Create issue ticket

考えれる58県の原因 ニューモシスチス肺炎, 正球性正色素性貧血

  • 関節リウマチ

    肺炎などの予防投与を考慮(ST合剤) インフルエンザや肺炎球菌ワクチンの推奨 リスク低減(ステロイド減量、糖尿病管理) * 免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドライン2011年9月 生物学的製剤の禁忌 活動性感染症 NYHA分類III度以上の著しい運動制限のある心不全 悪性腫瘍、脱髄疾患を有している場合 生物学的製剤で過敏症を[med.osaka-u.ac.jp] その病型は様々であるが、原因としては関節リウマチそのものによる合併症(リウマチ肺と呼ばれる)、感染症(特に肺結核・ニューモシスチス肺炎)、治療薬(特にメソトレキセート)による副作用など多岐にわたる。 心臓超音波検査を行うと心嚢液の貯留を認めるが、これは関節リウマチによる心膜炎の所見である。心臓にリウマトイド結節を生じることもある。[ja.wikipedia.org] スクリーニング HBs抗原・抗体、HBc抗体 既感染であってもHBV-DNAを測定 HBV-DNAのモニター、HBVが検出された場合核酸アナログ製剤の投与(肝臓専門医へコンサルト) 深在性真菌症のスクリーニング βDグルカン 検出された場合、感染巣を検索し、治療を優先 重症感染症のリスク因子(高齢、肺疾患の存在、ステロイド使用など)の存在、重複 ニューモシスチス[med.osaka-u.ac.jp]

  • 慢性腎不全
  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病
  • 貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

    不足: ニューモシスチス肺炎
  • 鉄欠乏性貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

    不足: ニューモシスチス肺炎
  • 肺炎

    ヒストプラスマ・カプスラーツム、ブラストミセス、クリプトコッカス、ニューモシスチス、コクシジオイデスなどが挙げられる。 トキソプラズマ、糞線虫、回虫、マラリア原虫など。以前原虫とされていたニューモシスチス肺炎は現在は真菌に分類される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血
  • 細菌性肺炎

    ヒストプラスマ・カプスラーツム、ブラストミセス、クリプトコッカス、ニューモシスチス、コクシジオイデスなどが挙げられる。 トキソプラズマ、糞線虫、回虫、マラリア原虫など。以前原虫とされていたニューモシスチス肺炎は現在は真菌に分類される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血
  • 溶血性貧血

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

    不足: ニューモシスチス肺炎
  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血

さらなる症状