Create issue ticket

考えれる1,024県の原因 ニューロパチー

  • ニューロパチー

    糖尿病は先進国の末梢性ニューロパチーの原因としては最も多い。遠位対称性の感覚性多発ニューロパチーまたは感覚運動性多発ニューロパチー、自律神経ニューロパチー、多発神経根ニューロパチー、脳神経障害、その他の単ニューロパチーなどがある。 遠位対称性の感覚運動性多発ニューロパチー糖尿病性ニューロパチーの中で圧倒的に多い。[ja.wikipedia.org] 症状・治療 圧迫性ニューロパチーとは? どんな病気か 末梢神経幹に圧力が加わることにより生じるもので、1本の神経が侵される(単 ニューロパチー )ことがほとんどです。 原因は何か 体外からの圧迫だけでなく、神経周囲組織の肥厚、腫瘤の圧迫でも起こります。[qlife.jp] 主な疾患は、ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーが炎症性・感染性のものとして有名であり、その他の原因によるものに、 糖尿病性ニューロパチー 、、 腫瘍随伴性ニューロパチー 、Crow-Fukase症候群、或いはSLE、PN等の膠原病性血管炎に伴うニューロパチー、シャルコー・マリー・トゥース病、、 家族性[arsvi.com]

  • 末梢神経障害

    捕捉性(ほそくせい)ニューロパチー(機械的神経障害(きかいてきしんけいしょうがい)) その他の単神経炎 代謝性(たいしゃせい)ニューロパチー 感染性(かんせんせい)ニューロパチー 感染後性(かんせんごせい)ニューロパチー(ギラン・バレー症候群(しょうこうぐん)) 慢性炎症性脱髄性多発(まんせいえんしょうせいだつずいせいたはつ)ニューロパチー[kotobank.jp] 末梢神経障害・ニューロパチーの症状 末梢神経障害の症状は多彩です。[ncnp.go.jp] 糖尿病性ニューロパチー [ 編集 ] 糖尿病 は先進国の末梢性ニューロパチーの原因としては最も多い。遠位対称性の感覚性多発ニューロパチーまたは感覚運動性多発ニューロパチー、自律神経ニューロパチー、多発神経根ニューロパチー、脳神経障害、その他の単ニューロパチーなどがある。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性神経炎

    ニューロパチー ギラン・バレー症候群(急性多発性神経炎) キノホルム パラコート[ja.wikipedia.org] … 【ニューロパチー】より …一般に 神経炎 との区別は厳密でなく,混同して用いられることが多い。多数の末梢神経が系統的に侵されるものを 多発性神経炎 (多発性ニューロパチー)と呼び,単一の末梢神経が侵されるものを単神経炎(単ニューロパチー)と呼ぶ。[kotobank.jp] 診断へのアプローチ: (診察: … 多発性単ニューロパチーの原因疾患の鑑別と治療 検査・処方例 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 原因疾患を鑑別するため、他臓器を含め全身検索する。 また、神経障害を評価するため、神経伝導速度検査を行う。  [clinicalsup.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    分類 [ 編集 ] I型(遺伝性感覚根性ニューロパチー) II型(先天性感覚根性ニューロパチー) III型(家族性自律神経異常症/ライリー・デイ症候群) IV型( 先天性無痛無汗症 ) 痛覚・温覚が欠如しており、発汗しない。 V型 痛覚の欠如および不完全性の無汗症。 関連項目 [ 編集 ] 症候学 ニューロパチー[ja.wikipedia.org] ウイルス感染後には,自己免疫性自律神経性ニューロパチーが疑われる場合がある。自己免疫性自律神経性ニューロパチー患者の約半数では抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体(α 3 サブユニット)が認めれるが,ときに他の自律神経性ニューロパチーの患者にもみられる。 治療 基礎疾患を治療する。[msdmanuals.com] 自律神経性ニューロパチーとは、末梢神経障害(ニューロパチーとも呼ばれます)の一種で、全身の末梢神経に損傷が起こる病気です。自律神経性ニューロパチーでは、体性神経より自律神経にずっと大きな損傷が生じます。[msdmanuals.com]

  • 髄膜転移

    失行 睡眠障害 構音障害 頭蓋骨縫合早期癒合症 髄膜刺激症状 頭痛 三叉神経痛 脳神経 症状 嗅覚障害 味覚 障害 神経眼科学 めまい (眩暈) 聴覚障害 麻痺 (運動麻痺と感覚麻痺) ミオパチー (myopathy、筋肉の疾患の総称) 筋萎縮 深部腱反射 異常 運動 失調 不随意運動 歩行障害 自律神経系 異常 脊髄 障害 排尿障害 ニューロパチー[ja.wikipedia.org] 多発性硬化症 Davic病 異染性白質ジストロフィー 運動ニューロン疾患 [ 編集 ] 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 脊髄性筋萎縮症 (SMA) Werdnig-Hoffmann病 Kugelberg-Welander病 Kennedy-Alter-Sung症候群 末梢神経障害 [ 編集 ] ギラン・バレー症候群 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー[ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • アミロイドーシス

    TTR-I型家族性アミロイドポリニューロパチーの中核症状は緩徐進行性の感覚運動性ニューロパチーと自律神経障害である.典型的には両下肢の感覚性ニューロパチーで発症し,2 3年遅れて運動性ニューロパチーが出現する.感覚性ニューロパチーの初発症状は足先の異常感覚(灼熱感,電撃痛)と感覚低下である.温痛覚が振動覚や位置覚よりも早期に障害される.感覚性[grj.umin.jp] アミロイド腎症 家族性地中海熱 アミロイドポリニューロパチー アミロイドニューロパチー 家族性アミロイドニューロパチー 家族性アミロイドポリニューロパチー トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー 家族性アミロイドーシス 続発性アミロイドーシス 透析アミロイドーシス 皮膚アミロイドーシス アミロイドーシス関節炎 アミロイド性自律神経ニューロパチー[scuel.me] 主要病像は多発性ニューロパチーと自律神経機能不全である。沈着するアミロイド蛋白質はIとII型では変異トランスサイレチン、III型は変異アポリポ蛋白AI、IV型では変異ゲルソリンである。また新たに変異型β2ミクログロブリンもアミロイド原蛋白質として報告されている。[nanbyou.or.jp]

  • ポルフィリン症

    であり【 図13-6-1】,7種類の酵素欠損症が発見され,それぞれの遺伝子もクローニングされている【 13-6-1)】.神経症状 肝型と造血型に大別されるが,消化器症状,神経・精神症状,皮膚症状が組み合わされる.肝型は思春期前に発症することはまれである.光過敏性皮膚症状,腹痛,嘔吐,便秘などの消化症状,痙攣,意識障害,行動異常,四肢痛,感覚ニューロパチー[kotobank.jp]

  • 線維肉腫

    概要 線維肉腫とは、悪性軟部腫瘍のひとつであり、組織学的には、細胞分化を示さない線維芽細胞の悪性腫瘍と定義されています。 線維芽細胞は皮膚の真皮でコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを産生する細胞であり、細胞と細胞を結びつける役割を果たす結合組織の中に多く存在しています。線維肉腫はこの線維芽細胞が悪性化して異常増殖することで生じるものです。 発症年齢は乳幼児期と中年期の二峰性であり、悪性腫瘍であるものの、予後は比較的とされています。また、乳幼児に生じる乳児型線維肉腫と呼ばれるタイプのものは、成人発症例よりも予後が良いとの報告もあります。 原因[…][medicalnote.jp]

  • 骨肉腫

    ホーム IMICライブラリ がんinfo 骨肉腫および骨原発悪性線維組織球腫 骨肉腫および骨原発悪性線維組織球腫 概説 このセクションの要点 骨肉腫および骨悪性線維性組織球腫(MFH)とは骨内に悪性(がん)細胞が生じる病気です。 過去に放射線療法を受けている場合、骨肉腫のリスクが高まることがあります。 骨肉腫/MFHを疑う徴候として骨や骨周囲の疼痛や腫脹があります。 骨肉腫/MFHを発見し、診断するために画像検査が用いられます。 骨肉腫を診断するために生検が行われます。 諸条件により予後(治癒の可能性)や治療選択肢が変わります。[…][imic.or.jp]

さらなる症状

類似した症状