Create issue ticket

考えれる13県の原因 ニューロン数減少

  • 低酸素症

    切片の電位記録および共焦点顕微鏡解析から、低酸素状態のマウスではプルキンエ細胞の発火頻度が低下し、介在ニューロン減少していることが示された。ホールセル記録から、新生仔マウスではGABA A 受容体が存在するものの、低酸素状態により自発性IPSCを示すNG2細胞数が減少することが示された。[cosmobio.co.jp]

  • 先天性難聴

    蝸牛で聴力障害が起こると、障害範囲の特徴周波数をもつ神経線維の自発放電は減少し、その結果、背側蝸牛神経核や下丘での側方抑制の減少が起こり、障害周波と正常部位との境界に近いニューロンの過活動を起こし、これが耳鳴の原因ではないかと考えられるようになった。[ueda.ne.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    (NMDA受容体の中でも 一部分的なバインドを示す抗体) 卵巣奇形腫は、腫瘍の中に毛髪、皮膚、骨などを認めるものですが、 その中に脳組織が含まれるとそれに対する抗体が産生され、 卵巣の腫瘍から血中に入り、脳内に運ばれた抗体が 中枢のNMDA受容体に結合し、 機能が抗体により抑制されたり、 受容体減少することで グルタミン酸作動性ニューロン[blog.goo.ne.jp]

  • 精神遅滞

    同じ脳の成長時期におけるその他の霊長類の照射実験の結果では、ニューロン細胞間の結合減少している。もしこれらすべての結合に機能的な意味があるのであれば、この減少が何らかの形で機能を損ねているに違いない。[rerf.or.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    リルゾールは、グルタミンの放出を低減して運動ニューロンの破壊を減少させると信じられています。臨床試験では、リルゾールは、主に、嚥下が困難な患者の生存期間をヶ月延長させる効果があることが示されています。本薬剤は、患者が換気補助を必要とするまでの期間を延長する効果もあります。[christopherreeve.org]

  • 皮質下帯状異所性灰白質

    同じ脳の成長時期におけるその他の霊長類の照射実験の結果では、ニューロン細胞間の結合減少している。もしこれらすべての結合に機能的な意味があるのであれば、この減少が何らかの形で機能を損ねているに違いない。[rerf.or.jp] 前頭葉の形態学的研究 1) 機能円柱の縮小 2) 垂直性軸索の増加 3) 介在ニューロン減少 側頭葉内側部・辺縁系と前頭葉機能障害の関連 神経発達障害仮説と今後の課題 おわりに 文献 b.[actioforma.net] 側頭葉内側部・辺縁系と同様に、前頭葉においても神経細胞の、密度、サイズの計測に関する報告があり、錐体細胞密度の低下 9、12) やサイズが小さいこと 68) 、介在ニューロン減少 12,73) が述べられている。[actioforma.net]

  • シルヴィウス水道除外

    は大きな変動はない・シナプスとミエリンの減少・海馬では化学物質も減少・老化で頭の回転が遅くなるのはミエリンが減るため、年を取れば取るほど自分のIQは生みの親のIQに似てくる、環境の影響の半分は仲間集団・残りは突発事故や体験など、嘘を言ったとき反応:前帯状皮質・上前頭回・左脳の運動前野・左脳の運動野・左脳の前頭頂皮質、シャクターの記憶の7つの[www004.upp.so-net.ne.jp] 紀伊國屋書店 2006 2005 「脳倫理学:人間の脳を治療することや脳を強化することの是非を論じる哲学の一分野、滑り坂論法:遺伝子操作でヒューマンジーを作る、胚はいつから人になるのか、ラッセル:ある一瞬間には何物も存在しない、老化の二つのテーマ:幹細胞研究や細胞移植技術で治療する是非・認知機能の喪失と意識の喪失は区別できるか、一生を通じてニューロン[www004.upp.so-net.ne.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 3型

    研究の内容 ・C9ORF72のハプロ不全により、細胞内・外小胞輸送は破綻する 研究グループは、C9ORF72関連ALS/FTD患者由来の線維芽細胞(図1A)とiPS運動ニューロン(図1B)では、エクソソーム等の細胞外小胞分泌減少と、マンノース6-リン酸受容体局在で評価したトランス・ゴルジ網の異常を認めることを見出しました。[ncnp.go.jp] C9ALS/FTD由来初代線維芽細胞(A:左) およびiPS運動ニューロン(B:右)では、細胞外小胞(エクソソーム)の分泌減少する。細胞をOpti-MEM 培養液中で16時間培養後、培養液からエクソソームを回収・精製し、ナノ粒子解析装置で分泌数を評価した。 図2. GSTタグ付きの42種類のRAB1-43を用いた共免疫沈降法。[ncnp.go.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 2型

    研究の内容 ・C9ORF72のハプロ不全により、細胞内・外小胞輸送は破綻する 研究グループは、C9ORF72関連ALS/FTD患者由来の線維芽細胞(図1A)とiPS運動ニューロン(図1B)では、エクソソーム等の細胞外小胞分泌減少と、マンノース6-リン酸受容体局在で評価したトランス・ゴルジ網の異常を認めることを見出しました。[ncnp.go.jp] C9ALS/FTD由来初代線維芽細胞(A:左) およびiPS運動ニューロン(B:右)では、細胞外小胞(エクソソーム)の分泌減少する。細胞をOpti-MEM 培養液中で16時間培養後、培養液からエクソソームを回収・精製し、ナノ粒子解析装置で分泌数を評価した。 図2. GSTタグ付きの42種類のRAB1-43を用いた共免疫沈降法。[ncnp.go.jp]

  • 末梢神経障害 2型がある小脳失調

    とクラーク柱のニューロンで,その径と減少していた.腰髄と仙髄で,前根と後根が部分的に脱髄していた.視床と,橋の被蓋網様核の変性が報告されている(Rub ら 2003, Rub ら 2004, Rub ら 2005).[grj.umin.jp] トルペード様変性をしてい た.平行 する線維は乏しく,顆粒細胞数が減少し,一方,ゴルジ細胞や籠細胞は,歯状核や他の小脳核と同様に,よく維持されてい た.脳幹では下オリーブ核と橋小脳核のニューロンの消失が顕著であった.7人中6人では黒質の消失が顕著であった.解析できた5人の脊髄では,後柱の顕著な脱髄と,脊髄小脳路の軽度の脱髄がみられた.運動ニューロン[grj.umin.jp]

さらなる症状