病気なのかについて説明します。 大動脈弁閉鎖不全症とは?[…][medicalnote.jp]

さらなる症状