Create issue ticket

考えれる4県の原因 ノルメタネフリン増加

  • 先端巨大症

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し( 機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。 成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。 唇が厚くなる。 額が突き出る。 下あごがせり出る。 四肢の異常な発達。 四肢以外の筋肉の収縮。[…][ja.wikipedia.org]

  • 家族性褐色細胞腫

    (2)血中ノルメタネフリン分画が基準値の4倍以下の増加の場合は、24時間尿中メタネフリン分画の追跡検査により偽陽性を軽減できることがある[Algeciras-Schimnichら 2008]。[grj.umin.jp]

  • 小児期褐色細胞腫

    (2)血中ノルメタネフリン分画が基準値の4倍以下の増加の場合は、24時間尿中メタネフリン分画の追跡検査により偽陽性を軽減できることがある[Algeciras-Schimnichら 2008]。[grj.umin.jp]

  • 放射性腎臓症候群

    (2)血中ノルメタネフリン分画が基準値の4倍以下の増加の場合は、24時間尿中メタネフリン分画の追跡検査により偽陽性を軽減できることがある[Algeciras-Schimnichら 2008]。[grj.umin.jp]

さらなる症状